観心本尊抄副状 文永十年(1273年)四月二十六日 聖寿五十二歳御著作


 貴殿(富木常忍殿)から送られた、一重の着物、墨三丁、筆五本を受領致しました。
 
 観心の法門に関しまして、少々、この書(観心本尊抄)に記しました。
 貴殿(富木常忍殿)並びに、大田乗明殿・曽谷教信御房等に奉ります。

 この書(観心本尊抄)に記されている事は、日蓮当身の大事であります。
 故に、この書(観心本尊抄)の存在を秘して下さい。
 そして、無二の志(強情な信心)を有した者にだけ、この書(観心本尊抄)を開拓
(公開)しても宜しいでしょう。

 この書(観心本尊抄)は難問が多く、答えは少なくなっています。
 また、前代未聞の事が記されていますので、人々は、耳を疑い、目を眩ませること
でしょう。
 たとえ、他人に見せるとしても、三人・四人と座を並べて、この書(観心本尊抄)
を読むようなことがあってはなりません。

 釈尊御入滅後二千二百二十余年を経過しております。
 しかしながら、未だに、この書(観心本尊抄)に記した法門は、説き顕されたこと
がありません。
 国難を顧みることなく、五五百歳(末法の初めの五百年)を期して、この書(観心
本尊抄)を演説する次第です。

 乞い願わくば、この書(観心本尊抄)を読了された日蓮門下の者たちは、師弟共に、
霊山浄土に詣でられて、三仏(釈迦如来・多宝如来・十方分身の諸仏)の顔貌を拝見
し奉ることに致しましょう。

 恐々謹言

  文永十年(1273年)〈太歳癸酉〉 四月二十六日     日蓮 花押

  富木殿(富木常忍殿)御返事


目次へ