伯耆殿御返事  弘安二年(1279年)十月十二日 聖寿五十八歳御著作


 大体此の趣を以て書き上ぐべきか。但し熱原の百姓等安堵せしめば、日秀等別に問
注有るべからざるか。
 大進房・弥藤次入道等の狼藉の事に至っては、源行智の勧めに依りて殺害刃傷する
所なり。
 若し又起請文に及ぶべき事、之を申さば全く書くべからず。其の故は、人に殺害刃
傷せられたる上、重ねて起請文を書き失を守るは、古今未曽有の沙汰なり。
 其の上、行智の所行書かしむる如くならば、身を容るる処なく行なふべきの罪方無
きか。穴賢穴賢。
 此の旨を存じ、問注の時強々と之を申せ。定めて上聞に及ぶべきか。
 又行智証人を立て申さば、彼等の人々行智と同意して、百姓等が田畠数十苅り取る
由、之を申せ。若し又証文を出ださば、謀書の由之を申せ。悉く証人の起請文を用ふ
べからず。但現証の殺害刃傷のみ。
 若し其の義に背く者は、日蓮の門家に非ず、日蓮の門家に非ず。

 恐々謹言 

 弘安二年十月十二日                  日蓮 花押 

 伯耆殿 
 日秀 日弁等へ下す



目次へ