富木尼御前御書 建治二年(1276年)三月二十七日 聖寿五十五歳御著作


 鵞目一貫並びにつつひとつ給び候ひ了んぬ。
 やのはしる事は弓のちから、くものゆくことはりうのちから、をとこのしわざはめ
のちからなり。いまときどののこれへ御わたりある事、尼ごぜんの御力なり。
 けぶりをみれば火をみる、あめをみればりうをみる。をとこをみればめをみる。今
ときどのにけざんつかまつれば、尼ごぜんをみたてまつるとをぼう。
 ときどのの御物がたり候は、このはわのなげきのなかに、りんずうのよくをはせし
と、尼がよくあたり、かんびゃうせし事のうれしさ、いつのよにわするべしともをぼ
へずと、よろこばれ候なり。
 なによりもをぼつかなき事は御所労なり。かまへてさもと三年、はじめのごとくに、
きうじせさせ給へ。
 病なき人も無常まぬかれがたし。但しとしのはてにはあらず。法華経の行者なり。
非業の死にはあるべからず。よも業病にては候はじ。設ひ業病なりとも、法華経の御
力たのもし。

 阿闍世王は法華経を持ちて四十年の命をのべ、陳臣は十五年の命をのべたり。
 尼ごぜん又法華経の行者なり。御信心は月のまさるがごとく、しをのみつがごとし。
 いかでか病も失せ、寿ものびざるべきと強盛にをぼしめし、身を持し、心に物をな
げかざれ。

 なげき出で来る時は、ゆき・つしまの事、だざひふの事、かまくらの人々の天の楽
のごとにありしが、当時つくしへむかへば、とどまるめこ、ゆくをとこ、はなるると
きはかわをはぐがごとく、かをとかをとをとりあわせ、目と目とをあわせてなげきし
が、次第にはなれて、ゆいのはま、いなぶら、こしごへ、さかわ、はこねさか。
 一日二日すぐるほどに、あゆみあゆみとをざかるあゆみも、かわも山もへだて、雲
もへだつれば、うちそうものはなみだなり、ともなうものはなげきなり、いかにかな
しかるらん。
 かくなげかんほどに、もうこのつわものせめきたらば、山か海もいけとりか、ふね
の内か、かうらいかにてうきめにあはん。

 これひとへに、失もなくて、日本国の一切衆生の父母となる法華経の行者日蓮をゆ
へもなく、或はのり、或は打ち、或はこうぢをわたし、ものにくるいしが、十羅刹の
せめをかぼりてなれる事なり。
 又々これより百千万億倍たへがたき事どもいで来たるべし。かかる不思議を目の前
に御らんあるぞかし。
 我等は仏に疑ひなしとをぼせば、なにのなげきかあるべき。
 きさきになりてもなにかせん、天に生まれてもようしなし。竜女があとをつぎ、摩
訶波舎波提比丘尼のれちにつらなるべし。
 あらうれし、あらうれし。南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と唱へさせ給へ。
 恐々謹言。

 三月二十七日                日蓮 花押 
 尼ごぜんへ 



目次へ