国府尼御前御返事 建治元年(1275年)六月十六日 聖寿五十四歳御著作


 阿仏御房の尼御前より、銭三百文を受領致しました。

 貴女(国府尼)と阿仏御房の尼御前(千日尼)は、同心(同じ信仰者)であります。
 故に、この文(国府尼御前御返事)を二人で一緒にお読みになって、佐渡在住の方
々へお聞かせになってください。

 貴女(国府尼)から、単衣(ひとえぎぬ)一領を、佐渡国より甲斐国・波木井の郷
の内の深い山まで送って頂きました。

 法華経第四巻・法師品第十においては、「人が有って、仏道を求めて、一劫という
極めて長い間において、合掌して、我が前(釈尊の御前)に在って、無数の偈を以て
讃えたとする。この讃仏の行為によって、無量の功徳を得るであろう。しかし、持経
者(法華経を持つ者)を歎美する行為は、その福徳が、それ以上となるであろう。」
等と、仰せになられています。

 この経文の真意としては、「釈尊ほどの仏に対して、三業(身・口・意)を相応さ
せながら、一中劫という極めて長い間、懇ろに供養し奉る行為よりも、末代悪世の世
(末法)において、法華経の行者(日蓮大聖人)を供養する功徳の方が勝れている。」
という内容がお説きになられています。

 「本当の事なのだろうか。」と、お思いかも知れません。けれども、仏(釈尊)の
金言ですから、疑うべきではありません。
     
 その上、妙楽大師という人が、前記の法華経法師品第十の経文を、更にわかりや
すく解説されて、「もし、毀謗する者は、頭が七分に破れるであろう。もし、供養
する者は、その福徳が十号(注、仏が十種類の尊号を持っていること)に超過する
であろう。」等と、仰っています。
 
 この妙楽大師の御解釈の内容は、「末代(末法)の法華経の行者(日蓮大聖人)
を供養することは、十号(注、仏が十種類の尊号を持っていること)を具足なさっ
ている如来を供養し奉ることよりも、その功徳が勝っている。また、濁世(末法)
において、法華経の行者(日蓮大聖人)がいるにもかかわらず、留難を為そうとす
る人々は、頭が七分に割れるであろう。」ということです。

 そもそも、日蓮は、日本第一の似非者(憎まれ者)です。その理由を申します。

 日本開国以来、天神七代の間は、さて、置いておきます。地神五代の間も、また、
計りがたいものがあります。

 人王(天皇)の世が始まって、神武天皇より今上天皇に至るまでの九十代の間、
仏教が渡来した欽明天王の時代より現在までの七百余年の間、世間の事に関しても、
仏法の事に関しても、日蓮ほど、遍く、人に怨まれた者はいません。

 物部守屋が寺塔を焼いたり、平清盛入道が東大寺・興福寺を滅失させたことを、
彼等が一類(仏教の関係者)は、それほど憎んでいません。

 平将門や安部貞任が朝敵となったり、伝教大師が奈良の七大寺から怨まれていま
す。
 しかし、その彼等も、未だに、日本一州(全国)の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆
夷の四衆(僧・尼・在家の男・在家の女)から、憎まれているわけではありません。

 日蓮は、父母・兄弟・師匠・同朋・上一人(天皇)・下万民の一人も漏れること
なく、父母の敵の如く、謀反・強盜よりも強く、人と会う都度に、怨を為されてい
ます。

 それ故に、或る時は、数百人の者から罵られたり、或る時は、数千人の者に取り
囲まれて、刀杖を加えられる大難に遭遇しています。
 そして、在所を追われたり、国を追放させられたりしています。

 結局は、国主から、御勘気(御流罪)を二度被っています。
 一度は伊豆の国、そして、この度は、佐渡の島に流されました。

 それ故に、身命を継ぐための食料もありません。身体を隠すための藤の衣も持って
おりません。
 私(日蓮大聖人)が北海の島(佐渡島)に放たれると、その国(佐渡島)の僧俗は、
相州(相模国→鎌倉)の男女よりも、怨を為してきました。

 私(日蓮大聖人)は、野原の中に捨てられて以来、雪に肌を交えて、草を摘んで、
命を支えてきたのであります。

 あの蘇武が匈奴(中国の北方民族の国)の捕虜となってから十九年間、雪を食べな
がら命を長らえたことや、李陵が匈奴との戦いに破れて、六年間も巌窟に幽閉された
ことを、我が身(日蓮大聖人の御身)のように知ることが出来ました。

 このような大難を受けたと雖も、我が身(日蓮大聖人の御身)には、全く過失(罪)
がありません。
 ただ、「日本国を助けよう。」と思って、行動した(国家諌暁)故のことです。


 ところが、尼御前並びに入道殿(国府尼御前並びに国府入道殿)は、私(日蓮大
聖人)が彼の国(佐渡国)にいた時には、人目を恐れながら、夜中に食料を運んで
頂いたり、或る時には、国(佐渡国)からの責めも憚ることなく、私(日蓮大聖人)
の身代わりになろうとしていた方々であります。

 ならば、辛い思い出のある国(佐渡国)でしたけれども、私(日蓮大聖人)が佐
渡国を出発する際には、剃ったはずの後ろ髪を引かれたり、進めたはずの足取りも
戻っていくような心境でした。

 「如何なる過去の宿縁があるのでしょうか。」と、私(日蓮大聖人)は不思議に
思っておりました。
 すると、また、いつの間にか、此処(身延)まで、とても大事になさっている貴
女(国府尼御前)のご夫君(国府入道殿)を御使いとして、派遣して頂きました。


 果たして、夢なのでしょうか。それとも、幻なのでしょうか。
 たとえ、尼御前(国府尼御前)の御姿を拝見することが出来なくても、貴女(国
府尼御前)のお心は、必ずや、此処(身延)にあるように思われます。

 日蓮のことを恋しく思われる際には、常に昇る日(太陽)や、夕べに出る月を拝
むようになさってください。
 私(日蓮大聖人)は、何時となく、日月に影を浮かべる身であります。
 また、後生においては、霊山浄土に参って、お会いすることにしましょう。

 南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。

 六月十六日   日蓮 花押 

 佐渡国の国府尼御前



目次へ