当体義抄送状 文永十年(1273年) 聖寿五十二歳御著作


 問ふ、当体蓮華解し難し。故に譬喩を仮りて之を顕はすとは、経文に証拠有るか。
 答ふ、経に云はく「世間の法に染まらざること、蓮華の水に在るが如し。地より
涌出す」云云。
 地涌の菩薩の当体蓮華なり。譬喩は知んぬべし。以上、後日に之を改め書すべし。
 此の法門は妙経所詮の理にして釈迦如来の御本懐、地涌の大士に付嘱せる末法に
弘通せん経の肝心なり。国主信心あらんの後、始めて之を申すべき秘蔵の法門なり。
 日蓮、最蓮房に伝へ畢んぬ。

                                      日蓮 花押


目次へ