三沢抄 建治四年(1278年)二月二十三日 聖寿五十七歳御著作


 柑子(ミカン科の果実)百個・昆布・海苔・おご海苔等の種々の品物を、遥々と、身延
の山中へ、わざわざお送りいただきました。
 並びに、内房の尼御前から、御小袖を一着、受領致しました。
 そして、諸々と仰せになられた書面を、委しく拝見しました。

 「そもそも、仏教を学ぶ者は、大地微塵の数よりも多い。けれども、その中で、真に仏
になる人は、爪の上に置いた土よりも少ない。」と、大覚世尊(釈尊)は、涅槃経におい
て、確かに、お説きになられています。

 日蓮は、この経文を拝見して、「どうして、このように難しいのだろうか。」と考える
ほどに、「なるほど、誠にもっともなことであるなぁ。」と、思うことがあります。

 仏法を学んだとしても、自分の心が愚かであったり、たとえ智慧があって、賢い人であ
ったとしても、悪い師匠の影響によって、自分の心が曲がっていることには、氣が付かな
いものです。
 そのため、仏教を正しく習い得ることは、難しいのであります。

 たとえ、正しい師匠、並びに、実経(法華経)と会い奉って、正法を得た人であったと
しても、生死の迷いを離れて仏になろうとする時には、必ず、影が身に沿うように、雨が
降る時には雲があるように、『三障四魔』(注、煩悩障・業障・報障の三障、五陰魔・煩
悩魔・死魔・天子魔の四魔。)という名の七つの大事が出現します。

 たとえ、辛うじて、『三障四魔』(注、煩悩障・業障・報障の三障、五陰魔・煩悩魔・
死魔・天子魔の四魔)の六つを過ぎ去ることが出来たとしても、第七番目の魔に破られて
しまえば、仏になることは出来ません。

 その六つの障魔につきましては、しばらく置いておきます。
 第七の大難とは、『天子魔』(注、他化自在天子魔のこと。他化自在天=第六天の魔王
と、魔民等によって起こる魔。父母・妻子・権力者等のあらゆる姿に取り付いて、仏道修
行を妨げる。)というものであります。

 たとえ、末代の凡夫が、釈尊御一代の聖教の御心を悟って、天台大師の摩訶止観と云う
大事の御文の精神を心得て、仏になろうとしている時には、第六天の魔王が、この様子を
見て、驚きながら、こう云うことでしょう。

 「なんと、浅ましいことか。この者が、この国に所在していれば、まず、彼自身が生死
の迷いを離れる(成仏する)ことは、取りあえず置いておく。だが、そればかりか、多く
の人々を仏道に導くだろう。また、この国土を押え取って、穢土を浄土にしてしまうだろ
う。」と。

 そして、第六天の魔王は、「どうすれば、よいだろうか。」と考えて、欲界・色界・無
色界の三界の一切の眷属を集めた上で、命令を下して、こう云うことでしょう。

 「各々の能力に随って、彼の行者(仏道修行をする者)を悩ましてみよ。
 それが叶わない時には、彼の行者の弟子・檀那や、その国土の人々の心の内に入れ替わ
って、或いは諌めたり、或いは脅してみよ。 
 それでも叶わない場合には、我(第六天の魔王)自らが降り下って、国主の身心に入れ
替って、彼の行者を脅してみれば、どうして、彼の行者の成仏を止められないことがあろ
うか。」と、第六天の魔王とその眷属は詮議をしました。

 日蓮は、以前から、このような事を見抜いて、「末代の凡夫が、今生において、仏にな
ることは、容易ではない。」と、考えていました。

 釈尊が仏になられた御様子は、様々な経典に説かれています。
 しかし、釈尊が仏になられる事を妨げるために、第六天の魔王が起こした大難は、如何
にしても、忍ぶことが出来ないだろうとも、見受けられました。
 釈尊に対して、提婆達多や阿闍世王が起こした悪事は、ひとえに、第六天の魔王の仕業
であった、と、見ることが出来ます。

 まして、法華経法師品第十には、「如来現在 猶多怨嫉 況滅度後(如来の御在世です
ら、なお、怨嫉が多い。況んや、如来の御入滅の後には、尚更である。)」と、お説きに
なられています。
 大覚世尊(釈尊)御在世の御時の御難でさえも、凡夫の身である日蓮のような者には、
片時でさえも、一日でさえも、忍び難いことでしょう。

 まして、五十余年間(注、釈尊が三十歳で成道されてから、八十歳で御入滅されるまで
の期間)の種々の大難につきましては、尚更忍び難いことでしょう。

 まして、末法の世には、釈尊がお受けになられた大難に対して、百千万億倍にも及ぶ大
難が起こることを、如何にして忍ぶことが出来るであろうか、と、心の中で思っていまし
た。

 けれども、「聖人は、未萌(未来の出来事)を知る。」と申して、過去・現在・未来の
三世の中でも、未来の事を知る人を、真の聖人と言うのであります。
 
 しかるに、日蓮は聖人ではありませんが、日本国が今の代に当たって、亡国となってい
くことを、兼ねてから知っていました。
 これこそ、釈尊が法華経法師品第十でお説きになられた、「況滅度後(況んや、如来の
御入滅の後には、尚更である。)」の経文に該当しております。

 これらのことを知った上で、あえて申し出すならば、その人こそ、釈尊が法華経で予見
された、未来(末法)の法華経の行者(日蓮大聖人)であります。

 しかし、これらのことを知っていながら、それでも、言わなかったならば、世々生々と
輪廻する間に、聾唖の身に生まれるような苦しみを受けます。
 そればかりか、教主釈尊の大怨敵や日本国の国主の大讐敵に、他人でなく、自分自身が
なってしまいます。

 加えて、「後生に、無間地獄へ堕ちる人となるのは、まさしく、自分自身である。」と、
考えてみました。
 或いは衣食が不足したり、或いは父母・兄弟・師匠・同僚に諌められたり、或いは国主・
万民から脅されたりすることもあるでしょう。

 「そういう状況に陥ったとして、少しでも怯む心があるならば、最初から申し出すべき
ではない。」と、長い年来・常日頃に渡って、心を誡めて参りました。
 そもそも、過去遠々劫から今日に至るまで、必ずや、法華経にも出会い奉ったり、菩提
心を起こしたこともあったのでしょう。

 しかしながら、たとえ、一難・二難ぐらいは忍ぶことが出来ても、次々と大難が続いて
来たために、退転してしまったのでしょう。(注、この御記述は、日蓮大聖人の御謙遜で
ある。)

 そのため、「今度は、如何なる大難を被ろうとも、退転をしない決心であるならば、申
し出すことにしよう。」と覚悟した上で、私(日蓮大聖人)は、この法門を申し出しまし
た。
 すると、経文に違うことなく、このような度々の大難に遭遇したのであります。

 「今は、ひたすらに、如何なる大難にも、堪えてみせよう。」と、我が身(日蓮大聖人
の御身)に引き当てて、心中を推し量ってみても、不審がないために、この山林(身延)
に栖んでいるのであります。

 各々方は、たとえ、信仰を捨てられたとしても、一日片時であったとしても、私(日蓮
大聖人)の身命を助けて下さった方々でありますから、どうして、他人のように扱うこと
が出来ましょうか。

 もとより、私(日蓮大聖人)一人は、どうなっても構いません。
 たとえ、私(日蓮大聖人)がどうなろうとも、心に退転なくして仏に成るならば、必ず、
貴殿たちを導かせていただこう、と、約束を申し上げたのであります。

 各々方は、日蓮ほど、仏法のことを御存知ない上に、俗(在家)でもあり、所領もあり、
妻子もあり、家来もあります。
 故に、信仰を貫き通すことは、叶い難いことでしょう。
 「表面的には、御自分のことを偽り、愚かにしておきなさい。」と、以前に云ったこと
もありました。

 因って、各々方に、何事があったとしても、見捨てることは致しません。
 夢々にも(断じて)、疎かには出来ません。

 また、法門の事につきましては、「私(日蓮大聖人)が佐渡の国へ流される以前の法門
は、ただ、釈尊の爾前経(注、法華経をお説きになられる以前の経典)と、同様の存在で
ある。」と、思ってください。

 この国の国主が、「我が治世を保たせたい。」と思うならば、私(日蓮大聖人)と真言
師等を召し合せることになるでしょう。
 その時に、真の大事を申します。

 しかし、弟子たちにも、内々に申し聞かせるならば、この法門のことを披露されて、真
言師等が知ることになるでしょう。
 「そうなれば、真言師等は、絶対に、私(日蓮大聖人)と会わないだろう。」と思った
ために、今まで、各々方にも云わなかったのであります。

 しかしながら、去る文永八年九月十二日の夜、竜口にて頸を刎ねられようとした時から、
「私(日蓮大聖人)に付いてきた弟子たちに、真の事(大事の法門)を云わなかったのは、
不憫なことであった。」と、思うようになりました。

 それ故に、私(日蓮大聖人)が佐渡の国へ流された後には、弟子たちに対して、内々に
申した法門があります。

 この法門は、釈尊の後に御出現された、迦葉・阿難・竜樹・天親・天台・妙楽・伝教・
義真等の大論師や大人師は承知されていながらも、御心の中に秘して、口から外には出さ
れなかったのであります。
 その理由は、「我が滅後において、末法に入ってからでなければ、この大法を云っては
ならない。」と、釈尊が制止されたからであります。

 日蓮は、その御使いではありませんが、末法の時刻へ当たった上に、思いのほかにも、
この法門を悟りました。
 因って、聖人がお出ましになられるまで、まず、序分として、概略を申しております。

 しかるに、太陽が出た後には、星の光が見えなくなったり、上手な匠の後に下手な技量
の者を見れば、その稚拙さが知られたりするように、この法門が出現すれば、正法時代・
像法時代において、論師・人師たちが主張した法門は、皆、消え失せてしまいます。

 末法の時になると、正法時代・像法時代の寺堂の仏像や僧侶たちの霊験は、皆、消え失
せて、ただ、この大法だけが、一閻浮提(世界中)に流布されるものと、見受けられます。
 各々方は、このような尊き法門に縁のある人々ですから、とても頼もしいことである、
と、思ってください。

 また、内房の尼御前は、高齢の御身で、身延までお来しになったのでありますから、氣
の毒に思われました。
 けれども、内房の尼御前は、「氏神へ参詣したついでに、私(日蓮大聖人)の許を訪れ
た。」ということでしたので、見参(対面)しなかったのであります。
 かえって、私(日蓮大聖人)が、内房の尼御前に見参(対面)すれば、必ず、重大な罪
を被らせることになってしまいます。

 その理由は、「神は所従(家来)であり、法華経は主君である。」からであります。
 「所従と会うついでに、主君へ見参(対面)する。」という行為は、世間法においても、
恐れ多いことです。
 その上、尼の御身となられたからには、まず、仏を先とするべきであります。

 このような種々の過ちがあったために、見参(対面)しなかったのです。
 しかし、見参(対面)しなかったのは、内房の尼御前お一人に、限ったことではありま
せん。
 その他の人々に対しても、「下部の温泉のついでに。」と言って、訪ねてきた者を、数
多く追い返しています。

 内房の尼御前は、親のような御年齢でいらっしゃいます。
 そのような方が嘆いていることを、氣の毒に思いました。
 しかし、私(日蓮大聖人)が、内房の尼御前と見参(対面)しなかったのは、この法義
を知って頂きたいがためであります。

 また、「貴殿(三沢小次郎殿)は、一昨年の見参(対面)の後に、御病氣になられた。」
と、伺いました。
 真実でありましょうか。それとも、虚事でありましょうか。

 私(日蓮大聖人)は、「人を遣わして、三沢小次郎殿の御様子を聞こう。」と、言いま
した。
 ところが、この御房(日蓮大聖人の弟子)たちが申すには、「それは、もっともなこと
であります。しかし、人を遣わしても、かえって、不審に思われるかも知れません。」と
いうことでした。
 「世間の習いは、そういうことであろう。」と、私(日蓮大聖人)も思いました。

 現に、貴殿は、御志が実直でありますから、「もし、御病氣ならば、御使いでもあるに
違いない。」とも、思っていました。
 しかし、御使いもないので、わざと、覚束無く(疎遠に)していました。
 
 無常は、世の常の習いであります。
 けれども、去年から今年にかけて(注、三沢小次郎殿の御病氣を、日蓮大聖人がお氣に
かけられていた期間)は、世間法にも過ぎて(世間の習いを越えて)、貴殿とお目にかか
りたい、と、思っていました。

 そのように、恋しく思っていたところ、貴殿から御音信をいただきました。
 たいへん嬉しいことであります。言葉もありません。

 内房の尼御前にも、この由を、詳細に語ってください。

 法門のことは、細々と書き伝えて、申し上げたいと思っています。
 けれども、事が大きくなりますので、筆を留めておきます。

 ただし、禅宗と念仏宗と律宗等の事は、少々、前にも申しておきました。
 しかしながら、特に、真言宗が、この日本国と唐土(中国)を亡ぼしたのであります。

 善無畏三蔵・金剛智三蔵・不空三蔵・弘法大師・慈覚大師・智証大師、これらの六人は、
大日三部経(大日経・金剛頂経・蘇悉地経)と法華経の優劣に対して、間違った考えを持
ちました。
 それのみならず、善無畏三蔵・金剛智三蔵・不空三蔵は、金剛界・胎蔵界の曼茶羅を、
元から天竺(インド)に存在していたように作り出して、人々を惑わしました

 その後、弘法大師・慈覚大師・智証大師は、その邪義に心を打ち抜かれて、日本へ習い
渡しました。
 そうして、弘法大師・慈覚大師・智証大師は、真言の邪義を、日本の国主や万民に伝え
たのであります。

 中国の玄宗皇帝が治世を滅ぼしたのも、この真言の邪義を用いたためです。
 そして、日本国も次第に衰えて、八幡大菩薩が百代の王(天皇)を守護する誓いも、破
れてしまいました。
 第八十二代の隠岐の法王(後鳥羽上皇)が、関東方(後の鎌倉幕府の武士たち)に治世
を取られて、隠岐島に流されたことは、ひとえに、弘法大師・慈覚大師・智証大師等の大
僧が、真言の祈祷を行ったからであります。

 その結果、法華経観世音菩薩普門品第二十五の経文通りに、『還著於本人(還って、そ
の罪は、本人に著きなん。)』になってしまいました。

 関東方(後の鎌倉幕府の武士たち)は、この真言の悪法と悪人を対治したため、八幡大
菩薩の誓い通りに、第八十二代の後鳥羽上皇の後に、十八代の天皇を受け継いで、百代の
王(天皇)まで治世を送れるはずであったものを、再び、真言の悪法の者どもへ御帰依し
たために、日本国には、法の正邪を決判する国主がいなくなってしまいました。

 そのため、大梵天王・帝釈天王・大日天王・大月天王・四天王の御計らいにより、他国
(蒙古国)に仰せつけて、日本国を脅かして御覧になられたのであります。

 また、鎌倉幕府には、法華経の行者を遣わして、御諫められたにもかかわらず(注、日
蓮大聖人が三度の国家諫暁を行われたこと)、自らの過ちに疑問を持つこともなく、真言
の法師等に心を合わせて、世間・出世(仏法)の政道を破り、法を逸脱してしまいました。

 因って、鎌倉幕府の面々は、法華経の御敵となってしまったのであります。

 既に、時が過ぎてしまったため、この日本国は亡びようとしています。
 現在、蔓延している疫病は、日本国が戦に敗れる先兆であります。
 浅ましいことであります。誠に、浅ましいことであります。

 建治四年(1278年)二月二十三日

 三沢小次郎殿


目次へ