崇峻天皇御書 建治三年(1277年)九月十一日 聖寿五十六歳御著作


 白小袖一領、銭一ゆひ、又富木殿の御文のみ、なによりも、かき・なし・なまひじき・
ひるひじき、やうやうの物うけ取り、しなじな御使ひにたび候ひぬ。
 さてはなによりも上の御いたはりなげき入って候。
 たとひ上は御信用なき様に候へども、との其の内にをはして、其の御恩のかげにて法華
経をやしなひまいらせ給ひ候へば、偏に上の御祈りとぞなり候らん。
 大木の下の小木、大河の辺の草は正しく其の雨にあたらず、其の水をえずといへども、
露をつたへ、いきをえて、さかうる事に候。此もかくのごとし。
 阿闍世王は仏の御かたきなれども、其の内にありし耆婆大臣、仏に志ありて常に供養あ
りしかば、其の功大王に帰すとこそ見へて候へ。
 仏法の中に、内薫外護と申す大いなる大事ありて宗論にて候。
 法華経には「我深く汝等を敬ふ」と。
 涅槃経には「一切衆生悉く仏性有り」と。
 馬鳴菩薩の起信論には「真如の法常に薫習するを以ての故に、妄心即滅して法身顕現す」
と。
 弥勒菩薩の瑜伽論には見へたり、かくれたる事のあらはれたる徳となり候なり。
 されば御内の人々には天魔ついて、前より此の事を知りて殿の此の法門を供養するをさ
さえんがために、今度の大妄語をば造り出だしたりしを、御信心深ければ十羅刹たすけ奉
らんがために、此の病はをこれるか。
 上は我がかたきとはをぼさねども、一たんかれらが申す事を用ひ給ひぬるによりて、御
しょらうの大事になりてながしらせ給ふか。
 彼等が柱とたのむ竜象すでにたうれぬ。和讒せし人も又其の病にをかされぬ。
 良観は又一重の大科の者なれば、大事に値ふて大事をひきをこして、いかにもなり候は
んずらん。よもただは候はじ。
 此につけても、殿の御身もあぶなく思ひまいらせ候ぞ。一定かたきにねらはれさせ給ひ
なん。
 すぐろくの石は二つ並びぬればかけられず。車の輪は二つあれば道にかたぶかず。敵も
二人ある者をばいぶせがり候ぞ。
 いかにとがありとも、弟ども且くも身をはなち給ふな。
 殿は一定腹あしき相かをに顕はれたり。いかに大事と思へども、腹あしき者をば天は守
らせ給はぬと知らせ給へ。
 殿の人にあやまたれてをはさば、設ひ仏にはなり給ふとも彼等が悦びと云ひ、此よりの
歎きと申し、口惜しかるべし。
 彼等がいかにもせんとはげみつるに、古よりも上に引き付けられまいらせてをはすれば、
外のすがたはしづまりたる様にあれども、内の胸はもふる計りにや有らん。
 常には彼等に見へぬ様にて、古よりも家のこを敬ひ、きうだちまいらせ給ひてをはさん
には、上の召しありとも且くつつしむべし。
 入道殿いかにもならせ給はば、彼の人々はまどひ者になるべきをばかへりみず、物をぼ
へぬ心に、とののいよいよ来たるを見ては、一定ほのをを胸にたき、いきをさかさまにつ
くらん。
 若しきうだち、きり者の女房たちいかに上の御そらうはと問ひ申されば、いかなる人に
ても候へ、膝をかがめて手を合はせ、某が力の及ぶべき御所労には候はず候を、いかに辞
退申せどもただと仰せ候へば、御内の者にて候間かくて候とて、びむをもかかず、ひたた
れこはからず、さはやかなる小袖、色ある物なんどもきずして、且らくねうじて御覧あれ。
 返す返す御心への上なれども、末代のありさまを仏の説かせ給ひて候には、濁世には聖
人も居しがたし。大火の中の石の如し。且くはこらふるやうなれども、終にはやけくだけ
て灰となる。
 賢人も五常は口に説きて、身には振る舞ひがたしと見へて候ぞ。
 かうの座をば去れと申すぞかし。
 そこばくの人の殿を造り落とさんとしつるに、をとされずして、はやかちぬる身が、穏
便ならずして造り落とされなば、世間に申すこぎこひでの船こぼれ、又食の後に湯の無き
が如し。
 上よりへやを給ひて居してをはせば、其の処にては何事も無くとも、日ぐれ暁なんど、
入り返りなんどに、定めてねらうらん。
 又我が家の妻戸の脇、持仏堂、家の内の板敷の下か天井なんどをば、あながちに心えて
振る舞ひ給へ。
 今度はさきよりも彼等はたばかり賢かるらん。いかに申すとも鎌倉のえがら夜廻りの殿
原にはすぎじ。いかに心にあはぬ事有りとも、かたらひ給へ。
 義経はいかにも平家をばせめおとしがたかりしかども、成良をかたらひて平家をほろぼ
し、大将殿はおさだを親のかたきとをぼせしかども、平家を落とさざりしには頚を切り給
はず。
 況んや此の四人は遠くは法華経のゆへ、近くは日蓮がゆへに、命を懸けたるやしきを上
へ召されたり。
 日蓮と法華経とを信ずる人々をば、前々彼の人々いかなる事ありとも、かへりみ給ふべ
し。
 其の上、殿の家へ此の人々常にかようならば、かたきはよる行きあはじとをぢるべし。
させる親のかたきならねば、顕はれてとはよも思はじ。かくれん者は是程の兵士はなきな
り。常にむつばせ給へ。
 殿は腹悪しき人にて、よも用ひさせ給はじ。若しさるならば、日蓮が祈りの力及びがた
し。
 竜象と殿の兄とは殿の御ためにはあしかりつる人ぞかし。
 天の御計らひに殿の御心の如くなるぞかし。いかに天の御心に背かんとはをぼするぞ。
 設ひ千万の財をみちたりとも、上にすてられまいらせ給ひては、何の詮かあるべき。
 已に上にはをやの様に思はれまいらせ、水の器に随ふが如く、こうじの母を思ひ、老者
の杖をたのむが如く、主のとのを思し食されたるは法華経の御たすけにあらずや。あらう
らやましやとこそ、御内の人々は思はるるらめ。
 とくとく此の四人かたらひて日蓮にきかせ給へ。さるならば強盛に天に申すべし。
 又殿の故御父御母の御事も、左衛門尉があまりに歎き候ぞと天にも申し入って候なり。
定めて釈迦仏の御前に子細候らん。
 返す返す今に忘れぬ事は頚切られんとせし時、殿はともして馬の口に付きて、なきかな
しみ給ひしをば、いかなる世にか忘れなん。
 設ひ殿の罪ふかくして地獄に入り給はば、日蓮をいかに仏になれと釈迦仏こしらへさせ
給ふとも、用ひまいらせ候べからず。同じく地獄なるべし。
 日蓮と殿と共に地獄に入るならば、釈迦仏・法華経も地獄にこそをはしまさずらめ。
 暗に月の入るがごとく、湯に水を入るがごとく、氷に火をたくがごとく、日輪にやみを
なぐるが如くこそ候はんずれ。
 若しすこしも此の事をたがへさせ給ふならば日蓮うらみさせ給ふな。
 此の世間の疫病はとののまうすがごとく、年帰りなば上へあがりぬとをぼえ候ぞ。十羅
刹の御計らひか、今且く世にをはして物を御覧あれかし。
 又世間のすぎえぬやうばし歎いて人に聞かせ給ふな。若しさるならば、賢人にははづれ
たる事なり。
 若しさるならば、妻子があとにとどまりて、はぢを云ふとは思はねども、男のわかれの
おしさに、他人に向かひて我が夫のはぢをみなかたるなり。
 此偏にかれが失にはあらず、我がふるまひのあしかりつる故なり。
 人身は受けがたし、爪の上の土。人身は持ちがたし、草の上の露。
 百二十まで持ちて名をくたして死せんよりは、生きて一日なりとも名をあげん事こそ大
切なれ。
 中務三郎左衛門尉は主の御ためにも、仏法の御ためにも、世間の心ねもよかりけりよか
りけりと、鎌倉の人々の口にうたはれ給へ。穴賢穴賢。
 蔵の財よりも身の財すぐれたり。身の財より心の財第一なり。此の御文を御覧あらんよ
りは心の財をつませ給ふべし。
 第一秘蔵の物語あり、書きてまいらせん。
 日本始まって国王二人、人に殺され給ふ。其の一人は崇峻天皇なり。此の王は欽明天皇
の御太子、聖徳太子の伯父なり。
 人王第三十三代の皇にてをはせしが聖徳太子を召して勅宣下さる。汝は聖者の者と聞く。
朕を相してまいらせよと云云。
 太子三度まで辞退申させ給ひしかども、頻りの勅宣なれば止みがたくして、敬ひて相し
まいらせ給ふ。君は人に殺され給ふべき相ましますと。
 王の御氣色かはらせ給ひて、なにと云ふ証拠を以て此の事を信ずべき。
 太子申させ給はく、御眼に赤き筋とをりて候。人にあだまるる相なり。
 皇帝勅宣を重ねて下し、いかにしてか此の難を脱れん。
 太子の云はく、免脱がたし。但し五常と申すつはものあり。此を身に離し給はずば害を
脱れ給はん。此のつはものをば、内典には忍波羅蜜と申して、六波羅蜜の其の一なりと云
云。
 且くは此を持ち給ひてをはせしが、ややもすれば腹あしき王にて是を破らせ給ひき。
 有る時、人猪の子をまいらせたりしかば、かうがいをぬきて猪の子の眼をづぶづぶとさ
させ給ひて、いつかにくしと思ふやつをかくせんと仰せありしかば、太子其の座にをはせ
しが、あらあさましや、あさましや、君は一定人にあだまれ給ひなん。
 此の御言は身を害する剣なりとて、太子多くの財を取り寄せて、御前に此の言を聞きし
者に御ひきで物ありしかども、或人蘇我の大臣馬子と申せし人に語りしかば、馬子我が事
なりとて東漢直駒、直磐井と申す者の子をかたらひて王を害しまいらせつ。
 されば王位の身なれども、思ふ事をばたやすく申さぬぞ。
 孔子と申せし賢人は九思一言とて、ここのたびおもひて一度申す。
 周公旦と申せし人は沐する時は三度握り、食する時は三度はき給ひき。
 たしかにきこしめせ。我ばし恨みさせ給ふな。仏法と申すは是にて候ぞ。
 一代の肝心は法華経、法華経の修行の肝心は不軽品にて候なり。不軽菩薩の人を敬ひし
はいかなる事ぞ。
 教主釈尊の出世の本懐は人の振る舞ひにて候ひけるぞ。穴賢穴賢。賢きを人と云ひ、は
かなきを畜といふ。

 九月十一日                            日蓮 花押 

 四条左衛門尉殿御返事 


目次へ