兵衛志殿御返事 建治三年(1277年)十一月二十日 聖寿五十六歳御著作


 様々な御供養の品を、使者お二人によって、送って頂きました。

 貴殿(池上宗長殿)の御志は、弁阿閣梨(日昭)殿の御文に、しっかりと書き記
されております。
 さて、何よりも、貴殿のために、もっとも大事なことを申し上げましょう。

 正法時代・像法時代におきましては、世の中に仏法の力が未だに衰えることなく、
聖人や賢人も相次いで生まれてきました。そして、諸天善神も、人々を守護しまし
た。

 しかし、末法の時代になると、人々の貧欲が次第に深くなって、主君と家臣・親
と子・兄と弟との争い事が絶え間なく起こっています。
 ましてや、他人同士の争い事は、言うまでもない有様です。
 
 これらの理由によって、諸天善神も、その国を捨ててしまえば、三災七難が起こ
るでしょう。

 あるいは、太陽が一つでなく、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つも出現した
り、草木は枯れ失せ、小河も大河も水が干上がり、大地は炭が燃えるように熱く焼
けて、大海は油のように煮えたぎってしまうことでしょう。

 そして、最終的には、無間地獄から炎が出て、上は梵天に至るまで、火炎が充満
することでしょう。

 このような災難が起こることによって、次第に、世の中は衰えていくのでありま
す。

 人々が、皆、思っていることは、「子は父に従い、臣下は主君に仕え、弟子は師
匠に違背してはならない。」ということです。
 これは、賢い人も、身分の卑しい人も、知っていることです。

 しかしながら、貪欲・瞋恚・愚痴の三毒という酒に酔って、主に敵対したり、親
を軽んじたり、師を侮ったりすることは、常に見られることです。

 ただし、師や主や親の意に随うと、悪いことになってしまう場合には、却って、
諌めた方が孝養になるということを、先にお届けした御文(注、『兄弟抄』のこと。)
に書きつけておきましたので、常に御覧下さい。

 ただし、「この度、兄上の衛門志殿(池上宗仲殿)が、再び、父上(池上康光殿)
から勘当された。」と、承りました。

 貴殿(池上宗長殿)の奥様に対して、この身延の地で申し上げたように、「兄上
の衛門志殿(池上宗仲殿)は、きっと、勘当されるに違いありません。そうなると、
兵衛志殿(池上宗長殿)は覚束無いので、奥様が、心をしっかりとお持ちなさい。」
と、言明しておきました。

 「今度こそ、貴殿(池上宗長殿)は、きっと退転しまうだろう。」と、思われます。

 貴殿(池上宗長殿)が退転することについて、とやかく申し上げるつもりは、夢々
(全く)ありません。

 ただし、地獄に堕ちてから、日蓮を恨むことがあってはなりません。
 そうなったとしても、日蓮は、一切関知しません。

 千年かかって蓄えた苅萱(注、イネ科の多年草、屋根を葺く材料として用いられ
る)も、ほんの一時で、灰になってしまいます。
 そして、百年かかって積み上げた功績も、たった一言で、無駄になってしまうこ
とは、法の道理であります。

 父上の左衛門大夫殿(池上康光殿)は、この度、法華経の敵になることが定まっ
たように、見受けられます。

 一方、兄上の衛門大夫志殿(池上宗仲殿)は、この度、法華経の行者となられる
ことでしょう。 

 おそらく、貴殿(池上宗長殿)は、現前の生計を考えて、父上(池上康光殿)の
側に付かれることでしょう。
 そして、物に狂った人々は、これを褒めることでしょう。

 かつて、平宗盛は、父の平清盛入道の悪事に随ったために、篠原の地で、源氏に
頸を切られています。
 その一方で、平宗盛の兄の平重盛は、父の平清盛に随うことなく、先に死を選ん
でいます。

 平重盛と平宗盛の兄弟は、どちらが、真の親孝行の人でありましょうか。

 もし、貴殿(池上宗長殿)が、法華経の敵となる父上(池上康光殿)に随って、
法華一乗の行者である兄上(池上宗仲殿)を捨てたならば、果たして、それが、親
への孝養となるのでしょうか。 

 結局のところ、一筋に思い切って(しっかりと覚悟を決めて)、兄上(池上宗仲
殿)と同様に、仏道を成就しなさい。

 父上(池上康光殿)は、法華経妙荘厳王品第二十七で説かれている、妙荘厳王の
如き存在です。
 そして、貴殿たち兄弟(池上兄弟)は、父の妙荘厳王を正法に帰依させた、浄蔵
と浄眼の兄弟のようになりなさい。

 昔と今と、時代は変わっても、法華経の道理が異なることはありません。

 最近でも、武蔵の入道(北条義政)は、多くの領地や家来を捨てて、出家されま
した。
 ましてや、貴殿(池上宗長殿)が、わずかな事(注、父からの家督を受けること)
を諂(へつら)って、信心が薄いために悪道へ堕ちても、日蓮を恨んではなりません。

 返す返す申し上げますが、今度ばかりは、きっと、貴殿(池上宗長殿)は退転さ
れるように思われます。

 これほどの志(注、池上宗長殿が使者二人を送って、日蓮大聖人に御供養をされ
たこと)があったにもかかわらず、かえって、悪道に堕ちてしまうことが不憫と思
われるために、このような誡めを申し上げているのです。

 百に一つも、千に一つも、貴殿(池上宗長殿)が日蓮の義に付こうとお思いである
ならば、父上(池上康光殿)に向かって、次のように言い切りなさい。

 「親の言い付けには、どのようにしても随うべきでしょう。
 しかし、法華経の御敵になるのでしたら、父上(池上康光殿)に随っては、不孝の身と
なるでしょう。

 故に、私(池上宗長殿)は、父上を捨てて、兄上(池上宗仲殿)に付きます。
 父上(池上康光殿)が兄上(池上宗仲殿)を捨てられるようなことがあれば、『兄上
(池上宗仲殿)と私(池上宗長殿)は、一心同体である。』と、お思いください。」
と。

 少しも、恐れる心があってはなりません。

 過去遠々劫より法華経を信じてきても、今まで、仏に成れなかった原因は、この
ことにあります。

 潮の干潮と満潮、月の出入り、夏と秋、冬と春の境目には、必ず、これまでと相
違することが起こります。

 凡夫が仏に成ることも、また、これと同様であります。
 凡夫が仏に成る時には、必ず、三障四魔という障りが出てきます。
 三障四魔の出来を、賢者は喜び、愚者は退くものであります。

 この件につきましては、「改めて申し上げるか、または、何かの機会があれば。」
と、思っていました。
 そんな折りに、貴殿(池上宗長殿)の使者お二人が来られました。
 とても有難いことです。

 「貴殿(池上宗長殿)が退転されてしまうのであれば、よもや、使者お二人を遣わすこ
とはなかったであろう。」と、思われます。
 そこで、「もしや、日蓮の誡めを、貴殿がお聞き下さるのではないか。」と思った故に、
申し上げている次第であります。

 仏に成るということは、こちら側の須弥山に針を立てた所に、あちら側の須弥山
から糸を投げて、針の穴に通すことよりも難しいことです。
 ましてや、強い逆風が吹きつけてきたならば、なお一層難しいことでしょう。

 法華経常不軽菩薩品第二十には、「億々万劫の遠い昔から、不可思議劫に至るま
での長い時を経て、この法華経を聞くことが出来たのである。億々万劫の遠い昔か
ら、不可思議劫に至るまでの長い時を経て、諸仏世尊は、この法華経をお説きにな
られたのである。それ故に、仏の滅後において、行者は、このような尊き経(法華
経)を聞いて、疑惑を生じてはならない。」等と、仰せになられています。

 この法華経常不軽菩薩品第二十の経文は、法華経二十八品の中でも、特に珍重すべき
御文であります。 

 法華経では、序品第一から法師品第十までの御説法の会座には、等覚の菩薩を始
めとして、人界・天界、四衆(僧・尼・男性の在家・女性の在家)、八部(天・竜・
夜叉・乾闥婆・阿修羅・迦楼羅・緊那羅・摩喉羅伽)等、数多くの方がいらっしゃ
いました。

 けれども、仏は、ただ、釈迦如来御一仏だけでありました。
 従って、重要な教えが説かれてはおりますが、軽いところがなかったわけではあ
りません。

 続いて、見宝塔品第十一から嘱累品第二十二までの十二品には、なお一層、重要
な教えが説かれています。
 その理由は、釈迦如来の御前に、多宝如来の宝塔が大地から涌き現われたことに
あります。
 その御姿は、あたかも、月の前に、太陽が現れたようなものでありました。

 また、十方の諸仏がお集まりになって、菩提樹の下にお座りになっています。
 その様子は、まるで、十方世界すべての草木の上に、火を灯したかのようです。

 法華経常不軽菩薩品第二十の教えは、このような情景の御前で、宣せられた御文であ
ります。 

 涅槃経には、「無数無量劫の昔から、これまで、常に、衆生は苦悩を受けてきた。
一人一人の衆生が、一劫という長い時間の中で積み重ねた身体の骨は、王舎城の近
くにある毘富羅山の如く、大量である。その間に飲んだ乳は、須弥山の四方を取り
巻く四海の如く、多量である。その身体から出した血は、四海の水よりも多い。ま
た、父母・兄弟・妻子・眷属の臨終の際に流した涙は、四大海よりも多い。そして、
大地に生えた草木を、すべて四寸の数取棒にして、父母を数えたとしても、決して、
数え尽くすことは出来ないであろう。」と、云われています。

 この涅槃経の経文は、釈尊が御入滅される際に、沙羅双樹の下で、臥して語られ
た御言葉です。
 故に、もっとも、心に留めておくべきであります。 

 この涅槃経の経文は、「無量劫以来、我々衆生を生んだ父母は、十方世界の大地
の草木を、すべて四寸の数取棒に切って、換算したとしても、数が足らない。」と
いう意味であります。

 このように、数多くの父母には会ってきたけれども、未だに、法華経(御本尊)
には会うことが出来なかったのであります。
 であるならば、「父母に会うことは容易であっても、法華経(御本尊)には会い
難い。」ということになります。

 今度、貴殿(池上宗長殿)は、会うことが容易な父母の言葉に背いたとしても、
会い難き法華経(御本尊)の友に離れなければ、貴殿(池上宗長殿)の身が仏に成る
だけではなく、法華経(御本尊)に背いた親をも一緒に、成仏の道へと導くことが出来
るのであります。

 例えば、悉達太子として生まれた釈尊は、浄飯王の嫡子でありました。
 浄飯王は、「悉達太子に国を譲って、国王として即位させよう。」と、思っていました。
 そして、既に、悉達太子を、太子(皇太子)の位に就任させていました。

 ところが、悉達太子は、浄飯王の御心に背いて、夜中に城から逃げ出されてしま
いました。
 そのため、「悉達太子は、不孝の者である。」と、恨まれました。

 けれども、悉達太子が釈尊として仏になられた後には、まず、父の浄飯王と母の
摩耶夫人をお導きになられたのであります。

 世の中の親というものは、どの親であっても、「世を捨てて、仏になりなさい。」
とは、決して言わないものです。
 
 今回の件は、とにもかくにも、持斎や念仏者が貴殿(池上宗長殿)を退転させようと
して、父上(池上康光殿)をそそのかして堕としたのであります。

 両火房(注、極楽寺良観のこと。文永十二年に、極楽寺からの出火によって、極
楽寺と鎌倉の御所が焼失したことを、日蓮大聖人が皮肉めかされた表現。)は、百
万遍の念仏を唱えるように勧めて、人々の内心を塞ぎ止めようとしています。
 それによって、「法華経(御本尊)の仏種を断絶させようと謀っている。」と、聞い
ております。

 極楽寺殿(注、執権北条重時のこと)は、立派な人物でありました。
 けれども、念仏者等に騙されて、日蓮を怨んだために、御自分の身だけでなく、
その一門まで滅亡してしまいました。

 現在では、越後守殿(注、北条重時の五男・北条業時のこと)一人だけが、この
世に残っています。

 それでも、「両火房を信用している人々が立派である。」と、御覧になっているので
しょうか。

 善覚寺や長楽寺や大仏殿を建立された名越の一門が、どのような結末を迎えたのか。
 そのことを、見つめ直して下さい。

 また、守殿(注、執権北条時宗のこと)は、日本国の主でありますが、一閻浮提に
及ぶほどの勢力を持つ巨大な敵(蒙古)から、攻められています。

 貴殿(池上宗長殿)が兄上(池上宗仲殿)を捨てて、父上(池上康光殿)から家督
を譲られたとしても、千万年も栄えることは難しいでしょう。
 かえって、わずかの間に、滅んでしまうかも知れません。
 ましてや、いつまでも、この世が存続するとも思えません。

 であるならば、よくよく思い切って、ひたすらに、後世の成仏を祈るべきでありま
す。

 このように申し上げても、この手紙は、無駄になってしまうかも知れません。
 そう思うと、筆を運ぶのも辛い事ではありますが、後々に思い出していただくため
に、文を記して申し上げる次第です。

 恐々謹言

 建治三年十一月二十日                       日蓮 花押

 兵衛志殿御返事




■あとがき

 兄の池上宗仲殿は、『兄弟抄』を賜った直前(建治二年)に、父の池上康光殿か
ら勘当されています。
 その後まもなく、池上宗仲殿の勘当は解かれたものの、建治三年十一月に、再び
勘当を受けています。

 その知らせを受けられた直後に、日蓮大聖人がお書きになられた御書が、この『兵
衛志殿御返事』になります。    

 強信であった池上宗仲殿への勘当には、建治三年六月九日に、鎌倉の桑ヶ谷の地
で行われた『桑ヶ谷問答』において、大聖人の弟子の三位房日行に敗北した極楽寺
良観と竜象房が、その復讐のために、父の池上康光殿をそそのかしたことが背景に
あります。

 なお、四条金吾殿も、「『桑ヶ谷問答』において、四条金吾は徒党を組んで、暴
力沙汰を行った。」等と、極楽寺良観と竜象房から讒言されたために、主君の江間
光時殿から『下し文』を受けています。

 江間光時殿からの『下し文』には、四条金吾が信仰を止める旨の『起請文』を提
出すること、及び、その命に従わない場合には所領を没収される旨の通告が記され
ていました。

 その反駁のための『陳状』の案文として、日蓮大聖人が四条金吾殿に送られた御
書が、建治三年六月二十五日にお記しになられた『頼基陳状』になります。  了


 
■あとがき

 『兵衛志殿御返事』の連載は、今回で終了します。

 果たして、兵衛志殿(池上宗長殿)は、父の池上康光殿からの家督を譲られること
を選択するのか、それとも、兄の池上宗仲殿と共に信仰を持つことを選択するのか。

 その結果は、次回から連載させて頂く、『兵衛志殿御書』に記されています。  了


目次へ