孝子御書 弘安二年(1279年)二月二十八日 聖寿五十八歳御著作


 御親父御逝去の由、風聞真にてや候らん。
 貴辺と大夫志の御事は、代末法に入って生を辺土にうけ、法華の大法を御信用候
へば、悪鬼定めて国主と父母等の御身に入りかわり怨をなさん事疑ひなかるべきと
ころに、案にたがふ事なく親父より度々の御かんだうをかうほらせ給ひしかども、
兄弟ともに浄蔵・浄眼の後身か、将又薬王・薬上の御計らひかのゆへに、ついに事
ゆへなく親父の御かんきをゆりさせ給ひて、前に立てまいらせし御孝養、心にまか
せさせ給ひぬるは、あに孝子にあらずや。
 定めて天よりも悦びをあたへ、法華経・十羅刹も御納受あるべし。
 其の上貴辺の御事は心の内に感じをもう事候。
 此の法門経のごとくひろまり候わば御悦び申し候べし。穴賢穴賢。
 兄弟の御中不和にわたらせ給ふべからず、不和にわたらせ給ふべからず。
 大夫志殿の御文にくはしくかきて候。きこしめすべし。

 恐々謹言

 二月二十八日                         日蓮 花押 


目次へ