上野殿御返事 文永十一年(1274年)十一月十一日 聖寿五十三歳御著作


 聖人二管・柑子一籠・菎若十枚・薯蕷一籠・牛房十束、種々の物送り給び候。
 得勝・無勝の二童子は仏に沙の餅を供養したてまつりて閻浮提三分が一の主となる。
所謂阿育大王これなり。
 儒童菩薩は錠光仏に五茎の蓮華を供養したてまつりて仏となる。今の教主釈尊これ
なり。

 法華経の第四に云はく「人有って仏道を求めて、一劫の中に於て、合掌して我が前
に在って、無数の偈を以て讃めん。是の讃仏に由るが故に、無量の功徳を得ん。持経
者を歎美せんは、其の福復彼れに過ぎん」等云云。
 文の心は、仏を一劫が間供養したてまつるより、末代悪世の中に人のあながちにに
くむ法華経の行者を供養する功徳はすぐれたりととかせ給ふ。
 たれの人のかかるひが事をばおほせらるるぞと疑ひおもひ候へば、教主釈尊の我と
おほせられて候なり。疑はんとも信ぜんとも、御心にまかせまいらする。
 仏の御舌は或は面に覆ひ、或は三千大千世界に覆ひ、或は色究竟天までも付け給ふ。
過去遠々劫よりこのかた、一言も妄語のましまさざるゆへなり。
 されば或経に云はく「須弥山はくづるとも、大地をばうちかへすとも、仏には妄語
なし」ととかれたり。
 日は西よりいづとも、大海の潮はみちひずとも、仏の御言はあやまりなしとかや。
 其の上、此の法華経は他経にもすぐれさせ給へば、多宝仏も証明し、諸仏も舌を梵
天につけ給ふ。一字一点も妄語は候まじきにや。
 其の上、殿はをさなくをはしき。故親父は武士なりしかども、あなかちに法華経を
尊み給ひしかば、臨終正念なりけるよしうけ給はりき。
 其の親の跡をつがせ給ひて、又此の経を御信用あれば、故聖霊いかに草のかげにて
も喜びおぼすらん。あわれいきてをはせば、いかにうれしかるべき。
 此の経を持つ人々は他人なれども同じ霊山へまいりあはせ給ふなり。
 いかにいはんや故聖霊も殿も同じく法華経を信じさせ給へば、同じところに生まれ
させ給ふべし。
 いかなれば、他人は五六十までも、親と同じしらがなる人もあり。我がわかき身に、
親にはやくをくれて、教訓をもうけ給はらざるらんと、御心のうちをしはかるこそな
みだもとまり候はね。
 抑日蓮は日本国をたすけんとふかくおもへども、日本国の上下万人一同に、国のほ
ろぶべきゆへにや用ひられざる上、度々あだをなさるれば力をよばず山林にまじはり
候ひぬ。
 大蒙古国よりよせて候と申せば、申せし事を御用ひあらばいかになんどあはれなり。
 皆人の当時のゆきつしまのやうにならせ給はん事、おもひやり候へばなみだもとま
らず。
 念仏宗と申すは亡国の悪法なり。このいくさには大体人々の自害をし候はんずるな
り。
 善導と申す愚痴の法師がひろめはじめて自害をして候ゆへに、念仏をよくよく申せ
ば自害の心出来し候ぞ。
 禅宗と申し当時の持斎法師等は天魔の所為なり。教外別伝と申して、神も仏もなし
なんど申すものぐるはしき悪法なり。
 真言宗と申す宗は、本は下劣の経にて候ひしを、誑惑して法華経にも勝るなんど申
して、多くの人々大師・僧正なんどになりて、日本国に大体充満して上一人より頭を
かたぶけたり。
 これが第一の邪事に候を、昔より今にいたるまで知る人なし。
 但伝教大師と申せし人こそしりて候ひしかども、くはしくもおほせられず。
 さては日蓮ほぼこの事をしれり。
 後白河の法皇の太政の入道にせめられ給ひし、隠岐の法王のかまくらにまけさせ給
ひし事、みな真言悪法のゆへなり。
 漢土にこの法わたりて玄宗皇帝ほろびさせ給ふ。この悪法かまくらに下って、当時
かまくらにはやる僧正・法印等は是なり。
 これらの人々このいくさを調伏せば、百日たたかふべきは十日につづまり、十日の
いくさは一日にせめらるべし。
 今始めて申すにあらず、二十余年が間音もをしまずよばはり候ひぬるなり。あなか
しこ、あなかしこ。
 この御文は大事の事どもかきて候。よくよく人によませてきこしめせ。
 人もそしり侯へ、ものともおもはぬ法師等なり。

 恐々謹言  

 文永十一年〈太歳甲戌〉十一月十一日        日蓮 花押 

 南条七郎次郎殿御返事


目次へ