聖人等御返事 弘安二年(1279年)十月十七日 聖寿五十八歳御著作


 貴殿(日興上人)が十月十五日の酉時(午後六時頃)に出された御文が、同じく、
十月十七日の酉時(午後六時頃)に、私(日蓮大聖人)の許へ到着しました。

 その御文には、「神四郎殿・弥五郎殿・弥六郎殿(熱原三烈士)が御勘氣(処刑)
を蒙った際に、南無妙法蓮華經と唱え奉っていた。」と、記されていました。

 これは、偏(ひとえ)に、只事ではありません。

 必ずや、平左衛門尉頼綱の身に、十羅刹女が入れ替わって、法華経の行者である神
四郎殿・弥五郎殿・弥六郎殿(熱原三烈士)の御信心を試みられたのでしょう。

 例えてみれば、釈尊が過去世において、雪山童子・尸毘王等の御姿で法を求められ
ていた頃、帝釈天王が悪鬼と変じて、御信心を試みられたようなものであります。
 はたまた、悪鬼が、平左衛門尉頼綱の身に入ったからでしょうか。

 釈迦如来・多宝如来・十方の諸仏・大梵天王・帝釈天王等が、五五百歳(末法)の
法華経の行者を守護する旨の御誓いを果たされるのは、今この時であります。 

 龍樹菩薩は、『大智度論』において、「能(よ)く、毒を変じて、薬と為す。(能変毒
為薬)」と、云われています。

 天台大師は、『摩訶止観』において、「毒を変じて、薬と為す。(変毒為薬)」と、
云われています。

 『妙』の字が虚偽でなければ、必ずや、即座に、賞罰が有ることでしょう。

 伯耆房(日興上人)等は、深く、この旨を承知して、問注(裁判)を遂行しなければ
なりません。
 
 平左衛門尉頼綱には、「去る文永の御勘氣の時に、日蓮大聖人が仰せになられたこ
と(注、龍口法難の際に、日蓮大聖人が平左衛門尉頼綱に御諫言を為されたこと。)
を、汝はお忘れになったのか。その災いは、未だに完了していない。にもかかわらず、
重ねて、十羅刹女の罰を招き取るようなことを為さるのか。」と、最後に申し付ける
ようにしなさい。

 恐々謹言

 弘安二年十月十七日 戌時(午後八時頃)         日蓮 花押 

 聖人等御返事 


  追伸

 この事(行智等の悪事)を述べたならば、当方(日蓮門下)には過失がないことを、
人は皆、申すことになるでしょう。

 また、大進房の落馬の事件によっても、現罰が顕れております。
 このように現罰が顕れてくれば、人々は、特に怖れるでしょう。
 まさしく、大進房の落馬は、天の御計らいであります。 

 各々方におかれましては、怖れるようなことがあってはなりません。
 信心を強く持っていけば、必ずや、子細(現証)が出て来ることを、憶えておいて
ください。

 今度からは、使者として、淡路房を派遣させてください。




■あとがき

 今回から、『聖人等御返事』を連載致します。
 北山本門寺には、日興上人御直筆の『聖人等御返事』の古写本が現存しております。


 『聖人等御返事』の対告衆は、一応、日興上人になります。

 けれども、「『聖人等御返事』の“聖人等”の御言葉には、熱原法難に身命を捧げ
られた神四郎殿・弥五郎殿・弥六郎殿に対する、日蓮大聖人からの最大級の賞賛と感謝
の意も含まれているのではないか。」と、筆者は考えています。

 白米一俵御書に曰く、「さればいにしへの聖人賢人と申すは、命を仏にまいらせて、
仏にはなり候なり。」と。  了



■あとがき

 今回をもちまして、『聖人等御返事』の連載は終了しました。
 また、熱原法難関連御書の連載も、今回が最後になります。

 熱原法難関連御書の最終回にあたりまして、熱原法難から19年後の永仁六年
(1298年)に、日興上人がお認めになられた『本尊分与帳』の御金言を紹介させて
頂きます。

-------------------------------------- 

  在家人弟子分

 富士下方熱原郷の住人神四郎兄
 富士下方同郷の住人弥五郎弟
 富士下方熱原郷の住人弥六郎

 此の三人は越後房(日弁師)・下野房(日秀師)の弟子二十人の内なり。
 弘安元年信じ始め奉る処、舎兄弥藤次入道の訴に依って鎌倉に召し上げられ、終に
頸を切られ畢んぬ。平左衛門入道の沙汰なり。
 子息飯沼判官〈十三歳〉ひきめを以て散々に射って念仏を申すべきの旨、再三之を
責むと雖も、二十人更に以て之を申さざる間、張本三人を召し禁めて断罪せしむる所
なり。枝葉十七人は禁獄せしむと雖も、終に放たれ畢んぬ。 
 (中略)
 其の後十四年を経て平入道判官父子、謀叛を発して誅せられ畢んぬ。父子これただ
事にあらず、法華の現罰を蒙れり。

-------------------------------------- 

 改めて、熱原法難に御尽力された日興上人・日秀師・日弁師の御辛労と、熱原法難
に尊い命をお捧げになられた神四郎殿・弥五郎殿・弥六郎殿の死身弘法の御精神に、
謹んで、合掌を申し上げる次第でございます。   了


目次へ