四条金吾殿女房御返事 文永十二年(1275年)一月二十七日 聖寿五十四歳御著作


 所詮日本国の一切衆生の目をぬき神をまどはかす邪法は真言師にはすぎず。是は
且く之を置く。
 十喩は一切経と法華経との勝劣を説かせ給ふと見えたれども、仏の御心はさには
候はず。一切経の行者と法華経の行者とをならべて、法華経の行者は日月等のごと
し、諸経の行者は衆星燈炬のごとしと申す事を、詮と思しめされて候。
 なにをもってこれをしるとならば、第八の譬への下に最大事の文あり。
 所謂此の経文に云はく「有能受持 是経典者 亦復如是 於一切衆生中 亦為第
一」等云云。
 此の二十二字は一経第一の肝心なり、一切衆生の目なり。
 文の心は法華経の行者は日月・大梵王・仏のごとし、大日経の行者は衆星・江河・
凡夫のごとしととかれて候経文なり。

 されば此の世の中の男女僧尼は嫌ふべからず、法華経を持たせ給ふ人は一切衆生
のしうとこそ、仏は御らん候らめ、梵王・帝釈はあをがせ給ふらめとうれしさ申す
ばかりなし。
 又この経文を昼夜に案じ朝夕によみ候ヘば、常の法華経の行者にては候はぬには
んべり。
 「是経典者」とて者の文字はひととよみ候ヘば、此の世の中の比丘・比丘尼・う
ば塞・うばいの中に、法華経を信じまいらせ候人々かとみまいらせ候ヘば、さにて
は候はず、次下の経文に、此の者の文字を仏かさねてとかせ給ひて候には「若有女
人」ととかれて候。

 日蓮法華経より外の一切経をみ候には、女人とはなりたくも候はず、或経には女
人をば地獄の使ひと定められ、或経には大蛇ととかれ、或経にはまがれ木のごとし、
或経には仏の種をいれる者とこそとかれて候へ。
 仏法のみならず外典にも栄啓期と申せし者の三楽をうたいし中に、無女楽と申し
て天地の中に女人と生まれざる事を楽とこそたてられて候ヘ。
 わざわいは三女よりをこれりと定められて候に、此の法華経計りに、此の経を持
つ女人は一切の女人にすぎたるのみならず、一切の男子にこえたりとみへて候。

 せんずるところは一切の人にそしられて候よりも、女人の御ためには、いとをし
とをもわしき男に、ふびんとをもはれたらんにはすぎじ。
 一切の人はにくまばにくめ。
 釈迦仏・多宝仏・十方の諸仏乃至梵王・帝釈・日月等にだにも、ふびんとをもわ
れまいらせなば、なにくるし。法華経にだにもほめられたてまつりなば、なにかた
つまじかるベき。

 今三十三の御やくとて、御布施をくりたびて候へば、釈迦仏・法華経・日天の御
まヘに申しあげ候ひぬ。
 人の身には左右の肩あり。このかたに二つの神をはします。一をば同名神、二を
ば同生神と申す。
 此の二つの神は梵天・帝釈・日月の人をまぼらせんがために、母の腹の内に入り
しよりこのかた一生ををわるまで、影のごとく眼のごとくつき随ひて候が、人の悪
をつくり善をなしなむどし候をば、つゆちりばかりものこさず、天にうたヘまいら
せ候なるぞ。
 華厳経の文にて候を止観の第八に天台大師よませ給ヘり。
 但し信心のよはきものをば、法華経を持つ女人なれどもすつるとみへて候。
 れいせば大将軍心ゆわければしたがうものもかいなし。ゆみゆわければつるゆる
し、風ゆるなればなみちひさきはじねんのだうりなり。
 しかるにさゑもんどのは俗のなかには日本にかたをならぶベき物もなき法華経の
信者なり。これにあひつれさせ給ひぬるは日本第一の女人なり。法華経の御ために
は竜女とこそ仏はをぼしめされ候らめ。

 女と申す文字をばかかるとよみ候。藤の松にかかり、女の男にかかるも、今は左
衛門殿を師とせさせ給ひて、法華経ヘみちびかれさせ給ひ候ヘ。
 又三十三のやくは転じて三十三のさいはひとならせ給ふべし。七難即滅七福即生
とは是なり。年はわかうなり、福はかさなり候ベし。あなかしこあなかしこ。


 正月二十七日  日蓮 花押

 四条金吾殿女房御返事



目次へ