一生成仏抄 建長七年(1255年) 聖寿三十四歳御著作


 夫無始の生死を留めて、此の度決定して無上菩提を証せんと思はば、すべからく衆生本
有の妙理を観ずべし。
 衆生本有の妙理とは妙法蓮華経是なり。故に妙法蓮華経と唱へたてまつれば、衆生本有
の妙理を観ずるにてあるなり。
 文理真正の経王なれば、文字即実相なり、実相即妙法なり。 
 唯所詮一心法界の旨を説き顕はすを妙法と名づく、故に此の経を諸仏の智慧とは云ふな
り。
 一心法界の旨とは、十界三千の依正・色心・非情草木・虚空刹土いづれも除かず、ちり
も残らず、一念の心に収めて、此の一念の心法界に遍満するを指して万法とは云ふなり。
 此の理を覚知するを一心法界とも云ふなるべし。
 但し妙法蓮華経と唱へ持つと云ふとも、若し己心の外に法ありと思はば、全く妙法にあ
らず、麁法なり。
 麁法は今経にあらず、今経にあらざれば方便なり、権門なり、方便権門の教ならば、成
仏の直道にあらず。
 成仏の直道にあらざれば、多生曠劫の修行を経て成仏すべき故に、一生成仏叶ひがたし。
 故に妙法と唱へ蓮華と読まん時は、我が一念を指して、妙法蓮華経と名づくるぞと、深
く信心を発こすべきなり。
 都て一代八万の聖教、三世十方の諸仏菩薩も我が心の外に有りとは、ゆめゆめ思ふべか
らず。然れば仏教を習ふといへども、心性を観ぜざれば全く生死を離るる事なきなり。
 若し心外に道を求めて万行万善を修せんは、譬へば貧窮の人、日夜に隣の財を計へたれ
ども、半銭の得分もなきが如し。
 然れば天台の釈の中には「若し心を観ぜざれば重罪滅せず」とて、若し心を観ぜざれば、
無量の苦行となると判ぜり。
 故にかくの如きの人をば、仏法を学して外道となると恥しめられたり。爰を以て止観に
は「仏教を学すと雖も、還って外見に同ず」と釈せり。
 然る間仏の名を唱へ、経巻をよみ、華をちらし、香をひねるまでも、皆我が一念に納め
たる功徳善根なりと信心を取るべきなり。
 之に依って浄名経の中には、諸仏の解脱を衆生の心行に求めば、衆生即菩提なり生死即
涅槃なりと明かせり。
 又衆生の心けがるれば土もけがれ、心清ければ土も清しとて、浄土と云ひ穢土と云ふも
土に二つの隔てなし。只我等が心の善悪によると見えたり。
 衆生と云ふも仏と云ふも亦此くの如し。迷ふ時は衆生と名づけ、悟る時をば仏と名づけ
たり。譬へば闇鏡も磨きぬれば玉と見ゆるが如し。只今も一念無明の迷心は磨かざる鏡な
り。是を磨かば、必ず法性真如の明鏡と成るべし。
 深く信心を発こして、日夜朝暮に又懈らず磨くべし。
 何様にしてか磨くべき、只南無妙法蓮華經と唱へたてまつるを、是をみがくとは云ふな
り。
 抑も妙とは何と云ふ心ぞや。只我が一念の心不思議なる処を妙とは云ふなり。不思議と
は心も及ばず語も及ばずと云ふ事なり。
 然ればすなはち、起こるところの一念の心を尋ね見れば、有りと云はんとすれば色も質
もなし。又無しと云はんとすれば様々に心起こる。
 有と思ふべきに非ず、無と思ふべきにも非ず、有無の二の語も及ばず、有無の二の心も
及ばず。有無に非ずして、而も有無に遍して、中道一実の妙体にして不思議なるを、妙と
は名づくるなり。
 此の妙なる心を名づけて法とも云ふなり。此の法門の不思議をあらはすに、譬へを事法
にかたどりて蓮華と名づく。
 一心を妙と知りぬれば、亦転じて余心をも妙法と知る処を妙経とは云ふなり。
 然ればすなはち、善悪に付いて起こり起こる処の念心の当体を指して、是妙法の体と説
き宣べたる経王なれば、成仏の直道とは云ふなり。
 此の旨を深く信じて妙法蓮華經と唱へば、一生成仏更に疑ひあるべからず。
 故に経文には「我が滅度の後に於て、応に斯の経を受持すべし。是の人仏道に於て、決
定して疑ひ有る事無けん」とのべ給へり。
 努々不審をなすべからず。穴賢穴賢。一生成仏の信心。

 南無妙法蓮華經、南無妙法蓮華經。
                                          日蓮 花押



目次へ