日淳上人全集 『三大秘法抄拝読』より御引用


 三大秘法抄は弘安四年冬月八日(注、近年、総本山第六世日時上人が御書写された
三大秘法抄の写本が発見されており、“弘安五年四月八日”の日付となっている。)檀越
大田金吾殿への御返事として、御示し遊ばされた御書であります。

 此の御書には日蓮大聖人の御一期の化導を総括遊ばされて、三大秘法即ち本門の本尊、
本門の題目、本門の戒壇に就いてその出現の縁由とその体とを御説示なされ、殊に戒壇
についてその相貌を御示し遊ばされてをりまして、大聖人の御書数百篇中極めて重要なる
地位を、占めてをるのであります。

 大聖人の御書中五大部とか十大部とか申し上げ、立正安国論、開目抄、観心本尊抄、
撰時抄、報恩抄等その他を数へ挙げまして、この三大秘法抄はその中に入りませんが、
此れはこの御書の伝持の上から特異の立場にあったがために、かく扱はれたもので、その
御指南の法門から拝すれば最も重要なる御書であります。

 それはこの御書が大聖人の、御一代の大綱を御示しなされてあるからであります。
 他の御書は大聖人出世の縁由とか御題目とか、或は御本尊とかについて御教示遊ばさ
れたり、或は三大秘法の名目を御示しになってはをりますが、三秘整足して御教示遊ばさ
れたのはこの御書であります。

 それ故大聖人の御化導の終窮究竟の全貌と、大綱とを拝察申し上げるには此の御書に
依らなければなりません。
 よって大聖人の御書を拝するには第一に此の御抄を拝して、大綱を了解し奉って、後に
他御書を拝するといふことにしなければなりません。
 此の順序をとりませんでやたらと御書を拝すると、御書の文を拝しても大聖人の御正意を
了解し奉ることはできないのであります。

 日蓮大聖人の門下と申す程の者は御書を拝し御書によってをるのでありますが、それにも
拘らず御本尊より御題目に重点を置いたり、行者の住処を戒壇としたり、御釈迦様が本尊だ
といったりして、飛んでもないことを申してをりますが、これ皆大聖人の御一代の施化の大綱
を拝察せずして御書の一文一義に執するからであります。


 (日淳上人全集上巻383~384ページ)



目次へ