宿屋入道再御状  文永五年(1268年)九月  聖寿四十七歳御著作


 去ぬる八月の比、愚札を進ぜしむるの後、今月に至るも是非に付け返報を給はらず、鬱
念散じ難し。
 忽々の故に想亡せしむるか。軽略せらるるの故に、此の一行を慳むか。
 本文に云はく、「師子は少兎を蔑らず大象を畏れず」等云云。
 若し又万一他国の兵、此の国を襲ふ事出来せぱ、知りて奏せざるの失、偏に貴辺に懸る
べし。
 仏法を学ぶの法は、身命を捨て国恩を報ぜんが為なり。全く自身の為に非ず。
 本文に云はく、「雨を見て竜を知り、蓮を見て池を知る」等云云。
 災難急を見る故に度々之を驚かす。用ひざるに而も之を諫む。
 強 

 (後欠)


目次へ