三沢抄 建治四年(1278年)二月二十三日 聖寿五十七歳御著作


 柑子一百・こぶ・のり・をご等のすずの物、はるばるとわざわざ山中へをくり給びて候。
ならびにうつぶさの尼ごぜんの御こそで一つ給び候ひ了んぬ。
 さてはかたがたのをほせくはしくみほどき候。
 抑仏法をがくする者は大地微塵よりをほけれども、まことに仏になる人は爪上の土より
もすくなしと、大覚世尊、涅槃経にたしかにとかせ給ひて候ひしを、日蓮みまいらせ候ひ
て、いかなればかくわかたかあるらむとかんがへ候ひしほどに、げにもさるらむとをもう
事候。
 仏法をばがくすれども、或は我が心のをろかなるにより、或はたとい智慧はかしこきや
うなれども師によりて我が心のまがるをしらず。
 仏教をなをしくならひうる事かたし。
 たとい明師並びに実経に値ひ奉りて正法をへたる人なれども、生死をいで仏にならむと
する時には、かならず影の身にそうがごとく、雨に雲のあるがごとく、三障四魔と申して
七の大事出現す。
設ひからくして六はすぐれども、第七にやぶられぬれば仏になる事かたし。其の六は且
くをく。第七の大難は天子魔と申す物なり。
 設ひ末代の凡夫一代聖教の御心をさとり、摩訶止観と申す大事の御文の心を心えて、仏
になるべきになり候ひぬれば、第六天の魔王此の事を見て驚きて云はく、あらあさましや、
此の者此の国に跡を止むるならば、かれが我が身の生死をいづるかはさてをきぬ。又人を
導くべし。又此の国土ををさへとりて穢土を浄土となす。
 いかんがせんとて、欲・色・無色の三界の一切の眷属をもよをし仰せ下して云はく、各
々ののうのうに随って、かの行者をなやましてみよ。
 それにかなわずば、かれが弟子だんな並びに国土の人の心の内に入りかわりて、あるひ
はいさめ、或はをどしてみよ。
 それに叶はずば、我みづからうちくだりて、国主の身心に入りかわりてをどして見むに、
いかでかとどめざるべきと、せんぎし候なり。
 日蓮さきよりかかるべしとみほどき候ひて、末代の凡夫の今生に仏になる事は大事にて
候ひけり。
 釈迦仏の仏にならせ給ひし事を経々にあまたとかれて候に、第六天の魔王のいたしける
大難、いかにも忍ぶべしともみへ候はず候。
 提婆達多・阿闍世王の悪事はひとへに第六天の魔王のたばかりとこそみへて候へ。
 まして「如来の現在にすら猶怨嫉多し、況んや滅度の後をや」と申して大覚世尊の御時
の御難だにも、凡夫の身、日蓮がやうなる者は片時一日も忍びがたかるべし。
 まして五十余年が間の種々の大難をや。
 まして末代には此に百千万億倍すぐべく候なる大難をば、いかでか忍び候べきと心に存
じて候ひしほどに、聖人は未萠を知ると申して、三世の中に未来の事を知るをまことの聖
人とは申すなり。
 而るに日蓮は聖人にあらざれども、日本国の今の代にあたりて此の国亡々たるべき事を
かねて知りて候ひしに、此こそ仏のとかせ給て候「況滅度後」の経文に当たりて候へ。 
 此を申しいだすならば、仏の指させ給ひて候未来の法華経の行者なり。
 知りて而も申さずば世々生々の間、をうし、ことどもり生まれん上、教主釈尊の大怨敵、
其の国の国主の大讐敵は他人にあらず、後生は又無間大城の人此なりとかんがへみて、或
は衣食にせめられ、或は父母兄弟師匠同行にもいさめられ、或は国主万民にをどされしに、
すこしもひるむ心あるならば一度に申し出ださじと、としごろひごろ心をいましめ候ひし
が、抑過去遠々劫より定めて法華経にも値ひ奉り菩提心もをこしけん。 
 なれども設ひ一難二難には忍びけれども、大難次第につづき来たりければ退しけるにや。
 今度いかなる大難にも退せぬ心ならば申し出だすべしとて申し出だして候ひしかば、経
文にたがわず此の度々の大難にはあいて候ひしぞかし。
 今は一こうなり、いかなる大難にもこらへてん。我が身に当てて心みて候へば、不審な
きゆへに此の山林には栖み候なり。
 各々は又たといすてさせ給ふとも、一日かたときも我が身命をたすけし人々なれば、い
かでか他人にはにさせ給ふべき。
 本より我一人いかにもなるべし。
 我いかにしなるとも心に退転なくして仏になるならば、とのばらをば導きたてまつらむ
とやくそく申して候ひき。
 各々は日蓮ほども仏法をば知らせ給はざる上、俗なり、所領あり、妻子あり、所従あり。
いかにも叶ひがたかるべし。只いつわりをろかにてをはせかしと申ししぎこそ候べけれ。
 なに事につけてかすてまいらせ候べき、ゆめゆめをろかのぎ候べからず。
 又法門の事はさどの国へながされ候ひし已前の法門は、ただ仏の爾前の経とをぼしめせ。
 此の国の国主、我をもたもつべくば真言師等にも召し合はせ給はずらん。
 爾の時まことの大事をば申すべし。弟子等にもなひなひ申すならばひろうしてかれらし
りなんず。さらばよもあわじとをもひて各々にも申さざりしなり。
 而るに去ぬる文永八年九月十二日の夜、たつの口にて頸をはねられんとせし時よりのち、
ふびんなり。我につきたりし者どもに、まことの事をいわざりけるとをもて、さどの国よ
り弟子どもに内々申す法門あり。
 此は仏より後、迦葉・阿難・竜樹・天親・天台・妙楽・伝教・義真等の大論師・大人師
は知りてしかも御心の中に秘せさせ給ひて、口より外には出だし給はず。
 其の故は仏制して云はく、我が滅後末法に入らずば此の大法いうべからずとありしゆへ
なり。
 日蓮は其の御使ひにはあらざれども其の時刻にあたる上、存外に此の法門をさとりぬれ
ば、聖人の出でさせ給ふまでまづ序分にあらあら申すなり。
 而るに此の法門出現せば、正法像法に論師人師の申せし法門は皆日出でて後の星の光、
巧匠の後に拙きを知るなるべし。
 此の時には正像の寺堂の仏像・僧等の霊験は皆きへうせて、但此の大法のみ一閻浮提に
流布すべしとみへて候。
 各々はかかる法門にちぎり有る人なればたのもしとをぼすべし。
 又うつぶさの御事は御としよらせ給ひて御わたりありし、いたわしくをもひまいらせ候
ひしかども、うぢがみへまいりてあるついでと候ひしかば、げざんに入るならば定めてつ
みふかかるべし。
 其の故は神は所従なり、法華経は主君なり。所従のついでに主君へのげざんは世間にも
をそれ候。
 其の上尼の御身になり給ひてはまづ仏をさきとすべし。
 かたがたの御とがありしかば、げざんせず候。
 此又尼ごぜん一人にはかぎらず、其の外の人々も、しもべのゆのついでと申す者を、あ
またをひかへして候。
 尼ごぜんはをやのごとくの御としなり。御なげきいたわしく候ひしかども、此の義をし
らせまいらせんためなり。
 又とのはをととしかのげざんの後、そらごとにてや候ひけん。御そらうと申せしかば、
人をつかわしてきかんと申せしに、此の御房たちの申せしは、それはさる事に候へども、
人をつかわしたらばいぶせくやをもはれ候はんずらんと申せしかば、世間のならひはさも
やあるらむ。
 げんに御心ざしあるなる上、御所労ならば御使ひも有りなんとをもひしかども、御使ひ
もなかりしかば、いつわりをろかにてをぼつかなく候ひつる上、無常は常のならひなれど
も、こぞことしは世間はうにすぎて、みみへまいらすべしともをぼへず。こひしくこそ候
ひつるに、御をとづれある、うれしとも申す計りなし。
 尼ごぜんにもこのよしをつぶつぶとかたり申させ給ひ候へ。
 法門の事こまごまとかきつへ申すべく候へども、事ひさしくなり候へばとどめ候。
 ただし禅宗と念仏宗と律宗等の事は少々前にも申して候。真言宗がことに此の国とたう
どとをばほろぼして候ぞ。
 善無畏三蔵・金剛智三蔵・不空三蔵・弘法大師・慈覚大師・智証大師此の六人が大日の
三部経と法華経との優劣に迷惑せしのみならず、三三蔵、事をば天竺によせて両界をつく
りいだし誑惑しけるを、三大師うちぬかれて日本へならひわたし、国主並びに万民につた
へ、漢土の玄宗皇帝も代をほろぼし、日本国もやうやくをとろへて、八幡大菩薩の百王の
ちかいもやぶれて、八十二代隠岐の法王、代を東にとられ給ひしは、ひとへに三大師の大
僧等がいのりしゆへに、還著於本人して候。
 関東は此の悪法悪人を対治せしゆへに、十八代をつぎて百王にて候べく候ひつるを、又
かの悪法の者どもを御帰依有るゆへに、一国には主なければ、梵釈・日月・四天の御計ら
ひとして他国にをほせつけてをどして御らむあり。
 又法華経の行者をつかわして御いさめあるをあやめずして、彼の法師等に心をあわせて
世間出世の政道をやぶり法にすぎて法華経の御かたきにならせ給ふ。
 すでに時すぎぬれば、此の国やぶれなんとす。
 やくびゃうはすでにいくさにせんぷせむ、まくるしるしなり、あさましあさまし。

 二月二十三日                     日蓮 花押 

 みさわどの



目次へ