開目抄下 文永九年(1272年)二月 聖寿五十一歳御著作


 又今よりこそ、諸大菩薩も梵・帝・日月・四天等も、教主釈尊の御弟子にては候へ。
 されば宝塔品には、此等の大菩薩を仏我が御弟子等とをぼすゆへに、諫暁して云は
く「諸の大衆に告ぐ、我が滅度の後に、誰か能く此の経を護持し読誦せん、今仏前に
於て自ら誓言を説け」とは、したたかに仰せ下せしか。
 又諸大菩薩も「譬へば大風の小樹の枝を吹くが如し」等と、吉祥草の大風に随ひ、
河水の大海へ引くがごとく、仏には随ひまいらせしか。
 而れども霊山日浅くして夢のごとく、うつつならずありしに、証前の宝塔の上に起
後の宝塔あって、十方の諸仏来集せる、皆我が分身なりとなのらせ給ひ、宝塔は虚空
に、釈迦・多宝座を並べ、日月の青天に並出せるがごとし。人天大会は星をつらね、
分身の諸仏は大地の上、宝樹の下の師子のゆかにまします。
 華厳経の蓮華蔵世界は、十方此土の報仏、各々に国々にして、彼の界の仏、此の土
に来たって分身となのらず。此の界の仏、彼の界へゆかず。但、法慧等の大菩薩のみ
互ひに来会せり。
 大日経・金剛頂経等の八葉九尊・三十七尊等、大日如来の化身とはみゆれども、其
の化身、三身円満の古仏にあらず。
 大品経の千仏、阿弥陀経の六方の諸仏、いまだ来集の仏にあらず。大集経の来集の
仏、又分身ならず。金光明経の四方の四仏は化身なり。
 総じて一切経の中に、各修各行の三身円満の諸仏を集めて、我が分身とはとかれず。
 これ寿量品の遠序なり。始成四十余年の釈尊、一劫十劫等、已前の諸仏を集めて分
身ととかる。さすが平等意趣にもにず、をびただしくをどろかし、又始成の仏ならば、
所化十方に充満すべからざれば、分身の徳は備はりたりとも示現して益なし。
 天台云はく「分身既に多し。当に知るべし、成仏の久しきことを」等云云。大会の
をどろきし心をかかれたり。
 其の上に地涌千界の大菩薩、大地より出来せり。
 釈尊に第一の御弟子とをぼしき普賢・文殊等にもにるべくもなし。華厳・方等・般
若・法華経の宝塔品に来集せる大菩薩、大日経等の金剛サッタ等の十六の大菩薩なん
ども、此の菩薩に対当すれば、ミコウの群中に帝釈の来たり給ふがごとし。山人に月
卿等のまじわれるにことならず。
 補処の弥勒すら猶迷惑せり。何に況んや其の已下をや。
 此の千世界の大菩薩の中に、四人の大聖まします。所謂、上行・無辺行・浄行・安
立行なり。此の四人は、虚空霊山の諸大菩薩等、眼もあはせ心もをよばず。
 華厳経の四菩薩、大日経の四菩薩、金剛頂経の十六大菩薩等も、此の菩薩に対すれ
ば翳眼のものの日輪を見るがごとく、海人が皇帝に向かひ奉るがごとし。大公等の四
聖の衆中にありしににたり。商山の四皓が恵帝に仕へしにことならず。巍々堂々とし
て尊高なり。釈迦・多宝・十方の分身を除ては、一切衆生の善知識ともたのみ奉りぬ
べし。
 弥勒菩薩、心に念言すらく、我は仏の太子の御時より三十成道、今の霊山まで四十
二年が間、此の界の菩薩・十方世界より来集せし諸大菩薩、皆しりたり。
 又十方の浄・穢土に或は御使ひ、或は我と遊戯して、其の国々に大菩薩を見聞せり。
 此の大菩薩の御師なんどは、いかなる仏にてやあるらん。よも此の釈迦・多宝・十
方の分身の仏陀には、にるべくもなき仏にてこそをはすらめ。
 雨の猛きを見て竜の大なる事をしり、華の大なるを見て池のふかきことはしんぬべ
し。
 此等の大菩薩の来たる国、又誰と申す仏にあいたてまつり、いかなる大法をか習修
し給ふらんと疑ひし、あまりの不審さに音をもいだすべくもなけれども、仏力にやあ
りけん。
 弥勒菩薩疑って云はく「無量千万億の大衆の諸の菩薩は、昔より未だ曽て見ざる所
なり。是の諸の大威徳の精進の菩薩衆は、誰か其の為に法を説いて教化して成就せる。
誰に従ってか初めて発心し、何れの仏法をか称揚せる。世尊、我昔より来、未だ曽て
是の事を見ず。願はくは其の所従の国土の名号を説きたまへ。我常に諸国に遊べども、
未だ曽て是の事を見ず。我此の衆の中に於て、乃し一人をも識らず。忽然に地より出
でたり。願はくは其の因縁を説きたまへ」等云云。
 天台云はく「寂場より已降、今座より已往、十方の大士来会絶えず。限るべからず
と雖も、我補処の智力を以て、悉く見、悉く知る。而れども此の衆に於て一人をも識
らず。然るに我十方に遊戯して諸仏に覲奉し大衆に快く識知せらる」等云云。
 妙楽云はく「智人は起を知り、蛇は自ら蛇を識る」等云云。
 経釈の心分明なり。詮ずるところは、初成道よりこのかた、此土十方にて此等の菩
薩を見たてまつらず、きかずと申すなり。
 仏、此の疑ひに答へて云はく「阿逸多、汝等昔より未だ見ざる所の者は、我是の娑
婆世界に於て阿耨多羅三藐三菩提を得已はって、是の諸の菩薩を教化し示導し、其の
心を調伏して、道意を発こさしめたり」等。
 又云はく「我、伽耶城菩提樹下に於て、坐して最正覚を成ずることを得て、無上の
法輪を転じ、爾して乃ち之を教化して初めて道心を発こさしむ。今皆不退に住せり。
乃至、我、久遠より来是等の衆を教化せり」等云云。
 此に弥勒等の大菩薩、大に疑ひをもう。
 華厳経の時、法慧等の無量の大菩薩あつまる。いかなる人々なるらんとをもへば、
我が善知識なりとをほせられしかば、さもやとうちをもひき。其の後の大宝坊、白鷺
池等の来会の大菩薩も、しかのごとし。
 此の大菩薩は、彼等にはにるべくもなきふりたりげにまします。定めて釈尊の御師
匠かなんどおぼしきを、「令初発道心」とて、幼稚のものどもなりしを教化して弟子
となせり、なんどをほせあれば大いなる疑ひなるべし。
 日本の聖徳太子は人王第三十二代用明天皇の御子なり。御年六歳の時、百済・高麗
・唐土より老人どものわたりたりしを、六歳の太子、我が弟子なりとをほせありしか
ば、彼の老人ども又合掌して我が師なり等云云。不思議なりし事なり。
 外典に申す、或者道をゆけば、路のほとりに、年三十計りなるわかものが、八十計
りなる老人をとらへて打ちけり。いかなる事ぞととえば、此の老翁は我が子なりなん
ど申すとかたるにもにたり。
 されば弥勒菩薩等疑って云はく「世尊、如来太子たりし時、釈の宮を出でて伽耶城
を去ること遠からず、道場に坐して阿耨多羅三藐三菩提を成ずることを得たまへり。
是より已来、始めて四十余年を過ぎたり。世尊、云何ぞ此の少時に於て、大いに仏事
を作したまへる」等云云。
 一切の菩薩、始め華厳経より四十余年、会々に疑ひをまうけて、一切衆生の疑網を
はらす中に、此の疑ひ第一の疑ひなるべし。
 無量義経の大荘厳等の八万の大士、四十余年と今との歴劫・疾成の疑ひにも超過せ
り。
 観無量寿経に、韋提希夫人の子阿闍世王、提婆にすかされて、父の王をいましめ母
を殺さんとせしが、耆婆・月光にをどされて母をはなちたりし時、仏を請じたてまつ
て、まづ第一の問ひに云はく、「我、宿し、何の罪ありて此の悪子を生む。世尊、復、
何等の因縁有って、提婆達多と共に眷属と為りたまふ」等云云。
 此の疑ひの中に「世尊復有何等因縁」等の疑ひは、大なる大事なり。
 輪王は敵と共に生まれず。帝釈は鬼とともならず。仏は無量劫の慈悲者なり。いか
に大怨と共にはまします。還って、仏にはましまさざるかと疑ふなるべし。
 而れども仏答へ給わず。されば観経を読誦せん人、法華経の提婆品へ入らずば、い
たづらごとなるべし。
 大涅槃経に迦葉菩薩の三十六の問ひもこれには及ばず。
 されば仏、此の疑ひを晴らさせ給はずば、一代の聖教は泡沫にどうじ、一切衆生は
疑網にかかるべし。寿量の一品の大切なるこれなり。
 其の後、仏、寿量品を説いて云はく「一切世間の天人及び阿修羅は皆、今の釈迦牟
尼仏、釈氏の宮を出でて伽耶城を去ること遠からず、道場に坐して、阿耨多羅三藐三
菩提を得たまへりと謂へり」等云云。
 此の経文は、始め寂滅道場より、終はり法華経の安楽行品にいたるまでの一切の大
菩薩等の所知をあげたるなり。
 「然るに善男子、我実に成仏してより已来、無量無辺、百千万億那由佗劫なり」等
云云。
 此の文は、華厳経の三処の「始成正覚」、阿含経に云ふ「初成」、浄名経の「始坐
仏樹」、大集経に云ふ「始十六年」、大日経の「我昔坐道場」、仁王経の「二十九年」、
無量義経の「我先道場」、法華経の方便品に云ふ「我始坐道場」等を、一言に大虚妄
なりとやぶるもんなり。
 此の過去常顕はるる時、諸仏、皆釈尊の分身なり。
 爾前・迹門の時は、諸仏・釈尊に肩を並べて各修各行の仏なり。かるがゆへに、諸
仏を本尊とする者、釈尊等を下す。今、華厳の台上・方等・般若・大日経等の諸仏、
皆釈尊の眷属なり。
 仏三十成道の御時は、大梵天王・第六天等の知行の娑婆世界を奪ひ取り給ひき。今、
爾前・迹門にして、十方を浄土とがうして、此の土を穢土ととかれしを打ちかへして、
此の土は本土なり、十方の浄土は垂迹の穢土となる。
 仏は久遠の仏なれば、迹化他方の大菩薩も教主釈尊の御弟子なり。
 一切経の中に此の寿量品ましまさずば、天に日月の無く、国に大王の無く、山河に
珠の無く、人に神のなからんがごとくしてあるべきを、華厳・真言等の権宗の智者と
をぼしき、澄観・嘉祥・慈恩・弘法等の一往権宗の人々、且つは自らの依経を讃歎せ
んために、或は云はく「華厳経の教主は報身、法華経は応身」と、或は云はく「法華
寿量品の仏は無明の辺域、大日経の仏は明の分位」等云云。雲は月をかくし、讒臣は
賢人をかくす。人讒せば黄石も玉とみへ、諛臣も賢人かとをぼゆ。
 今、濁世の学者等、彼等の讒義に隠されて、寿量品の玉を翫ばず。又、天台宗の人
々もたぼらかされて、金石一同のをもひをなせる人々もあり。
 仏久成にましまさずば、所化の少なかるべき事を弁ふべきなり。
 月は影を慳まざれども、水なくばうつるべからず。仏衆生を化せんとをぼせども、
結縁うすければ八相を現ぜず。例せば、諸の声聞が初地・初住にはのぼれども、爾前
にして自調自度なりしかば、未来の八相をごするなるべし。
 しかれば教主釈尊始成ならば、今、此の世界の梵・帝・日月・四天等は、劫初より
此の土を領すれども、四十余年の仏弟子なり。霊山八年の法華結縁の衆、今まいりの
主君にをもひつかず、久住の者にへだてらるるがごとし。
 今、久遠実成あらわれぬれば、東方の薬師如来の日光・月光、西方阿弥陀如来の観
音・勢至、乃至十方世界の諸仏の御弟子、大日・金剛頂等の両部、大日如来の御弟子
の諸大菩薩、猶、教主釈尊の御弟子なり。
 諸仏、釈迦如来の分身たる上は、諸仏の所化申すにをよばず。何に況んや、此の土
の劫初よりこのかたの日月・衆星等、教主釈尊の御弟子にあらずや。
 而るを、天台宗より外の諸宗は本尊にまどえり。
 倶舎・成実・律宗は三十四心断結成道の釈尊を本尊とせり。天尊の太子、迷惑して
我が身は民の子とをもうがごとし。
 華厳宗・真言宗・三論宗・法相宗等の四宗は大乗の宗なり。法相・三論は勝応身に
にたる仏を本尊とす。天王の太子、我が父は侍とをもうがごとし。
 華厳宗・真言宗は、釈尊を下して盧舎那・大日等を本尊と定む。天子たる父を下し
て、種姓もなき者の法王のごとくなるにつけり。
 浄土宗は、釈迦の分身の阿弥陀仏を有縁の仏とをもって、教主をすてたり。
 禅宗は、下賎の者一分の徳あって父母をさぐるがごとし。仏をさげ経を下す。
 此皆、本尊に迷へり。例せば三皇已前に父をしらず、人皆禽獣に同ぜしがごとし。
 寿量品をしらざる諸宗の者は畜に同じ。不知恩の者なり。
 故に妙楽云はく「一代教の中未だ曽て父母の寿の遠きことを顕はさず。若し父の寿
の遠きことを知らざれば、復父統の邦に迷ふ。徒に才能と謂ふも全く人の子に非ず」
等云云。
 妙楽大師は唐の末、天宝年中の者なり。三論・華厳・法相・真言等の諸宗、並びに
依経を深くみ、広く勘へて、寿量品の仏をしらざる者は、父統の邦に迷へる才能ある
畜生とかけるなり。
 「徒謂才能」とは、華厳宗の法蔵・澄観、乃至、真言宗の善無畏三蔵等は、才能の
人師なれども子の父を知らざるがごとし。
 伝教大師は日本顕密の元祖、秀句に云はく「他宗所依の経は、一分仏母の義有りと
雖も、然れども、但愛のみ有って厳の義を欠く。天台法華宗は厳愛の義を具す。一切
の賢聖、学・無学及び菩薩心を発こす者の父なり」等云云。
 真言・華厳等の経々には、種熟脱の三義、名字すら猶なし。何に況んや其の義をや。
華厳・真言経等の一生初地の即身成仏等は、経は権経にして過去をかくせり。種をし
らざる脱なれば、超高が位にのぼり、道鏡が王位に居せんとせしがごとし。
 宗々互ひに種を諍ふ。予此をあらそわず。但経に任すべし。
 法華経の種に依って、天親菩薩は種子無上を立てたり。天台の一念三千これなり。
華厳経乃至諸大乗経・大日経等の諸尊の種子、皆一念三千なり。天台智者大師、一人
此の法門を得給へり。
 華厳宗の澄観、此の義を盗んで華厳経の「心如工画師」の文の神とす。真言・大日
経等には二乗作仏・久遠実成・一念三千の法門これなし。
 善無畏三蔵、震旦に来たって後、天台の止観を見て智発し、大日経の「心実相、我
一切本初」の文の神に、天台の一念三千を盗み入れて真言宗の肝心として、其の上、
印と真言とをかざり、法華経と大日経との勝劣を判ずる時、理同事勝の釈をつくれり。
 両界の曼荼羅の二乗作仏・十界互具は一定、大日経にありや。第一の誑惑なり。
 故に、伝教大師云はく「新来の真言家は則ち筆受の相承を泯し、旧到の華厳家は則
ち影響の規模を隠す」等云云。
 俘囚の島なんどにわたって、ほのぼのといううたは、われよみたりなんど申せば、
えぞていの者はさこそとをもうべし。漢土・日本の学者、又かくのごとし。
 良ショ和尚云はく「真言・禅門・華厳・三論、乃至、若し法華等に望めば是接引門」
等云云。
 善無畏三蔵の閻魔の責めにあづからせ給ひしは此の邪見による。後に心をひるがへ
し法華経に帰伏してこそ、このせめをば脱れさせ給ひしか。
 其の後、善無畏・不空等、法華経を両界の中央にをきて大王のごとくし、胎蔵の大
日経・金剛頂経をば左右の臣下のごとくせしこれなり。
 日本の弘法も、教相の時は華厳宗に心をよせて、法華経をば第八にをきしかども、
事相の時、実慧・真雅・円澄・光定等の人々に伝へ給ひし時、両界の中央に上のごと
くをかれたり。
 例せば、三論の嘉祥は法華玄十巻に、法華経を第四時「会二破二」と定むれども、
天台に帰伏して七年つかへ「廃講散衆、身為肉橋」となせり。
 法相の慈恩は法苑林七巻十二巻に「一乗方便・三乗真実」等の妄言多し。しかれど
も玄賛の第四には「故亦両存」等と我が宗を不定になせり。言は両方なれども、心は
天台に帰伏せり。
 華厳の澄観は華厳の疏を造りて、華厳・法華相対して、法華を方便とかけるに似た
れども「彼の宗、之を以て実と為す、此の宗の立義理通ぜざること無し」等とかける
は悔い還すにあらずや。弘法も又かくのごとし。
 亀鏡なければ我が面をみず。敵なければ我が非をしらず。真言等の諸宗の学者等、
我が非をしらざりし程に、伝教大師にあひたてまつて自宗の失をしるなるべし。
 されば諸経の諸仏・菩薩・人天等は、彼々の経々にして仏にならせ給ふやうなれど
も、実には法華経にして正覚なり給へり。
 釈迦・諸仏の衆生無辺の総願は、皆此の経にをいて満足す。今者已満足の文これな
り。
 予、事の由ををし計るに、華厳・観経・大日経等をよみ修行する人をば、その経々
の仏・菩薩・天等守護し給ふらん。疑ひあるべからず。
 但し大日経・観経等をよむ行者等、法華経の行者に敵対をなさば、彼の行者をすて
て法華経の行者を守護すべし。例せば、孝子、慈父の王敵となれば、父をすてて王に
まいる。孝の至りなり。仏法も又かくのごとし。
 法華経の諸仏・菩薩・十羅刹、日蓮を守護し給ふ上、浄土宗の六方の諸仏、二十五
の菩薩、真言宗の千二百等、七宗の諸尊、守護の善神、日蓮を守護し給ふべし。例せ
ば、七宗の守護神、伝教大師をまぼり給ひしがごとしとをもふ。
 日蓮案じて云はく、法華経の二処三会の座にましましし日月等の諸天は、法華経の
行者出来せば、磁石の鉄を吸ふがごとく、月の水に遷るがごとく、須臾に来たって行
者に代はり、仏前の御誓ひをはたさせ給ふべしとこそをぼへ候に、いままで日蓮をと
ぶらひ給わぬは、日蓮法華経の行者にあらざるか。
 されば重ねて経文を勘へて、我が身にあてて身の失をしるべし。
 疑って云はく、当世の念仏宗・禅宗等をば、何なる智眼をもって法華経の敵人、一
切衆生の悪知識とはしるべきや。
 答へて云はく、私の言を出だすべからず。経釈の明鏡を出だして謗法の醜面をうか
べ、其の失をみせしめん。生盲は力をよばず。
 法華経の第四宝塔品に云はく「爾の時に多宝仏、宝塔の中に於て半座を分かち、釈
迦牟尼仏に与ふ。○爾の時に大衆、二如来の七宝の塔中の師子の座の上に在して、結
跏趺坐したまふを見たてまつる。○大音声を以て普く四衆に告げたまはく、誰か能く
此の娑婆国土に於て、広く妙法華経を説かん。今正しく是れ時なり。如来久しからず
して当に涅槃に入るべし。仏、此の妙法華経を以て、付嘱して在ること有らしめんと
欲す」等云云。第一の勅宣なり。  
 又云はく「爾の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言はく、聖
主世尊、久しく滅度したまふと雖も、宝塔の中に在して、尚、法の為に来たりたまへ
り。諸人云何ぞ勤めて法の為にせざらん。○又我が分身、無量の諸仏、恒沙等の如く
来たれるは、法を聴かんと欲す。○各妙なる土、及び弟子衆・天人・竜神、諸の供養
の事を捨てて、法をして久しく住せしめんが故に、此に来至したまへり。○誓へば、
大風の小樹の枝を吹くが如し。是の方便を以て、法をして久しく住せしむ。諸の大衆
に告ぐ、我が滅度の後に、誰か能く此の経を護持し読誦せん。今、仏前に於て自ら誓
言を説け」と。第二の鳳詔なり。
 「多宝如来、及び我が身、集むる所の化仏、当に此の意を知るべし。○諸の善男子、
各諦かに思惟せよ。此は為れ難事なり。宜しく大願を発こすべし。諸余の経典、数恒
沙の如し。此等を説くと雖も、未だ難しと為すに足らず。若し須弥を接って他方無数
の仏土に擲げ置かんも、亦未だ難しと為ず。○若し仏の滅後に、悪世の中に於て能く
此の経を説かん、是則ち難しとす。○仮使劫焼に、乾れたる草を担ひ負って、中に入
って焼けざらんも、亦未だ為れ難しと為ず。我が滅度の後に、若し此の経を持ちて、
一人の為にも説かん、是則ち難しとす。○諸の善男子、我が滅後に於て、誰か能く、
此の経を護持し読誦せん。今仏前に於て自ら誓言を説け」等云云。第三の諫勅なり。
 第四、第五の二箇の諫暁、提婆品にあり、下にかくべし。
 此の経文の心は眼前なり。青天に大日輪の懸かれるがごとし。白面に黶のあるにに
たり。
 而れども生盲の者と、邪眼の者と、一眼のものと、各謂自師の者、辺執家の者はみ
がたし。万難をすてて道心あらん者にしるしとどめてみせん。
 西王母がそののもも、輪王出世の優曇華よりもあいがたく、沛公が項羽と八年漢土
をあらそいし、頼朝と宗盛が七年秋津島にたたかひし、修羅と帝釈と、金翅鳥と竜王
と阿耨池に諍へるも、此にはすぐべからずとしるべし。
日本国に此の法顕はるること二度なり。伝教大師と日蓮となりとしれ。無眼のもの
は疑ふべし、力及ぶべからず。
 此の経文は、日本・漢土・月氏・竜宮・天上・十方世界の一切経の勝劣を、釈迦・
多宝・十方の仏、来集して定め給ふなるべし。
 問うて云はく、華厳経・方等経・般若経・深密経・楞伽経・大日経・涅槃経等は、
九易の内か六難の内か。
 答へて云はく、華厳宗の杜順・智厳・法蔵・澄観等の三蔵大師読んで云はく「華厳
経と法華経と六難の内、名は二経なれども、所説乃至理これ同じ。四門観別、見真諦
同のごとし」と。
 法相の玄奘三蔵・慈恩大師等読んで云はく「深密経と法華経とは同じく唯識の法門
にして第三時の教、六難の内なり」と。 
 三論の吉蔵等読んで云はく「般若経と法華経とは名異体同、二経一法なり」と。
 善無畏三蔵・金剛智三蔵・不空三蔵等読んで云はく「大日経と法華経とは理同、を
なじく六難の内の経なり」と。
 日本の弘法読んで云はく「大日経は六難九易の内にあらず。大日経は釈迦所説の一
切経の外、法身大日如来の所説なり」と。
 又或人云はく「華厳経は報身如来の所説、六難九易の内にはあらず」と。
 此の四宗の元祖等かやうに読みければ、其の流れをくむ数千の学徒等も、又此の見
をいでず。
 日蓮なげいて云はく、上の諸人の義を左右なく非なりといわば、当世の諸人面を向
くべからず。非に非をかさね、結句は国王に讒奏して命に及ぶべし。
 但し我等が慈父、双林最後の御遺言に云はく「法に依って人に依らざれ」等云云。
 不依人等とは、初依・二依・三依・第四依。普賢・文殊等の等覚の菩薩、法門を説
き給ふとも、経を手ににぎらざらんをば用ゆべからず。
 「了義経に依って不了義経に依らざれ」と定めて、経の中にも了義・不了義経を糾
明して信受すべきこそ候ひぬれ。
 竜樹菩薩の十住毘婆沙論に云はく「修多羅に依らざるは黒論なり、修多羅に依るは
白論なり」等云云。
 天台大師云はく「修多羅と合ふ者は録して之を用ひ、文無く義無きは信受すべから
ず」等云云。
 伝教大師云はく「仏説に依憑して口伝を信ずること莫れ」等云云。
 円珍智証大師云はく「文に依って伝ふべし」等云云。
 上にあぐるところの諸師の釈、皆一分一分、経論に依って勝劣を弁ふやうなれども、
皆、自宗を堅く信受し、先師の謬義をたださざるゆへに、曲会私情の勝劣なり。荘厳
己義の法門なり。
 仏滅後の犢子・方広、後漢已後の外典は、仏法外の外道の見よりも、三皇五帝の儒
書よりも邪見強盛なり、邪法巧みなり。
 華厳・法相・真言等の人師、天台宗の正義を嫉むゆへに、実経の文を会して権義に
順ぜしむること強盛なり。
 しかれども道心あらん人、偏党をすて、自他宗をあらそわず、人をあなづる事なか
れ。
 法華経に云はく「已今当」等云云。
 妙楽云はく「縦ひ経有って諸経の王と云ふとも、已今当説最為第一と云はず」等云
云。又云はく「已今当の妙、茲に於て固く迷ふ。謗法の罪苦長劫に流る」等云云。
 此の経釈にをどろいて、一切経並びに人師の疏釈を見るに、狐疑の氷とけぬ。
 今真言の愚者等、印・真言のあるをたのみて、真言宗は法華経にすぐれたりとをも
ひ、慈覚大師等の真言勝れたりとをほせられぬれば、なんどをもえるはいうにかいな
き事なり。
 密厳経に云はく「十地華厳等、大樹と神通・勝鬘及び余経と、皆此の経従り出でた
り。是くの如きの密厳経は、一切経の中に勝れたり」等云云。
 大雲経に云はく「是の経は即ち是諸経の転輪聖王なり。何を以ての故に。是の経典
の中に衆生の実性、仏性常住の法蔵を宣説する故なり」等云云。
 六波羅蜜経に云はく「所謂、過去無量の諸仏所説の正法、及び我今説く所の所謂八
万四千の諸の妙法蘊なり、摂して五分と為す。一には索咀纜、二には毘奈耶、三には
阿毘達磨、四には般若波羅蜜、五には陀羅尼門。此の五種の蔵をもって、有情を教化
す。
 若し彼の有情、契経・調伏・対法・般若を受持すること能はず。或は復有情、諸
の悪業四重・八重・五無間罪・方等経を謗ずる一闡提等の種々の重罪を造るに、銷滅
して速疾に解脱し、頓に涅槃を悟ることを得せしめ、而も彼が為に諸の陀羅尼蔵を説
く。
 此の五の法蔵は、譬へば乳・酪・生蘇・熟蘇・及び妙なる醍醐の如し。総持門とは
譬へば醍醐の如し。醍醐の味は乳・酪・蘇の中に微妙第一にして能く諸の病を除き、
諸の有情をして身心安楽ならしむ。総持門とは契経等の中に最も第一と為す。能く重
罪を除く」等云云。
 解深密経に云はく「爾の時に勝義生菩薩、復仏に白して言さく、世尊、初め一時に
於て、波羅ナッシ・仙人堕処・施鹿林の中に在して、唯声聞乗を発趣せん者の為に、
四諦の相を以て正法輪を転じたまひき。是甚だ奇にして、甚だ希有と為すと。一切世
間の諸の天人等、先より能く法の如く転ずる者有ること無しと雖も、而も彼の時に於
て転じ給ふ所の法輪は、有上なり有容なり、是未了義なり、是諸の諍論安足の処所な
り。
 世尊、在昔第二時の中に、唯発趣して大乗を修する者の為に、一切の法は皆無自性
・無性無滅・本来寂静にして、自性涅槃なるに依り、隠密の相を以て正法輪を転じた
まひき。更に甚だ奇にして、甚だこれ希有なりと雖も、而も彼の時に於て転じたまふ
所の法輪、亦是れ有上なり、容受する所有り。猶未だ了義ならず、是諸の諍論安足の
処所なり。
 世尊、今第三時の中に於て、普く一切乗を発趣する者の為に、一切の法は皆無自性
・無生無滅・本来寂静・自性涅槃にして、無自性の性なるに依り、顕了の相を以て正
法輪を転じたまふ。
 第一甚だ奇にして、最も希有と為すと。今に、世尊転じたまふ所の法輪は、無上無
容にして是真の了義なり。諸の諍論安息の処所に非ず」等云云。
 大般若経に云はく「聴聞する所の世・出世の法に随って、皆能く方便して般若甚深
の理趣に会入し、諸の造作する所の世間の事業も亦般若を以て法性に会入し、一事と
して法性を出づる者を見ず」等云云。
 大日経第一に云はく「秘密主、大乗行あり、無縁乗の心を発こす。法に我性無し。
何を以ての故に。彼の往昔是くの如く修行せし者の如く、蘊の阿頼耶を観察して自性
幻の如しと知る」等云云。
 又云はく「秘密主、彼是くの如く無我を捨て、心主自在にして自心の本不生を覚す」
等云云。
 又云はく「所謂、空性は根境を離れ、無相にして境界無く、諸の戯論に越えて虚空
に等同なり。乃至、極無自性」等云云。
 又云はく「大日尊、秘密主に告げて言はく、秘密主、云何なるか菩提。謂はく実の
如く自心を知る」等云云。
 華厳経に云はく「一切世界の諸の群生、声聞乗を求めんと欲すること有ること尠し。
縁覚を求むる者転復少なし。大乗を求むる者甚だ希有なり。大乗を求むる者、猶易し
と為し、能く是の法を信ずること甚だ難しと為す。況んや能く受持し、正憶念し、説
の如く修行し、真実に解せんをや。若し三千大千界を以て頂戴すること一劫、身動ぜ
ざらんも彼の所作未だ難しと為ず。是の法を信ずる者を甚だ難しと為す。大千塵数の
衆生の類に、一劫、諸の楽具を供養するも、彼の功徳未だ勝ると為ず。是の法を信ず
る者を殊勝と為す。
 若し掌を以て十仏刹を持し、虚空の中に於て住すること一劫なるも、彼の所作未
だ難し為ず。是の法を信ずる者を甚だ難しと為す。十仏刹塵の衆生の類に、一劫、諸
の楽具を供養せんも、彼の功徳未だ勝れりと為さず。是の法を信ずる者を殊勝と為す。
十仏刹塵数の諸の如来を、一劫、恭敬して供養せん。若し、能く此の品を受持せん者
の功徳、彼於も最勝と為す」等云云。
 涅槃経に云はく「是の諸の大乗方等経典、復無量の功徳を成就すと雖も、是の経に
比せんと欲するに、喩へを為すを得ざること、百倍・千倍・百千万億乃至算数譬喩も
及ぶこと能はざる所なり。善男子、譬へば牛より乳を出だし、乳より酪を出だし、酪
より生蘇を出だし、生蘇より熟蘇を出だし、熟蘇より醍醐を出だす。醍醐は最上なり。
 若し服すること有る者は衆病皆除き、所有の諸薬も悉く其の中に入るが如し。善
男子、仏も亦是くの如し。仏より十二部経を出だし、十二部経より修多羅を出だし、
修多羅より方等経を出だし、方等経より般若波羅蜜を出だし、般若波羅蜜より大涅槃
を出だす。猶醍醐の如し。醍醐と言ふは仏性に喩ふ」等云云。
 此等の経文を法華経の已今当、六難九易に相対すれば、月に星をならべ、九山に須
弥を合はせたるににたり。
 しかれども華厳宗の澄観、法相・三論・真言等の慈恩・嘉祥・弘法等の仏眼のごと
くなる人、猶此の文にまどへり。何に況んや、盲眼のごとくなる当世の学者等、勝劣
を弁ふべしや。
 黒白のごとくあきらかに、須弥・芥子のごとくなる勝劣、なをまどへり。いはんや
虚空のごとくなる理に迷はざるべしや。
 教の浅深をしらざれば、理の浅深弁ふものなし。巻をへだて文前後すれば、教門の
色弁へがたければ、文を出だして愚者を扶けんとをもう。
 王に小王・大王、一切に少分・全分、五乳に全喩・分喩を弁ふべし。
 六波羅蜜経は有情の成仏あって、無性の成仏なし。何に況んや久遠実成をあかさず。
 猶涅槃経の五味にをよばず、何に況んや法華経の迹門本門にたいすべしや。
 而るに日本の弘法大師、此の経文にまどひ給ひて、法華経を第四の熟蘇味に入れ給
へり。第五の総持門の醍醐味すら涅槃経に及ばず、いかにし給ひけるやらん。
 而るを「震旦の人師諍って醍醐を盗む」と、天台等を盗人とかき給へり。「惜しい
かな古賢、醍醐を嘗めず」等と自歎せられたり。
  此等はさてをく。我が一門の者のためにしるす。他人は信ぜざれば逆縁なるべし。
 一テイをなめて大海のしををしり、一華を見て春を推せよ。
 万里をわたって宋に入らずとも、三箇年を経て霊山にいたらずとも、竜樹のごとく
竜宮に入らずとも、無著菩薩のごとく弥勒菩薩にあはずとも、二処三会に値はずとも、
一代の勝劣はこれをしれるなるべし。
 蛇は七日が内の洪水をしる、竜の眷属なるゆへ。烏は年中の吉凶をしれり、過去に
陰陽師なりしゆへ。鳥は飛ぶ徳、人にすぐれたり。
 日蓮は諸経の勝劣をしること、華厳の澄観・三論の嘉祥・法相の慈恩・真言の弘法
にすぐれたり。天台・伝教の跡をしのぶゆへなり。彼の人々は天台・伝教に帰せさせ
給はずば、謗法の失、脱れさせ給ふべしや。
 当世、日本国に第一に富める者は日蓮なるべし。命は法華経にたてまつる。名をば
後代に留むべし。
 大海の主となれば、諸の河神皆したがう。須弥山の王に諸の山神したがわざるべし
や。法華経の六難九易を弁ふれば、一切経よまざるにしたがうべし。
 宝塔品の三箇の勅宣の上に、提婆品に二箇の諫暁あり。提婆達多は一闡提なり、天
王如来と記せらる。涅槃経四十巻の現証は此の品にあり。
 善星・阿闍世等の無量の五逆謗法の者、一をあげ頭をあげ、万ををさめ枝をしたが
ふ。一切の五逆・七逆・謗法・闡提・天王如来にあらはれ了んぬ。毒薬変じて甘露と
なる。衆味にすぐれたり。
 竜女が成仏、此一人にはあらず、一切の女人の成仏をあらわす。
 法華已前の諸の小乗教には、女人の成仏をゆるさず。諸の大乗経には、成仏往生を
ゆるすやうなれども、或は改転の成仏にして、一念三千の成仏にあらざれば、有名無
実の成仏往生なり。
 挙一例諸と申して、竜女が成仏は、末代の女人の成仏往生の道をふみあけたるなる
べし。
 儒家の孝養は今生にかぎる。未来の父母を扶けざれば、外家の聖賢は有名無実なり。
外道は過未をしれども父母を扶くる道なし。仏道こそ父母の後世を扶くれば、聖賢の
名はあるべけれ。
 しかれども法華経已前等の大小乗の経宗は、自身の得道猶かなひがたし。何に況ん
や父母をや。但文のみあって義なし。
 今、法華経の時こそ、女人成仏の時、悲母の成仏も顕はれ、達多の悪人成仏の時、
慈父の成仏も顕はるれ。此の経は内典の孝経なり。二箇のいさめ了んぬ。
 已上五箇の鳳詔にをどろきて勧持品の弘経あり。明鏡の経文を出だして、当世の禅
・律・念仏者、並びに諸檀那の謗法をしらしめん。
 日蓮といゐし者は、去年九月十二日子丑の時に頚はねられぬ。此は魂魄佐土の国に
いたりて、返る年の二月雪中にしるして、有縁の弟子へをくれば、をそろしくてをそ
ろしからず。みん人、いかにをぢぬらむ。
 此は釈迦・多宝・十方の諸仏の未来日本国、当世をうつし給ふ明鏡なり。かたみと
もみるべし。
 勧持品に云はく「唯願はくは慮ひしたまふべからず。仏滅度の後、恐怖悪世の中に
於て、我等当に広く説くべし。諸の無智の人の、悪口罵詈等し、及び刀杖を加ふる者
有らん、我等皆当に忍ぶべし。悪世の中の比丘は、邪智にして心諂曲に、未だ得ざる
を為れ得たりと謂ひ、我慢の心充満せん。或は阿練若に、納衣にして空閑に在って、
自ら真の道を行ずと謂ひて、人間を軽賎する者有らん。利養に貪著するが故に、白衣
の与に法を説いて、世に恭敬せらるることを為ること、六通の羅漢の如くならん。
 是の人悪心を懐き、常に世俗の事を念ひ、名を阿練若に仮りて、好んで我等が過
を出ださん。○常に大衆の中に在って我等を毀らんと欲するが故に、国王・大臣・婆
羅門・居士及び余の比丘衆に向かって、誹謗して我が悪を説いて、是邪見の人、外道
の論議を説くと謂はん。○濁劫悪世の中には、多く諸の恐怖有らん。悪鬼其の身に入
って、我を罵詈毀辱せん。○濁世の悪比丘は、仏の方便随宜の所説の法を知らず、悪
口して顰蹙し、数々擯出せられん」等云云。
 記の八に云はく「文に三、初めに一行は通じて邪人を明かす。即ち俗衆なり。次に
一行は道門増上慢の者を明かす。三に七行は僣聖増上慢の者を明かす。此の三の中に、
初めは忍ぶべし。次は前に過ぎたり。第三最も甚だし。後々の者は転識り難きを以て
の故に」等云云。
 東春に智度法師云はく「初めに有諸より下の五行は○第一の一偈は三業の悪を忍ぶ、
是れ外悪の人なり。次に悪世の下の一偈は、是上慢出家の人なり。第三に或有阿練若
より下の三偈は、即ち是出家の処に一切の悪人を摂す」等云云。
 又云はく「常在大衆より下の両行は、公処に向かって法を毀り人を謗ず」等云云。
 涅槃経の九に云はく「善男子、一闡提有り。羅漢の像を作して空処に住し、方等大
乗経典を誹謗せん。諸の凡夫人見已はって、皆真の阿羅漢、是大菩薩なりと謂はん」
等云云。 
 又云はく「爾の時に是の経、閻浮提に於て当に広く流布すべし。是の時に、当に諸
の悪比丘有って、是の経を抄略し、分かって多分と作し、能く正法の色香美味を滅す
べし。是の諸の悪人、復是くの如き経典を読誦すと雖も、如来の深密の要義を滅除し
て、世間の荘厳の文飾無義の語を安置す。前を抄して後に著け、後を抄して前に著け、
前後を中に著け、中を前後に著く。当に知るべし、是くの如きの諸の悪比丘は、是れ
魔の伴侶なり」等云云。
 六巻の般泥オン経に云はく「阿羅漢に似たる一闡提有って悪業を行ず。一闡提に似
たる阿羅漢あって慈心を作さん。羅漢に似たる一闡提有りとは、是の諸の衆生、方等
を誹謗するなり。一闡提に似たる阿羅漢とは、声聞を毀呰し広く方等を説くなり。衆
生に語って言はく、我汝等と倶に是菩薩なり。所以は何。一切皆如来の性有る故に。
然も彼の衆生一闡提なりと謂はん」等云云。
 涅槃経に云はく「我涅槃の後、乃至、正法滅して後、像法の中に於て当に比丘有る
べし。持律に似像して少かに経を読誦し、飲食を貪嗜し其の身を長養す。袈裟を服す
と雖も、猶猟師の細視徐行するが如く、猫の鼠を伺ふが如し。常に是の言を唱へん、
我羅漢を得たりと。○外には賢善を現はし、内には貪嫉を懐く。唖法を受けたる婆羅
門等の如し。実には沙門に非ずして沙門の像を現じ、邪見熾盛にして正法を誹謗せん」
等云云。
 夫鷲峰・双林の日月、毘湛・東春の明鏡に、当世の諸宗並びに国中の禅・律・念仏
者が醜面を浮かべたるに、一分もくもりなし。
 妙法華経に云はく「於仏滅度後恐怖悪世中」と。
 安楽行品に云はく「於後悪世」と。又云はく「於末世中」と。又云はく「於後末世
法欲滅時」と。
 分別功徳品に云はく「悪世末法時」と。
 薬王品に云はく「後五百歳」等云云。
 正法華経の勧説品に云はく「然後末世」と。又云く「然後来末世」等云云。
 添品法華経に云はく等。
 天台の云はく「像法の中の南三北七は、法華経の怨敵なり」と。
 伝教の云はく「像法の末、南都六宗の学者は法華の怨敵なり」等云云。
 彼等の時はいまだ分明ならず。
 此は教主釈尊・多宝仏、宝塔の中に日月の並ぶがごとく、十方分身の諸仏、樹下に
星を列ねたりし中にして、正法一千年・像法一千年、二千年すぎて末法の始めに、法
華経の怨敵三類あるべしと、八十万億那由佗の諸菩薩の定め給ひし、虚妄となるべし
や。
 当世は如来滅後二千二百余年なり。大地は指さばはづるとも、春は花はさかずとも、
三類の敵人必ず日本国にあるべし。
 さるにては、たれたれの人々か三類の内なるらん。又誰人か法華経の行者なりとさ
されたるらん。をぼつかなし。彼の三類の怨敵に、我等入りてやあるらん。又法華経
の行者の内にてやあるらん。をぼつかなし。
 周の第四昭王の御宇、二十四年甲寅四月八日の夜中に、天に五色の光氣南北に亘っ
て昼のごとし。大地六種に震動し、雨ふらずして江河井池の水まさり、一切の草木に
花さき菓なりたりけり。不思議なりし事なり。
 昭王大いに驚く。大史蘇由、占って云はく、「西方に聖人生まれたり」と。
 昭王問うて云はく、「此の国いかん」と。答へて云はく「事なし。一千年の後、彼
の聖言、此の国にわたって衆生を利すべし」と。
 彼のわづかの外典の一毫未断見思の者、しかれども一千年のことをしる。
 はたして仏教一千一十五年と申せし、後漢の第二明帝の永平十年丁卯の年、仏法漢
土にわたる。
 此は似るべくもなき、釈迦・多宝・十方分身の仏の御前の諸菩薩の未来記なり。
 当世日本国に、三類の法華経の敵人なかるべしや。
 されば仏、付法蔵経等に記して云はく「我が滅後に正法一千年が間、我が正法を弘
むべき人、二十四人次第に相続すべし」と。
 迦葉・阿難等はさてをきぬ。五百年の脇比丘、六百年の馬鳴、七百年の竜樹菩薩等
一分もたがわず、すでに出で給ひぬ。
 此の事いかんがむなしかるべき。此の事相違せば一経皆相違すべし。
 所謂、舎利弗が未来の華光如来、迦葉の光明如来も皆妄説となるべし。爾前返って
一定となって、永不成仏の諸声聞なり。犬野干をば供養すとも、阿難等をば供養すべ
からずとなん。いかんがせん、いかんがせん。
 第一の有諸無智人と云ふは、経文の第二の悪世中比丘と第三の納衣の比丘の大檀那
等と見へたり。
 随って妙楽大師は「俗衆」等云云。東春に云はく「公処に向かふ」等云云。
 第二の法華経の怨敵は、経に云はく「悪世の中の比丘は、邪智にして心諂曲に、未
だ得ざるを為れ得たりと謂ひ、我慢の心充満せん」等云云。
 涅槃経に云はく「是の時に当に諸の悪比丘有るべし。乃至、是の諸の悪人、復是く
の如き経典を読誦すと雖も、如来深密の要義を滅除せん」等云云。
 止観に云はく「若し信無きは、高く聖境に推して、己が智分に非ずとす。若し智無
きは、増上慢を起こして、己れ仏に均しと謂ふ」等云云。
 道綽禅師が云はく「二に理深解微なるに由る」等云云。
 法然云はく「諸行は機に非ず、時を失ふ」等云云。
 記の十に云はく「恐くは人謬り解せん者、初心の功徳の大なることを識らずして、
功を上位に推り、此の初心を蔑ろにせん。故に今、彼の行浅く功深きことを示して、
以て経力を顕はす」等云云。
 伝教大師云はく「正像稍過ぎ已はって、末法太だ近きに有り。法華一乗の機、今正
しく是其の時なり。何を以て知ることを得る。安楽行品に云はく、末世法滅の時なり」
等云云。
 慧心の云はく「日本一州円機純一なり」等云云。
 道綽と伝教と法然と慧心と、いづれ此を信ずべしや。彼は一切経に証文なし。此は
正しく法華経によれり。
 其の上日本国一同に、叡山の大師は受戒の師なり。何ぞ天魔のつける法然に心をよ
せ、我が剃頭の師をなげすつるや。
 法然智者ならば、何ぞ此の釈を選択に載せて和会せざる。人の理をかくせる者なり。
 第二の悪世中比丘と指さるるは、法然等の無戒邪見の者なり。
 涅槃経に云はく「我等悉く邪見の人と名づく」等云云。
 妙楽云はく「自ら三教を指して皆邪見と名づく」等云云。
 止観に云はく「大経に云はく、此れよりの前は、我等皆邪見の人と名づくるなり。
邪、豈悪に非ずや」等云云。
 弘決に云はく「邪は即ち是れ悪なり。是の故に当に知るべし、唯円を善と為す。復
二意有り。一には順を以て善と為し、背を以て悪と為す。相待の意なり。著するを以
て悪と為し、達するを以て善と為す。相待・絶待倶に須く悪を離るべし。円に著する
尚悪なり、況んや復余をや」等云云。
 外道の善悪は、小乗経に対すれば皆悪道、小乗の善道乃至四味三教は、法華経に対
すれば皆邪悪、但法華のみ正善なり。
 爾前の円は相待妙・絶待妙に対すれば猶悪なり。前三教に摂すれば猶悪道なり。
 爾前のごとく彼の経の極理を行ずる猶悪道なり。況んや観経等の猶華厳・般若経等
に及ばざる小法を本として、法華経を観経に取り入れて、還って念仏に対して閣抛閉
捨せるは、法然並びに所化の弟子等・檀那等は、誹謗正法の者にあらずや。
 釈迦・多宝・十方の諸仏は、「法をして久しく住せしめんが故に、此に来至したま
へり。」と。
 法然並びに日本国の念仏者等は、法華経は末法に念仏より前に滅尽すべしと、豈三
聖の怨敵にあらずや。
 第三は法華経に云はく「或は阿錬若に有り、納衣にして空閑に在って、乃至、白衣
の与に法を説いて、世に恭敬せらるることを為ること、六通の羅漢の如くならん。」
等云云。 
 六巻の般泥オン経に云はく「阿羅漢に似たる一闡提有って悪業を行ず。一闡提に似
たる阿羅漢あって慈心を作さん。羅漢に似たる一闡提有りとは、是の諸の衆生、方等
を誹謗するなり。一闡提に似たる阿羅漢とは、声聞を毀呰し広く方等を説くなり。衆
生に語って言はく、我汝等と倶に是菩薩なり。所以は何。一切皆如来の性有るが故に。
然も彼の衆生一闡提なりと謂はん」等云云。
 涅槃経に云はく「我涅槃の後、○像法の中に於て当に比丘有るべし。持律に似像し
て少かに経を読誦し、飲食を貪嗜し其の身を長養す。袈裟を服すと雖も、猶猟師の細
視徐行するが如く、猫の鼠を伺ふが如し。常に是の言を唱へん、我羅漢を得たりと。
○外には賢善を現はし、内には貪嫉を懐く。唖法を受けたる婆羅門等の如し。実には
沙門に非ずして沙門の像を現じ、邪見熾盛にして正法を誹謗せん」等云云。
 妙楽云はく「第三最も甚だし。後々の者は転識り難きを以ての故に」等云云。
 東春云はく「第三に或有阿練若より下の三偈は、即ち是出家の処に一切の悪人を摂
す」等云云。
 東春に「即ち是出家の処に一切の悪人を摂す」等とは、当世日本国には何れの処ぞ
や。
 叡山か園城か東寺か南都か、建仁寺か寿福寺か建長寺か、よくよくたづぬべし。
 延暦寺の出家の頭に、甲冑をよろうをさすべきか。園城寺の五分法身の膚に鎧杖を
帯せるか。
 彼等は経文に「納衣在空閑」と指すにはにず。「為世所恭敬如六通羅漢」と人をも
はず。又「転難識故」というべしや。
 華洛には聖一等、鎌倉には良観等ににたり。人をあだむことなかれ。眼あらば経文
に我が身をあわせよ。
 止観の第一に云はく「止観の明静なることは前代未だ聞かず」等云云。
 弘の一に云はく「漢の明帝夜夢みしより陳朝におよぶまで、禅門に預かり厠りて衣
鉢伝授する者」等云云。
 補注に云はく「衣鉢伝授とは達磨を指す」等云云。
 止の五に云はく「又一種の禅人、乃至、盲跛の師徒、二倶に堕落す」等云云。
 止の七に云はく「九の意、世間の文字の法師と共ならず、亦事相の禅師と共ならず。
一種の禅師は唯観心の一意のみ有り。或は浅く或は偽る。余の九は全く無し。此虚言
に非ず。後賢眼有らん者は当に証知すべきなり」と。
 弘の七に云はく「文字の法師とは、内に観解無くして唯法相を構ふ。事相の禅師と
は、境智を閑はず鼻膈に心を止む。乃至、根本有漏定等なり。一師唯観心の一意のみ
有る等とは、此は且く与へて論を為す。奪ふ則んば、観解倶に欠く。世間の禅人偏に
理観を尚ぶ、既に教を諳んぜず。観を以て経を消し、八邪・八風を数へて丈六の仏と
為し、五陰・三毒を合はして名づけて八邪と為し、六入を用ひて六通と為し、四大を
以て四諦と為す。此くの如く経を解するは、偽りの中の偽りなり。何ぞ浅く論ずべけ
んや」等云云。
 止観の七に云はく「昔ギョウラクの禅師、名は河海に播き、住する則んば四方雲の
如くに仰ぎ、去る則んば阡陌群を成し、隠々轟々として亦何の利益か有る。臨終に皆
悔ゆ」等云云。
 弘の七に云はく「ギョウラクの禅師とは、ギョウは相州に在り。即ち斉魏の都する
所なり。大いに仏法を興す。禅祖の一なり。其の地を王化す。時人の意を護って其の
名を出ださず。洛は即ち洛陽なり」等云云。
 六巻の般泥オン経に云はく「究竟の処を見ずとは、彼の一闡提の輩の究竟の悪業を
見ざるなり」等云云。
 妙楽云はく「第三最も甚だし、○転識り難きが故に」等。
 無眼の者・一眼の者・邪見の者は、末法の始めの三類を見るべからず。一分の仏眼
を得るもの此をしるべし。
 「向国王大臣婆羅門居士」等云云。
 東春に云はく「公処に向かひ法を毀り人を謗る」等云云。
 夫昔像法の末には、護命・修円等、奏状をささげて伝教大師を讒奏す。今末法の始
めには良観・念阿等、偽書を注して将軍家にささぐ。あに三類の怨敵にあらずや。
 当世の念仏者等、天台法華宗の檀那の、国王・大臣・婆羅門・居士等に向かって云
はく、「法華経は理深、我等は解微、法は至って深く、機は至って浅し」等と申しう
とむるは、「高推聖境非己智分」の者にあらずや。
 禅宗の云はく「法華経は月をさす指、禅宗は月なり。月をえて指なにかせん。禅は
仏の心、法華経は仏の言なり。仏、法華経等の一切経をとかせ給ひて後、最後に一ふ
さの華をもって迦葉一人にさづく。其のしるしに仏の御袈裟を迦葉に付嘱し、乃至、
付法蔵の二十八・六祖までに伝ふ」等云云。
 此等の大妄語、国中を誑酔せしめてとしひさし。
 又天台・真言の高僧等、名は其の家にえたれども、我が宗にくらし。貪欲は深く、
公家・武家ををそれて此の義を証伏し讃歎す。
 昔の多宝・分身の諸仏は、法華経の令法久住を証明す。今天台宗の碩徳は理深解微
を証伏せり。かるがゆへに日本国に、但法華経の名のみあって得道の人一人もなし。
誰をか法華経の行者とせん。
 寺塔を焼いて流罪せらるる僧侶はかずをしらず。公家・武家に諛ひて、にくまるる
高僧これ多し。此等を法華経の行者というべきか。
 仏語むなしからざれば、三類の怨敵すでに国中に充満せり。金言のやぶるべきかの
ゆへに法華経の行者なし。いかんがせん、いかんがせん。
 抑、たれやの人か衆俗に悪口罵詈せらるる。誰の僧か刀杖を加へらるる。誰の僧を
か法華経のゆへに公家・武家に奏する。誰の僧か数数見擯出と度々ながさるる。
 日蓮より外に日本国に取り出ださんとするに人なし。
 日蓮は法華経の行者にあらず、天これをすて給ふゆへに。誰をか当世の法華経の行
者として仏語を実語とせん。
 仏と提婆とは身と影とのごとし、生々にはなれず。聖徳太子と守屋とは蓮華の花果、
同時なるがごとし。
 法華経の行者あらば、必ず三類の怨敵あるべし。三類はすでにあり、法華経の行者
は誰なるらむ。求めて師とすべし。一眼の亀の浮木に値ふなるべし。
 有る人云はく、当世の三類はほぼ有るににたり、但し法華経の行者なし。汝を法華
経の行者といはんとすれば大なる相違あり。
 此の経に云はく「天の諸の童子、以て給使を為さん。刀杖も加へず、毒も害するこ
と能はず」と。
 又云はく「若し人悪罵すれば、口則ち閉塞す」等。
 又云はく「現世には安穏にして、後善処に生まれん」等云云。
 又「頭破れて七分と作ること阿梨樹の枝の如くならん」と。
 又云はく「亦現世に於て其の福報を得ん」等。
 又云はく「若し復、是の経典を受持する者を見て、其の過悪を出ださん、若しは実
にもあれ若しは不実にもあれ、此の人現世に白癩の病を得ん」等云云。
 答へて云はく、汝が疑ひ大に吉し。ついでに不審を晴らさん。
 不軽品に云はく「悪口罵詈」等。又云はく「或は杖木瓦石を以て之を打擲す」等云
云。
 涅槃経に云はく「若しは殺若しは害」等云云。
 法華経に云はく「而も此の経は如来の現在すら猶怨嫉多し」等云云。
 仏は小指を提婆にやぶられ、九横の大難に値ひ給ふ。此は法華経の行者にあらずや。
 不軽菩薩は一乗の行者といわれまじきか。
 目連は竹杖に殺さる、法華経記別の後なり。
 付法蔵の第十四提婆菩薩、第二十五の師子尊者の二人は人に殺されぬ。此等は法華
経の行者にはあらざるか。
 竺の道生は蘇山に流されぬ。法道は、火印を面にやいて江南にうつさる。此等は一
乗の持者にはあらざるか。
 北野の天神、白居易は遠流せらる、賢人にあらざるか。
 事の心を案ずるに、前生に法華経誹謗の罪なきもの、今生に法華経を行ず。これを
世間の失によせ、或は罪なきをあだすれば、忽ちに現罰あるか。
 修羅が帝釈をいる、金翅鳥の阿耨池に入る等、必ず返って一時に損ずるがごとし。
 天台云はく「今我が疾苦は皆過去に由る、今生の修福は報将来に在り」等云云。
 心地観経に云はく「過去の因を知らんと欲せば、其の現在の果を見よ。未来の果を
知らんと欲せば、其の現在の因を見よ」等云云。
 不軽品に云はく「其罪畢已」等云云。
 不軽菩薩は、過去に法華経を謗じ給ふ罪、身に有るゆへに、瓦石をかほるとみへた
り。又順次生に必ず地獄に堕つべき者は、重罪を造るとも現罰なし。一闡提人これな
り。
 涅槃経に云はく「迦葉菩薩、仏に白して言さく、世尊、仏の所説の如く、大涅槃の
光一切衆生の毛孔に入る」等云云。
 又云はく「迦葉菩薩、仏に白して言さく、世尊、云何ぞ、未だ菩提の心を発さざる
者、菩提の因を得ん」等云云。
 仏、此の問ひを答へて云はく「仏、迦葉に告げたまはく、若し是の大涅槃経を聞く
こと有って、我菩提心を発こすことを用ひずと言って正法を誹謗せん。是の人、即時
に夜夢の中に於て、羅刹の像を見て心中怖畏す。羅刹語って言はく、拙し善男子、汝
今、若し菩提心を発こさずんば、当に汝が命を断つべし。是の人惶怖し寤め已はって、
即ち菩提の心を発こす。当に知るべし、是の人は是大菩薩なりと」等云云。
 いたうの大悪人ならざる者、正法を誹謗すれば、即時に夢みてひるがへる心生ず。
 又云はく「枯木石山」等。又云はく「ショウ種甘雨に遇ふと雖も」等。又云はく
「明珠淤泥」等。又云はく「人の手に創あるに毒薬を捉るが如し」等。又云はく「大
雨空に住せず」等云云。
 此等の多くの譬へあり。
 詮ずるところ、上品の一闡提人になりぬれば、順次生に必ず無間獄に堕つべきゆへ
に現罰なし。
 例せば、夏の桀、殷の紂の世には天変なし。重科有って必ず世ほろぶべきゆへか。
 又守護神此の国をすつるゆへに現罰なきか。謗法の世をば守護神すてて去り、諸天
まぼるべからず。かるがゆへに正法を行ずるものにしるしなし。還って大難に値ふべ
し。
 金光明経に云はく「善業を修する者は、日々に衰減す」等云云。
 悪国悪時これなり。具には、立正安国論にかんがへたるがごとし。
 詮ずるところは天もすて給へ、諸難にもあえ、身命を期とせん。
 身子が六十劫の菩薩の行を退せし、乞眼の婆羅門の責めを堪へざるゆへ。
 久遠大通の者の三五の塵をふる、悪知識に値ふゆへなり。
 善に付け悪につけ、法華経をすつるは地獄の業なるべし。
 大願を立てん。
 日本国の位をゆづらむ、法華経をすてて観経等について後生をごせよ。父母の頚を
刎ねん、念仏申さずば、なんどの種々の大難出来すとも、智者に我義やぶられずば用
ひじとなり。其の外の大難、風の前の塵なるべし。
 我日本の柱とならむ、我日本の眼目とならむ、我日本の大船とならむ、等とちかい
し願やぶるべからず。
 疑って云はく、いかにとして、汝が流罪・死罪等を過去の宿習としらむ。
 答へて云はく、銅鏡は色形を顕はす。秦王験偽の鏡は現在の罪を顕はす。仏法の鏡
は過去の業因を現ず。
 般泥オン経に云はく「善男子、過去に曾て、無量の諸罪・種々の悪業を作らんに、
是の諸の罪報は、或は軽易せられ、或は形状醜陋、衣服足らず、飲食麁疎、財を求め
て利あらず、貧賎の家及び邪見の家に生まれ、或は王難に遭ひ、及び、余の種々の人
間の苦報あらん。現世に軽く受くるは、斯れ護法の功徳力に由るが故なり」等云云。
 此の経文、日蓮が身に宛も符契のごとし。狐疑の氷とけぬ。千万の難も由なし。
 一々の句を我が身にあわせん。
 「或被軽易」等云云。法華経に云はく「軽賎憎嫉」等云云。二十余年が間の軽慢せ
らる。
 或は「形状醜陋」と、又云はく「衣服不足」は予が身なり。「飲食麁疎」は予が身
なり。「求財不利」は予が身なり。「生貧賎家」は予が身なり。
 「或遭王難」等。此の経文人疑ふべしや。法華経に云はく「数数見擯出」と。此の
経文に云はく「種々」等云云。
 「斯由護法功徳力故」等とは、摩訶止観の第五に云はく「散善微弱なるは動ぜしむ
ること能はず。今、止観を修して健病虧けざれば生死の輪を動ず」等云云。
 又云はく「三障四魔紛然として競ひ起こる」等云云。
 我無始よりこのかた悪王と生まれて、法華経の行者の衣食田畠等を奪ひとりせしこ
と、かずしらず。当世、日本国の諸人の、法華経の山寺をたうすがごとし。又法華経
の行者の頚を刎ねること、其の数をしらず。
 此等の重罪はたせるもあり、いまだはたさざるもあるらん。果たすも余残いまだつ
きず。
 生死を離るる時は、必ず此の重罪をけしはてて出離すべし。
 功徳は浅軽なり。此等の罪は深重なり。権経を行ぜしには、此の重罪いまだをこら
ず。鉄を熱にいたうきたわざれば、きず隠れてみえず。度々せむればきずあらわる。
麻子をしぼるにつよくせめざれば、油少なきがごとし。
 今、日蓮、強盛に国土の謗法を責むれば、此の大難の来たるは、過去の重罪の今生
の護法に招き出だせるなるべし。
 鉄は火に値はざれば黒し、火と合ひぬれば赤し。木をもって急流をかけば、波、山
のごとし。睡れる師子に手をつくれば大いに吼ゆ。
 涅槃経に云はく「譬へば貧女の如し。居家救護の者有ること無く、加ふるに復、病
苦・飢渇に逼められて遊行乞丐す。他の客舎に止まり一子を寄生す。是の客舎の主、
駈逐して去らしむ。其の産して未だ久しからず、是の児を携抱して他国に至らんと欲
し、其の中路に於て、悪風雨に遇って寒苦並び至り、多く蚊虻・蜂螫・毒虫のスひ食
らふ所となる。恒河に径由し児を抱いて渡る。其の水漂疾なれども而も放ち捨てず。
是に於て母子遂に共倶に没しぬ。
 是くの如き女人、慈念の功徳、命終の後、梵天に生ず。文殊師利、若し善男子有
って正法を護らんと欲せば、○彼の貧女の恒河に在って、子を愛念するが為に、身命
を捨つるが如くせよ。善男子、護法の菩薩も亦、応に是くの如くなるべし。寧ろ身命
を捨てよ。○是くの如きの人、解脱を求めずと雖も、解脱自づから至ること、彼の貧
女の梵天を求めざれども、梵天自ら至るが如し」等云云。
 此の経文は、章安大師、三障をもって釈し給へり。それをみるべし。
 貧人とは法財のなきなり。女人とは一分の慈ある者なり。客舎とは穢土なり。一子
とは法華経の信心・了因の子なり。舎主駈逐とは流罪せらる。其産未久とはいまだ信
じてひさしからず。悪風とは流罪の勅宣なり。蚊虻等とは有諸無智人・悪口罵詈等な
り。母子共没とは終に法華経の信心をやぶらずして頭を刎ねらるるなり。梵天とは仏
界に生まるるをいうなり。
 引業と申すは仏界までかわらず。日本・漢土の万国の諸人を殺すとも、五逆・謗法
なければ無間地獄には堕ちず。余の悪道にして多歳をふべし。
 色天に生まるること、万戒を持てども万善をすすれども、散善にては生まれず。又
梵天王となる事、有漏の引業の上に慈悲を加へて生ずべし。
 今此の貧女が子を念ふゆへに梵天に生まる、常の性相には相違せり。
 章安の二はあれども、詮ずるところは子を念ふ慈念より外の事なし。
 念を一境にする、定に似たり。専ら子を思ふ、又慈悲にもにたり。かるがゆへに、
他事なけれども天に生まるるか。
 又仏になる道は、華厳の唯心法界、三論の八不、法相の唯識、真言の五輪観等も、
実には叶ふべしともみへず。
 但、天台の一念三千こそ、仏になるべき道とみゆれ。此の一念三千も、我等一分の
慧解もなし。而れども一代経々の中には、此の経計り一念三千の玉をいだけり。余経
の理は、玉ににたる黄石なり。沙をしぼるに油なし、石女に子のなきがごとし。
 諸経は智者猶仏にならず。此の経は愚人も仏因を種うべし。「不求解脱・解脱自至」
等云云。
 我並びに我が弟子、諸難ありとも疑ふ心なくば、自然に仏界にいたるべし。天の加
護なき事を疑はざれ。現世の安穏ならざる事をなげかざれ。
 我が弟子に朝夕教へしかども、疑ひををこして皆すてけん。つたなき者のならひは、
約束せし事を、まことの時はわするるなるべし。
 妻子を不便とをもうゆへ、現身にわかれん事をなげくらん。多生曠劫にしたしみし
妻子には、心とはなれしか、仏道のためにはなれしか、いつも同じわかれなるべし。
 我法華経の信心をやぶらずして、霊山にまいりて返ってみちびけかし。
 疑って云はく、念仏者と禅宗等を無間と申すは諍ふ心あり。修羅道にや堕つべかる
らむ。
 又、法華経の安楽行品に云はく「楽って人及び経典の過を説かざれ。亦、諸余の法
師を軽慢せざれ」等云云。
 汝、此の経文に相違するゆへに、天にすてられたるか。
 答へて云はく、止観に云はく「夫仏に両説あり。一には摂、二には折。安楽行に長
短を称せずといふが如きは、是摂の義なり。大経に刀杖を執持し、乃至、首を斬れと
いふは、是折の義なり。与奪、途を殊にすと雖も、倶に利益せしむ」等云云。
 弘決に云はく「夫仏に両説あり等とは、大経に刀杖を執持すとは、第三に云はく、
正法を護る者は五戒を受けず、威儀を修せず。乃至、下の文、仙予国王等の文。又、
新医、乳を禁じて云はく、若し更に為すこと有れば、当に其の首を断つべし。是くの
如き等の文、並びに是破法の人を折伏するなり。一切の経論此の二を出でず」等云云。
 文句に云はく「問ふ、大経には国王に親付し、弓を持ち箭を帯し、悪人を摧伏せよ
と明かす。此の経は豪勢を遠離し、謙下慈善せよと、剛柔碩いに乖く。云何ぞ異なら
ざらん。答ふ、大経は偏に折伏を論ずれども、一子地に住す。何ぞ曾て摂受無からん。
此の経は偏に摂受を明かせども、頭破七分と云ふ。折伏無きに非ず。各一端を挙げて
時に適ふのみ」等云云。
 涅槃経の疏に云はく「出家・在家、法を護らんには、其の元心の所為を取り、事を
棄て理を存して、匡しく大経を弘む。故に護持正法と言ふは小節に拘らず、故に不修
威儀と言ふなり。○昔の時は平らかにして法弘まる。応に戒を持つべし、杖を持つこ
と勿れ。今の時は嶮にして法翳る。応に杖を持つべし、戒を持つこと勿れ。今昔倶に
嶮ならば倶に杖を持つべし。今昔倶に平らかならば倶に戒を持つべし。取捨宜きを得
て一向にすべからず」等云云。
 汝が不審をば、世間の学者、多分道理とをもう。いかに諫暁すれども、日蓮が弟子
等も此のをもひすてず。一闡提人のごとくなるゆへに、先づ天台・妙楽等の釈をいだ
して、かれが邪難をふせぐ。
 夫、摂受・折伏と申す法門は、水火のごとし。火は水をいとう、水は火をにくむ。
摂受の者は折伏をわらう、折伏の者は摂受をかなしむ。
 無智・悪人の国土に充満の時は摂受を前とす、安楽行品のごとし。邪智・謗法の者
の多き時は折伏を前とす、常不軽品のごとし。
 譬へば、熱き時に寒水を用ひ、寒き時に火をこのむがごとし。草木は日輪の眷属、
寒月に苦をう。諸水は月輪の所従、熱時に本性を失ふ。
 末法に摂受・折伏あるべし。所謂、悪国・破法の両国あるべきゆへなり。日本国の
当世は悪国か、破法の国かとしるべし。
 問うて云はく、摂受の時折伏を行ずると、折伏の時摂受を行ずると、利益あるべし
や。
 答へて云はく、涅槃経に云はく、「迦葉菩薩、仏に白して言く、○如来の法身は金剛
不壊なり。而るに未だ所因を知ること能はず、云何。
 仏の言さく、迦葉、能く正法を護持する因縁を以ての故に、是の金剛身を成就する
ことを得たり。迦葉、我、護持正法の因縁にて、今、是の金剛身・常住不壊を成就す
ることを得たり。善男子、正法を護持する者は、五戒を受けず、威儀を修せず、応に
刀剣・弓箭を持つべし。
 是くの如く種々に法を説くも、然も故、師子吼を作すこと能はず。○非法の悪人
を降伏すること能はず。是くの如き比丘、自利し及び衆生を利すること能はず。当に
知るべし、是の輩は懈怠懶惰なり。能く戒を持ち浄行を守護すと雖も、当に知るべし、
是の人は能く為す所無からん。乃至、時に破戒の者有って、是の語を聞き已はって、
咸共に瞋恚して、是の法師を害せん。是の説法の者、設ひ復命終すとも、故持戒、自
利・利他と名づく」等云云。
 章安の云はく「取捨得宜不可一向」等。天台云はく「適時而已」等云云。
 譬へば、秋の終はりに種子を下し、田畠をかえさんに、稲米をうることかたし。
 建仁年中に、法然・大日の二人出来して、念仏宗・禅宗を興行す。
 法然云はく「法華経は、末法に入っては、未有一人得者・千中無一」等云云。
 大日云はく「教外別伝」等云云。
 此の両義、国土に充満せり。
 天台・真言の学者等、念仏・禅の檀那をへつらいをそるる事、犬の主にををふり、
ねづみの猫ををそるるがごとし。国王・将軍にみやつかひ、破仏法の因縁、破国の因
縁を能く説き能くかたるなり。
 天台・真言の学者等、今生には餓鬼道に堕ち、後生には阿鼻を招くべし。設ひ山林
にまじわって、一念三千の観をこらすとも、空閑にして三密の油をこぼさずとも、時
機をしらず、摂折の二門を弁へずば、いかでか生死を離るべき。
 問うて云はく、念仏者・禅宗等を責めて、彼等にあだまれたる、いかなる利益かあ
るや。
 答へて云はく、涅槃経に云はく「若し善比丘、法を壊る者を見て置いて、呵責し駈
遣し挙処せずんば、当に知るべし、是の人は仏法の中の怨なり。若し、能く、駈遣し
呵責し挙処せば、是我が弟子、真の声聞なり」等云云。
 涅槃の疏に云はく、「仏法を壊乱するは、仏法の中の怨なり。慈無くして詐り親し
むは、是れ彼が怨なり。能く糾治せん者は、是れ護法の声聞、真の我が弟子なり。彼
が為に悪を除くは、即ち是れ彼が親なり。能く呵責する者は、是れ我が弟子。駈遣せ
ざらん者は、仏法の中の怨なり」等云云。
 夫法華経の宝塔品を拝見するに、釈迦・多宝・十方分身の諸仏の来集はなに心ぞ、
「令法久住、故来至此」等云云。
 三仏の未来に法華経を弘めて、未来の一切の仏子にあたえんとおぼしめす御心の中
をすいするに、父母の一子の大苦に値ふを見るよりも、強盛にこそみへたるを、法然
いたわしともおもはで、末法には法華経の門を堅く閉ぢて、人を入れじとせき、狂児
をたぼらかして宝をすてさするやうに、法華経を抛てさせける心こそ、無慙に見へ候
へ。
 我が父母を人の殺すに父母につげざるべしや。悪子の酔狂して父母を殺すをせいせ
ざるべしや。悪人、寺塔に火を放たんに、せいせざるべしや。一子の重病を炙せざる
べしや。
 日本の禅と念仏者とを見て、制せざる者はかくのごとし。
 「慈無くして詐り親しむは、即ち、是れ彼が怨なり」等云云。
 日蓮は日本国の諸人にしうし父母なり。
 一切天台宗の人は、彼等が大怨敵なり。「彼が為に悪を除くは、則ち是れ彼が親」
等云云。
 無道心の者、生死をはなるる事はなきなり。
 教主釈尊の一切の外道に大悪人と罵詈せられさせ給ひ、天台大師の南北並びに得一
に「三寸の舌もて五尺の身をたつ」と、伝教大師の南京の諸人に「最澄未だ唐都を見
ず」等といわれさせ給ひし、皆法華経のゆへなればはぢならず。愚人にほめられたる
は第一のはぢなり。
 日蓮が御勘氣をかほれば、天台・真言の法師等悦ばしくやをもうらん。かつはむざ
んなり、かつはきくわいなり。
 夫釈尊は娑婆に入り、羅什は秦に入り、伝教は尸那に入る。提婆・師子は身をすつ。
薬王は臂をやく。上宮は手の皮をはぐ。釈迦菩薩は肉をうる。楽法は骨を筆とす。
 天台の云はく「適時而已」等云云。仏法は時によるべし。
 日蓮が流罪は今生の小苦なれば、なげかしからず。後生には大楽をうくべければ、
大いに悦ばし。


目次へ