上野殿御返事 文永十一年(1274年)十一月十一日 聖寿五十三歳御著作


 清酒二管・柑子(みかん)一籠、こんにゃく十枚・山芋一籠・ごぼう一束、種々の
贈り物を受領致しました。

 得勝・無勝という二人の童子は、砂で作った餅を仏(釈尊)に供養された功徳によ
って、閻浮提(全世界)の三分の一を統領する主(大王)となられました。
 所謂、阿育大王のことであります。

 また、儒童菩薩は、錠光仏(定光仏・燃燈仏)に五茎の蓮華を供養された功徳によ
って、仏になられました。
 今の教主釈尊が、その御方であります。
     
 法華経第四巻の法師品第十においては、このように仰せになられています。
 
 「もし、人が有って、仏道を求めて、一劫という長い期間中、合掌して、我が前(釈
尊の御前)に在って、無数の偈を以て讃めたとする。ならば、仏(釈尊)を讃めた行
為の故に、無量の功徳を得るであろう。けれども、法華経を持つ者を歎美する福徳は、
それを超過しているであろう。」と。

 この経文の真意は、「仏(釈尊)を一劫という長い期間供養し奉ることよりも、末
法の悪世の中において、人々から激しく憎まれる法華経の行者(日蓮大聖人)を供養
する功徳の方が勝れている。」と、説かれていることにあります。

 しかしながら、「一体、誰人が、このような誤った事を仰っているのか。」と、疑
いを持っておりました。
 けれども、それは、教主釈尊御自身が仰っていることであります。
 その事を、疑おうとも、信じようとも、貴殿の御心にお任せ致します。

 仏教の経典においては、「仏の御舌は、或いは御顔を覆うほどであり、或いは三千
大千世界を覆うほどであり、或いは色究竟天(色界の最頂天)に届くほどである。」と、
お説きになられています。
 それは、過去遠々劫の昔から、一言も、妄語を説かれた事がなかった故であります。

 因って、或る経典には、「須弥山が崩れる事があったとしても、大地がひっくり返
る事があったとしても、仏には妄語がない。」と、お説きになられています。

 言い換えると、「仮に、日が西より上るようなことがあったとしても、大海の潮に
干満がなくなるようなことがあったとしても、仏の御言葉に、誤りはない。」という
ことになるのでしょうか。


 その上、この法華経は他経より勝れた経典でありますから、多宝如来も真実を証明
されています。また、十方分身の諸仏も、御舌を梵天に付けられて、証明をされてい
ます。
 因って、「法華経には、一字一点たりとも、妄語はない。」ということでしょう。

 その上、貴殿(南条時光殿)は、父上(南条兵衛七郎殿)を亡くされた時、まだ幼
少でありました。


 故親父殿(南条兵衛七郎殿)は武士でありましたけれども、強盛に法華経を尊ばれ
たので、臨終正念(注、臨終の際にも心を乱すことのない、信仰者としての正しい姿)
であったことを承っております。

 その親(南条兵衛七郎殿)の跡をお継ぎになって、また、貴殿(南条時光殿)も、
法華経を御信仰されているのですから、故聖霊(南条兵衛七郎殿)は、如何ばかりか、
草葉の蔭で喜んでおられることでしょう。

 嗚呼、父君(南条兵衛七郎殿)が御存命であったならば、如何に、嬉しく思われる
ことでしょうか。

 法華経を持つ人々は、たとえ他人であったとしても、同じように霊山浄土へ参詣さ
れて、お会いすることが出来ます。
 ましてや、故聖霊(南条兵衛七郎殿)も、貴殿(南条時光殿)も、同じく法華経を
信仰されているのですから、同じ所(霊山浄土)にお生まれになります。

 どういう訳か、他の人の中には、親も子供も五十歳・六十歳まで生きて、共に白髪
の人もいます。
 にもかかわらず、若くして親と死別された貴殿(南条時光殿)の御心の内を推量す
ると、「もし、父君(南条兵衛七郎殿)が生きていたならば、教訓を受けることも出
来たであろう。」と、お考えになっていることでしょう。
 そのことを思うと、私(日蓮大聖人)は、涙が止まりません。

 そもそも、日蓮は、「日本国を助けよう。」と、深く思って参りました。
 けれども、日本国の上下万人一同に、国が亡びる前兆なのでしょうが、少しも、私
(日蓮大聖人)の云うことが用いられないばかりか、度々迫害を加えてくるため、私
(日蓮大聖人)の力が及ばずに、現在、身延の山林に交わって、隠栖しております。

 巷では、「大蒙古国より、軍勢が攻め寄せて来る。」と、云われています。
 益々、「以前から、私(日蓮大聖人)が申していた事を、御用いになっていたなら
ば、このような事にはなっていなかったであろう。」と、残念に思います。

 日本国中の人々が、皆、今時の壱岐・対馬のようになってしまう事(蒙古の軍勢に
全滅させられる事)に思いを寄せると、涙が止まらなくなります。

 念仏宗は、亡国の悪法であります。

 この度の戦(壱岐・対馬に来襲した蒙古との戦)において、大部分の人々は、自害
を遂げているようです。

 それと云うのも、善導(中国浄土教・善導流の祖)という愚かな法師が、念仏を弘
め始めたにもかかわらず、善導自身が自害をしている故に、念仏をよくよく唱えると、
自害をしたくなるような心が出来するからです。 

 禅宗と名乗っている、今時の持斎法師(注、行いを慎み、心身を清浄にする戒律を
持つ法師)等は、天魔の所為であります。
 禅宗は、『教外別伝』(注、仏の覚りは経典の外に存在すること)の邪義を唱えて、
「神も仏も存在しない。」等と主張する、狂氣じみた悪法です。 

 真言宗は、元々、下劣な経典に依っています。

 にもかかわらず、世間の人々を誑惑させて、「真言の教えは、法華経にも勝れてい
る。」等と言って、真言宗の多くの僧侶が大師号を賜ったり、僧正等の高位を得てい
ます。
 そのため、日本国中に真言宗の邪義が大体充満して、上一人(天皇)を始めとする
人々が頭を傾けています。
 
 真言の教義が第一の邪事であることを、昔より今に至るまで、知っている人はいま
せん。
 ただ、伝教大師という御方だけは、この事を御存知でした。けれども、詳細につい
て、仰せになられることはありませんでした。  
 しかしながら、日蓮は、ほぼ、この事を知っております。


 後白河法皇が太政の入道(平清盛)に攻められたことも、隠岐の法皇が鎌倉(北条
義時)に敗れたことも、皆、真言の悪法の故であります。  

 漢土(中国)においては、真言の悪法が伝来した折に、玄宗皇帝が滅ぼされていま
す。
 今、この悪法が鎌倉に流行して、僧正・法印等は、皆、真言師になっています。

 もし、これらの真言師たちが、蒙古との戦の調伏を祈祷するならば、百日間戦える
はずの戦力が十日間に縮まり、十日間耐えるはずの戦力は、わずか一日で攻め落され
ることでしょう。


 これらの事は、今、始めて、申しているのではありません。
 二十年以上も前から、声も惜しまずに、私(日蓮大聖人)が訴えている事でありま
す。

 あなかしこ、あなかしこ。 

 この御文には、大事の法門が書いてあります。
 よくよく、多くの人に読ませて、聞かせるようにしてください。 

 たとえ、世間の人々が謗ろうとも、物とも思わない法師等(日蓮大聖人の一門)で
あります。

 恐々謹言。  

  文永十一年〈太歳甲戌〉十一月十一日        日蓮 花押

  南条七郎次郎殿(南条時光殿)御返事



■あとがき

 本日より、『上野殿御返事』を連載致します。
 大石寺に、日興上人の『上野殿御返事』の写本が現存しています。

 駿河国富士郡上野郷の地頭・南条時光殿は、文永二年三月八日、父上の南条兵衛
七郎殿を亡くされています。

 その九年後に、南条時光殿が日蓮大聖人から、『上野殿御返事』の御書を頂戴した
頃(文永十一年)は、まだ、数え年十六歳の青年であったことにも、御留意ください。  了



目次へ