報恩抄送文 建治二年(1276年)七月二十六日 聖寿五十五歳御著作


 御手紙を頂戴して、拝見しました。

 親しい方であろうと、疎遠の方であろうと、法門(日蓮大聖人の下種仏法の法門)
というものは、信じない人に対して、語るような事があってはなりません。
 どうか、御心得ください。

 御本尊を図顕して、進呈致します。

 この法華経を弘教するに際しては、仏(釈尊)の御在世よりも仏(釈尊)の御入滅
後、正法時代よりも像法時代、像法時代よりも末法の初めとなるに従って、次第に、
仏法の怨敵が強くなっていく旨を、しっかり心得えておく必要があります。

 ならば、日本国において、私(日蓮大聖人)より、他に、法華経の行者はおりませ
ん。
 この事を、清澄寺の皆人(皆様)は、御存知のことでしょう。


 道善御房が御逝去された旨を、先月の時点で、概ね、伺っておりました。

 本来であれば、「私(日蓮大聖人)自身が早々に参上して、この御房も、追って、
派遣するべきである。」と、考えています。

 ところが、私(日蓮大聖人)自身は、そのように思っていなくても、人目から、世
を隠遁した(注、日蓮大聖人が三度の国家諫暁を果たされた後に、身延へ御入山され
たことを指す。)ように見られておりますので、何があっても、この山(身延山)を出る訳
には参りません。

 また、内々の話として、「宗論(宗教上の法論)があるかも知れない。」と、人が
申しております。
 それ故に、十方に手分けをして、経論等を探す必要があったため、国々の寺々へ、
人を多く派遣しました。

 この御房は、駿河の国(静岡県)へ派遣しておりました。
 そして、つい先日、戻って参りました。そこで、今度は、清澄寺へ派遣させることに
致します。

 また、この文(報恩抄)には、随分と、仏法の大事の中でも、最も大事となる事柄
(注、正法時代・像法時代には未弘であった、本門の本尊・本門の戒壇・本門の題目
に関する御指南等。)を書いてあります。

 そのため、仏法に対する理解のない人々に、この文(報恩抄)の内容を聞かせると、
かえって、悪い事態を招いてしまいます。

 また、たとえ、そうでなかったとしても、この文(報恩抄)の存在が周知されれば、
自ずと、他の人々の耳にも、この文(報恩抄)の内容が聞こえてくることになります。

 因って、そのような事態になれば、貴殿(浄顕房)も、私(日蓮大聖人)も、安穏
な状態を保つことが出来なくなるでしょう。

 貴殿(浄顕房)と義城房のお二人で、この御房を読み手として、清澄寺の嵩が森の
頂で二・三遍、また、故道善御房の御墓前で一遍、この文(報恩抄)をお読みになっ
て下さい。

 その後には、この御房に、この文(報恩抄)をお預けになった上で、常に、御聴聞
なさって下さい。

 度々、この文(報恩抄)に接していけば、お氣づきになることがあるでしょう。

 恐々謹言

 建治二年(1276年)七月二十六日            日蓮 花押

 清澄御房 (浄顕房)



目次へ