四条金吾殿御返事 弘安二年(1279年)四月二十三日 聖寿五十八歳御著作


  (前欠)

 何よりも、人間として、恐れなければならないことは、『不孝』であります。

 貴殿の兄弟は、自ら法華経に敵対する者となってしまって、貴殿から離れてし
まったのですから、貴殿の兄弟こそ『不孝』の者であります。
 しかし、貴殿の身に、過失はありません。
 
 そして、「女性たち(注、四条金吾殿の姉妹等と推察される)こそ、貴殿が育
むようにしなければ、必ず、貴殿の兄弟と同じように、『不孝』の者となってし
まう。」と、思ってください。

 貴殿の所領が広くなったのですから、御自分の領地を与える等の配慮をして、
一所懸命に育んでいくようにしてください。
 そうすれば、過去の父母も、必ず、貴殿を守護されることでしょう。

 日蓮がきせいもいよいよかない候べし。いかにわるくとも、きかぬやうにてを
はすべし。 
 この事をみ候に申すやうにだにもふれまわせ給ふならば、なをなをも所領もか
さなり、人のをぼへもいできたり候べしとをぼへ候。

 日蓮の祈請も、いよいよ、叶って参りました。
 たとえ、周囲から悪口を言われたとしても、聞かぬふりをしていなさい。

 日蓮が見るところでは、これまでに手紙等で申してきたように、貴殿が振舞っ
ていくならば、尚一層所領も増して、周囲の人からの信用も出てくるように思わ
れます。

 以前から申しているように、中国の古典には、「陰徳あれば陽報あり」と、云
われています。

 たとえ、貴殿のことを、周囲の人々が主君に讒言して、主君が「なるほど、そ
の通りだ。」と思ったとしても、貴殿が正直の心を持って、主君の後生をお助け
申し上げたいと思う心が強盛な状態で、ここ数年間を過ごしてきたが故に、この
ような利生(功徳)を与えられたのであります。

 しかし、これは、利生(功徳)の一部であります。
 「大きな果報は、まだまだ、やって来る。」と、思っていてください。

 また、この法門を信ずる日蓮門下にあっては、たとえ不本意なことがあっ
たとしても、今後は、見ず・聞かず・言わずして、仲睦まじくしていなさい。

 大人(注、器量の大きな人のこと、四条金吾殿に対するお褒めのお言葉)に対
して、私(日蓮大聖人)から、御祈念を申し上げることに致しましょう。
 
 以上、申して参りましたことは、私見ではありません。
 この手紙は、外典三千巻・仏教五千巻の経典を通して、肝心な精髄を書き抜いた
ものであります。
 
 あなかしこ、あなかしこ。

 恐々謹言

 弘安二年四月二十三日                   日蓮 花押

 御返事


目次へ