国府尼御前御返事 建治元年(1275年)六月十六日 聖寿五十四歳御著作


 阿仏御房の尼ごぜんよりぜに三百文。同心なれば此の文を二人して人によませて
きこしめせ。
 単衣一領、佐渡国より甲斐国波木井の郷の内の深山まで送り給び候ひ了んぬ。
 法華経第四法師品に云はく「人有って仏道を求めて、一劫の中に於て、合掌して
我が前に在って、無数の偈を以て讃めん。是の讃仏に由るが故に、無量の功徳を得
ん。持経者を歎美せんは、其の福復た彼に過ぎん」等云云。
 文の心は、釈尊ほどの仏を三業相応して一中劫が間ねんごろに供養し奉るよりも、
末代悪世の世に法華経の行者を供養せん功徳はすぐれたりととかれて候。
 まことしからぬ事にては候へども、仏の金言にて候へば疑ふべきにあらず。

 其の上妙楽大師と申す人、此の経文を重ねてやわらげて云はく「若し毀謗せん者
は頭七分に破れ、若し供養せん者は福十号に過ぎん」等云云。
 釈の心は、末代の法華経の行者を供養するは、十号具足しまします如来を供養し
たてまつるにも其の功徳すぎたり。又濁世に法華経の行者あらんを留難をなさん人
々は頭七分にわるべしと云云。
 夫日蓮は日本第一のゑせものなり。其の故は天神七代はさてをきぬ。地神五代も
又はかりがたし。人王始まりて神武より今に至るまで九十代、欽明より七百余年が
間、世間につけ仏法によせても日蓮ほどあまねく人にあだまれたる者候はず。

 守屋が寺塔をやきし、清盛入道が東大寺・興福寺を失ひし、彼等が一類は彼がに
くまず。
 将門貞たうが朝敵となりし、伝教大師の七寺にあだまれし、彼等もいまだ日本一
州の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷の四衆にはにくまれず。
 日蓮は父母・兄弟・師匠・同法・上一人・下万民一人ももれず、父母のかたきの
ごとく、謀反強盜にもすぐれて、人ごとにあだをなすなり。
 されば或時は数百人にのられ、或時は数千人に取りこめられて刀杖の大難にあう。
所ををはれ国を出ださる。
 結句は国主より御勘気二度、一度は伊豆の国、今度は佐渡の島なり。

 されば身命をつぐべきかんてもなし、形体を隠すべき藤の衣ももたず、北海の島
にはなたれしかば、彼の国の道俗は相州の男女よりもあだをなしき。野中に捨てら
れて、雪にはだへをまじえ、くさをつみて命をささえたりき。
 彼の蘇武が胡国に十九年雪を食ふて世をわたりし、李呂が北海に六箇年がんくつ
にせめられし、我は身にてしられぬ。
 これはひとえに我が身には失なし。日本国をたすけんとをもひしゆへなり。

 しかるに尼ごぜん並びに入道殿は彼の国に有る時は人めををそれて夜中に食をを
くり、或る時は国のせめをもはばからず、身にもかわらんとせし人々なり。
 さればつらかりし国なれども、そりたるかみをうしろへひかれ、すすむあしもか
へりしぞかし。
 いかなる過去のえんにてやありけんと、をぼつかなかりしに、又いつしかこれま
でさしも大事なるわが夫を御つかいにてつかわされて候。

 ゆめか、まぼろしか、尼ごぜんの御すがたをばみまいらせ候はねども、心をばこ
れにとこそをぼへ候へ。
 日蓮こいしくをはせば、常に出づる日、ゆうべにいづる月ををがませ給へ。いつ
となく日月にかげをうかぶる身なり。又後生には霊山浄土にまいりあひまいらせん。

 南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。

 六月十六日  日蓮 花押 

 さどの国のこうの尼御前


目次へ