宿屋入道許御状  文永五年(1268年)八月二十一日 聖寿四十七歳御著作

 
 其の後書絶えて申さず、不審極まり無く候。
 抑去ぬる正嘉元年〈丁巳〉八月二十三日戌亥の刻の大地震、日蓮諸経を引いて之を勘へ
たるに、念仏宗と禅宗等とを御帰依有るがの故に、日本守護の諸大善神、瞋恚を作して起
こす所の災ひなり。
 若し此を御対治無くんば、他国の為に此の国を破らるべきの由、勘文一通之を撰し、正
元二年〈庚申〉七月十六日、御辺に付け奉りて故最明寺入道殿へ之を進覧す。 
 其の後九箇年を経て、今年大蒙古国の牒状之有る由風聞す等云云。経文の如くんば、
彼の国より此の国を責めん事必定なり。
 而るに日本国中、日蓮一人彼の西戎を調伏すべきの人に当たり、兼ねて之を知り論文に
之を勘ふ。
 君の為、国の為、神の為、仏の為、内奏を経らるべきか。
 委細の旨は見参を遂げて申すべく候。
 恐々謹言。

 文永五年八月二十一日    日蓮 花押 

 宿屋左衛門入道殿 



目次へ