如説修行抄 文永十年(1273年)五月 聖寿五十二歳御著作

 夫以れば、末法流布の時、生を此の土に受け此の経を信ぜん人は、如来の在世よ
り猶多怨嫉の難甚だしかるべしと見えて候なり。
 其の故は在世は能化の主は仏なり。弟子又大菩薩・阿羅漢なり。人天・四衆・八
部・人非人等なりといへども、調機調養して法華経を聞かしめ給ふ、尚猶多怨嫉な
り。

 何に況んや末法今時は教機時刻当来すといへども、其の師を尋ぬれば凡師なり。
弟子又闘諍堅固・白法隠没・三毒強盛の悪人等なり。故に善師をば遠離し、悪師に
は親近す。
 其の上真実の法華経の如説修行の行者の師弟檀那とならんには、三類の敵人決定
せり。
 されば此の経を聴聞し始めん日より思ひ定むべし、況滅度後の大難の三類甚だし
かるべしと。

 然るに我が弟子等の中にも兼ねて聴聞せしかども、大小の難来たる時は今始めて
驚き肝をけして信心を破りぬ。又兼ねて申さざりけるか、経文を先として猶多怨嫉
況滅度後と朝夕教へし事は是なり。
 予が或は所を追はれ、或は疵を蒙り、或は両度の御勘気を蒙りて遠国に流罪せら
るるを見聞すとも、今始めて驚くべきにあらざるものをや。

 問うて云はく、如説修行の行者は現世安穏なるべし、何が故ぞ三類の強敵盛んな
るや。
 答へて云はく、釈尊は法華経の御為に今度九横の大難に値ひ給ふ。過去の不軽菩
薩は法華経の故に杖木瓦石を蒙り、竺の道生は蘇山に流され、法道三蔵は面に火印
をあてられ、師子尊者は頭をはねられ、天台大師は南三北七にあだまれ、伝教大師
は六宗ににくまれ給へり。
 此等の仏・菩薩・大聖等は法華経の行者として而も大難にあひ給へり。此等の人
々を如説修行の人と云はずんば、いづくにか如説修行の人を尋ねん。
 然るに今の世は闘諍堅固・白法隠没なる上、悪国・悪王・悪臣・悪民のみ有りて
正法を背きて邪法・邪師を崇重すれば、国土に悪鬼乱れ入りて三災七難盛んに起こ
れり。

 かかる時刻に日蓮仏勅を蒙りて此の土に生まれけるこそ時の不祥なれども、法王
の宣旨背きがたければ、経文に任せて権実二教のいくさを起こし、忍辱の鎧を著て
妙教の剣をひっさげ、一部八巻の肝心妙法五字のはたを指し上げて、未顕真実の弓
をはり、正直捨権の箭をはげて、大白牛車に打ち乗って権門をかっぱと破り、かし
こへをしかけここへおしよせ、念仏・真言・禅・律等の八宗十宗の敵人をせむるに、
或はにげ、或はひきしりぞき、或は生け取られし者は我が弟子となる。
 或はせめ返し、せめをとしすれども、敵は多勢なり、法王の一人は無勢なり、今
に至るまで軍やむ事なし。

 法華折伏破権門理の金言なれば、終に権教権門の輩を一人もなくせめをとして法
王の家人となし、天下万民諸乗一仏乗と成りて妙法独りはむ昌せん時、万民一同に
南無妙法蓮華経と唱へ奉らば、吹く風枝をならさず、雨土くれをくだかず、代は羲
農の世となりて、今生には不祥の災難を払ひて長生の術を得、人法共に不老不死の
理顕はれん時を各々御覧ぜよ、現世安穏の証文疑ひ有るべからざる者なり。
 問うて云はく、如説修行の行者と申し候は何様に信ずるを申し候べきや。
 答へて云はく、当世日本国中の諸人一同に如説修行の人と申し候は、諸乗一仏乗
と開会しぬれば、何れの法も皆法華経にして勝劣浅深ある事なし。
 念仏を申すも、真言を持つも、禅を修行するも、総じて一切の諸経並びに仏菩薩
の御名を持ちて唱ふるも、皆法華経なりと信ずるが如説修行の人とは云はれ候なり
等云云。

 予が云はく、然らず。
 所詮仏法を修行せんには人の言を用ふべからず、只仰いで仏の金言をまぼるべき
なり。
 我等が本師釈迦如来、初成道の始めより法華を説かんと思し食しかども、衆生の
機根未熟なりしかば、先づ権教たる方便を四十余年が間説きて、後に真実たる法華
経を説かせ給ひしなり。

 此の経の序分無量義経にして、権実のはうじを指して方便と真実を分け給へり。
所謂「以方便力、四十余年、未顕真実」是なり。
 大荘厳等の八万の大士、施権・開権・廃権等のいはれを得意分け給ひて、領解し
て言はく、法華已前の歴劫修行等の諸経をば「終不得成、無上菩提」と申しきり給
ひぬ。

 然して後、正宗の法華に至って、「世尊法久後 要当説真実」と説き給ひしを始
めとして、「無二亦無三 除仏方便説」「正直捨方便」「乃至不受余経一偈」とい
ましめ給へり。
 是より已後は「唯有一仏乗」の妙法のみ一切衆生を仏に成す大法にて、法華経よ
り外の諸経は一分の得益もあるまじきを、末代の学者、何れも如来の説教なれば皆
得道あるべしと思ひて、或は真言、或は念仏、或は禅宗・三論・法相・倶舎・成実・
律等の諸宗諸経を取り取りに信ずるなり。
 是くの如き人をば、「若人不信毀謗此経 即断一切世間仏種、乃至、其人命終入
阿鼻獄」と定め給へり。

 此等の明鏡を本として一分もたがえず、唯有一乗法と信ずるを如説修行の人とは
仏は定めさせ給へり。
 難じて云はく、左様に方便権教たる諸経諸仏を信ずるを法華経と云はばこそ、只
一経に限りて経文の如く五種の修行をこらし、安楽行品の如く修行せんは、如説修
行の者とは云はれ候まじきか如何。
 答へて云はく、凡そ仏法を修行せん者は摂折二門を知るべきなり。一切の経論此
の二を出でざるなり。
 されば国中の諸学者等、仏法をあらあらまなぶと云へども、時刻相応の道理を知
らず。
 四節四季取り取りに替はれり。夏はあたたかに冬はつめたく、春は花さき秋は菓
成る。春種子を下して秋菓を取るべし。秋種子を下して春菓実を取らんに豈取らる
べけんや。
 極寒の時は厚き衣は用なり、極熱の夏はなにかせん。涼風は夏の用なり、冬はな
にかせん。

 仏法も亦是くの如し。
 小乗の法流布して得益あるべき時もあり、権大乗の流布して得益あるべき時もあ
り、実教の流布して仏果を得べき時もあり。
 然るに正像二千年は小乗・権大乗の流布の時なり。末法の始めの五百歳には純円
一実の法華経のみ広宣流布の時なり。
 此の時は闘諍堅固・白法隠没の時と定めて権実雑乱の砌なり。
 敵有る時は刀杖弓箭を持つべし、敵無き時は弓箭兵杖なにかせん。今の時は権教
即実教の敵と成る。一乗流布の代の時は権教有って敵と成る。まぎらはしくば実教
より之を責むべし。
 是を摂折の修行の中には法華折伏と申すなり。
 天台云はく「法華折伏破権門理」と、良に故あるかな。

 然るに摂受たる四安楽の修行を今の時行ずるならば、冬種子を下して益を求むる
者にあらずや。鷄の暁に鳴くは用なり、よいに鳴くは物怪なり。
 権実雑乱の時、法華経の御敵を責めずして山林に閉ぢ籠りて摂受の修行をせんは、
豈法華経修行の時を失ふべき物怪にあらずや。
 されば末法今の時、法華経の折伏の修行をば誰か経文の如く行じ給へる。
 誰人にても坐せ、諸経は無得道堕地獄の根源、法華経独り成仏の法なりと音も惜
しまずよばはり給ひて、諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ。三類の強敵来たらん事
は疑ひ無し。
 本師釈迦如来は在世八年の間折伏し給ひ、天台大師は三十余年、伝教大師は二十
余年。
 今日蓮は二十余年の間権理を破るに其の間の大難数を知らず。

 仏の九横の大難に及ぶか及ばざるかは知らず、恐らくは天台・伝教も法華経の故
に日蓮が如く大難に値ひ給ひし事なし。彼は只悪口怨嫉計りなり。是は両度の御勘
気、遠国の流罪、竜口の頚の座、頭の疵等、其の外悪口せられ、弟子等を流罪せら
れ、籠に入れられ、檀那の所領を取られ、御内を出だされし。是等の大難には竜樹・
天台・伝教も争でか及び給ふべき。
 されば如説修行の法華経の行者には三類の強敵の杖定んで有るべしと知り給へ。

 されば釈尊御入滅の後二千余年が間に、如説修行の行人は釈尊・天台・伝教の三
人はさてをきぬ。末法に入っては日蓮並びに弟子檀那等是なり。我等を如説修行の
者といはずば、釈尊・天台・伝教等の三人も如説修行の人なるべからず。
 提婆・瞿伽利・善星・弘法・慈覚・智証・善導・法然・良観房等は即ち法華経の
行者と云はれ候べきか、釈迦如来・天台・伝教・日蓮並びに弟子檀那等は念仏・真
言・禅・律等の行者なるべきか。法華経は方便権教と云はれ、念仏等の諸経は還っ
て法華経となるべきか。東は西となり、西は東となるとも、大地所持の草木共に飛
び上りて天となり、天の日月星宿は共に落ち下りて地となるためしはありと云ふと
も、いかでか此の理あるべき。
 哀れなるかな、今日本国の万人、日蓮並びに弟子檀那等が三類の強敵に責められ
て大苦に値ふを見て悦び咲ふとも、昨日は人の上、今日は身の上なれば、日蓮並び
に弟子檀那共に霜露の命の日影を待つ計りぞかし。
 只今仏果に叶ひて寂光の本土に居住して自受法楽せむ時、汝等が阿鼻大城の底に
沈み大苦に値はん時、我等何計り無慙と思はんずらん。汝等何計りうらやましく思
はんずらん。

 一期過ぎなむ事は程無ければ、いかに強敵重なるとも、ゆめゆめ退する心なかれ、
恐るる心なかれ。
 縦ひ頚をばのこぎりにて引き切り、どうをばひしほこを以てつつき、足にはほだ
しを打ってきりを以てもむとも、命のかよはんきはは、南無妙法蓮華経、南無妙法
蓮華経と唱へて、唱へ死ににしぬるならば、釈迦・多宝・十方の諸仏、霊山会上に
して御契りの約束なれば、須臾の程に飛び来たりて手を取りてかたに引き懸けて霊
山へはしり給はば、二聖・二天・十羅刹女・受持者をうごの諸天善神は、天蓋を指
し旛を上げて我等を守護して慥かに寂光の宝刹へ送り給ふべきなり。
 あらうれしや、あらうれしや。

 文永十年〈癸酉〉五月 日                 日蓮 花押

 人々御中

 此の書御身を離さず常に御覧有るべく候



目次へ