富木尼御前御書 建治二年(1276年)三月二十七日 聖寿五十五歳御著作

 
 銭一貫、並びに、酒一筒を頂戴しました。

 矢が飛ぶことは、弓の力であります。
 雲が動くことは、竜の力であります。
 そして、男(夫)の行いは、女(妻)の力によるものです。

 今、富木殿(富木常忍殿)が、下総(千葉県)から身延の地(山梨県)へお越し頂
いた事は、ひとえに、尼御前(富木常忍殿の奥様)の御力であります。

 煙を見れば、火を知ることが出来ます。
 雨を見れば、竜を知ることが出来ます。
 そして、男(夫)の行いを見れば、女(妻)の力を知ることが出来ます。

 今、富木殿(富木常忍殿)にお目にかかっていると、まるで、尼御前(富木常忍殿
の奥様)を拝見しているように思われます。
       
 富木殿(富木常忍殿)は、「この度、母が亡くなった嘆きは隠せません。しかし、
その中でも、母の臨終の姿がよかったこと。それから、尼(富木常忍殿の奥様)がよ
く尽くして、母の看病をしてくれたことの嬉しさは、いつの世になっても、忘れるこ
とが出来ません。」と語られて、お喜びになっていました。

 さて、何よりも、氣掛かりな事は、あなた(富木常忍殿の奥様)の御所労(御病氣)
のことです。
 覚悟を決められて、これから三年間、当初のように、灸治をなさってください。

 病のない人であったとしても、『無常』(死)というものを、免れることは出来ま
せん。
 ただし、あなた(富木常忍殿の奥様)は、まだ、寿命に達するような年齢ではない
のです。

 ましてや、あなた(富木常忍殿の奥様)は、法華経の行者であります。
 決して、非業の死を遂げるようなことはありません。

 あなた(富木常忍殿の奥様)の御病氣が、まさか、業病(注、前世の悪業や、過去
世における正法誹謗の因によって起こる難病のこと。)ということではないでしょう。
 たとえ、業病であったとしても、法華経の御力には、頼もしいものがあります。
         
 インドの阿闍世王は、法華経を受持されることによって、四十年間も寿命を延ばし
ました。
 同様に、中国の陳臣(天台大師の兄)も、天台大師の教えを受けて、修行すること
により、十五年間も寿命を延ばしています。

 そして、尼御前(富木常忍殿の奥様)も、また、法華経の行者であります。
 あなた(富木常忍殿の奥様)の御信心は、あたかも、月が満月に向かっていくよう
に、そして、潮が満ちていくように、ますます、盛んになっていらっしゃいます。

 「何故に、病が失せないことがあろうか。また、寿命が延びないはずがあろうか。」
と、強盛にお考え下さい。
 そして、身体を御自愛されて、心中に悩み事を抱えたり、嘆かないようにしてくだ
さい。


 もし、嘆きたくなるような事が発生した時には、どうか、壱岐・対馬・太宰府の事
を、思い起こして下さい。
 (注、蒙古軍の襲来によって、九州の壱岐・対馬・太宰府等が被害を受けたことを
指されている。)

 鎌倉の人々は、天の楽園に住んでいるかのように、生活を謳歌していました。
 ところが、今になって、筑紫(福岡県)の戦地へ向かうことが決まると、鎌倉に留
まる妻子と、出征する夫が離別する際には、あたかも、皮を剥ぐように、顔と顔をす
り寄せて、目と目を合わせながら、嘆いています。

 けれども、出征した夫は、次第に、離れていきます。
 鎌倉を発った後に、由比の浜・稲村ヶ崎・腰越・酒勾・箱根坂へと下っていきます。
 
 一日・二日と経過するに連れて、夫が一歩一歩と歩み遠ざかるうちに、川や山を越
えて、雲も隔てるような距離へと行進していきます。

 そうなってしまうと、妻子に寄り添うものは、涙だけになります。妻子に伴うもの
は、嘆きだけになります。
 それは、どれほど、悲しいことでしょうか。

 こうして嘆いている間に、もし、蒙古軍の強者(兵士)が攻めてきたならば、夫は、
山や海で生け捕られたり、舟の中で拘留されたり、高麗(朝鮮)に送られたりして、
憂き目(酷い扱い)に遭うことでしょう。

 このような惨状を招いている原因は、全く過失がないにも関わらず、日本国の一切
衆生の父母となる法華経の行者・日蓮を、根拠もなくして、或いは罵倒したり、或い
は殴打したり、或いは街路を引き回しにするような、物に狂った者どもが、十羅刹女
からの責めを被っているからであります。

 今後、現在の事態よりも、百千万億倍も耐え難い事が出来して参ります。
 『不思議』としか言い様のないほど、悲惨な事態を、目の前で御覧になることでし
ょう。
 
 しかし、「我等は、成仏することが疑いない。」と、お思いになれば、何を嘆く必
要があるのでしょうか。
 仮に、皇后になったとしても、何の意味があるのでしょうか。
 そして、天界に生まれたとしても、成仏出来なければ、仕方がありません。

 あなた(富木常忍殿の奥様)は、是非とも、法華経提婆達多品第十二において、成
仏の記別(注、仏が未来世における弟子の成仏を明らかにすること)を得られた、竜
女の跡をお継ぎになって下さい。
 そして、法華経勧持品第十三において、成仏の記別を得られた、摩訶波舎波提比丘
尼(釈尊の御母である摩耶夫人の妹)の列に連なって下さい。

 何と、嬉しいことでしょうか。何と、嬉しいことでしょうか。
 「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経」と、お唱えになって下さい。

 恐々謹言

 建治二年(1276年)三月二十七日            日蓮 花押 

 尼御前(富木常忍殿の奥様)へ 


目次へ