乙御前母御書 文永十年(1273年)十一月三日 聖寿五十二歳御著作


 なによりも女房のみとして、これまで来たりて候ひし事。これまでながされ候
ひける事は、さる事にて、御心ざしのあらわるべきにやありけんと、ありがたく
のみをぼへ候。
 釈迦如来の御弟子あまたをわしゝなかに、十大弟子とて十人ましましゝが、な
かに目連尊者と申せし人は神通第一にてをはしき。四天下と申して日月のめぐり
給ふところを、かみすぢ一すぢきらざるにめぐり給ひき。
 これはいかなるゆへぞとたづぬれば、せんじゃうに千里ありしところをかよいて
仏法を聴聞せしゆへなり。
 又天台大師の御弟子に章安と申せし人は、万里をわけて法華經をきかせ給ひき。
 伝教大師は三千里をすぎて止観をならい、玄奘三蔵は二十万里をゆきて般若經を
得給へり。道のとをきに心ざしのあらわるゝにや。
 かれは皆男子なり、権化の人のしわざなり。今御身は女人なり。ごんじちはし
りがたし。いかなる宿善にてやをはすらん。昔、女人はすいをとをしのびてこそ、
或は千里をもたづね、石となり木となり、鳥となり蛇となれる事もあり。

 十一月三日                           日蓮 花押 


 をとごぜんのはゝ   

 をとごぜんがいかにひとゝなりて候らん。法華経にみやづかわせ給ふほうこう
をば、をとごぜんの御いのちさいわいになり候はん。 
 いまは法華經をしのばせ給ひて仏にならせ給ふべき女人なり。かへすがへす、
ふみものぐさき者なれども、たびたび申す。又御房たちをもふびんにあたらせ給
ふとうけ給はる。申すばかりなし。


目次へ