春初御消息 弘安五年(1282年)一月二十日 聖寿六十一歳御著作


 伯耆殿(日興上人)がお書きになっていた事を、とても喜んでおります。

 新しい年を迎えて、春の初めの御悦びというものは、木に花が咲くようなもの
であり、山に草が生えてくるようなものでありますから、私も他の人々も、たい
へん嬉しいものであります。

 さて、あなた(南条時光殿)から御送りいただいた日記、米一俵、白塩一俵、
蒸餅三十枚、芋一俵を受け取らせていただきました。

 身延の深い山の中では、白い雪が三日間降り続いたために、庭では一丈(約3
メートル)ほど、雪が積もりました。
 白い雪が降り積もったために、谷は銀嶺となり、銀嶺は天にそびえています。
 鳥や鹿は庵室(栖)に入り、樵牧(樵夫と牧夫→木こりと牛馬を飼う人)も、
この山に入ってくる事はありません。

 着る衣は薄く、食物も絶えてしまいました。
 夜は、雪山の寒苦鳥のようになっています。
 昼は、里へ出たいと思う心を、捨て去ることが出来ません。
 既に、読經の声も絶えて、観念の心も薄くなってしまいました。

 今生において、仏道修行を退転してしまえば、未来において、三千塵点劫・五
百塵点劫という極めて長遠な時を經なければ、成仏することが出来なくなる事を
嘆いていた時に、あなた(南条時光殿)から御供養をお届けいただいたことによ
って、私は命を継ぐことが出来ました。

 それによって、あなたと、再びお会いすることも出来るであろうかと思うと、
嬉しくなって参ります。
 
(注、雪山の寒苦鳥とは、仏教の説話における想像上の鳥のことである。インド
の雪山に住むものの、巣を作らないために、常に寒苦に喘いでいると云われる。
精進を怠ることによって、仏道修行を全うすることの出来ない愚かさを、雪山の
寒苦鳥の姿に譬えられている。日蓮大聖人が御自身を卑下されながら、雪山の寒
苦鳥の説話をお用いになられた理由は、刹那的な人間が陥りがちな懈怠謗法を浮
き彫りにして、仏道修行の退転を誡める目的であったものと、拝察される。)

 まだ、過去世の仏が凡夫であった頃、五濁乱漫の世に、日蓮のような飢えた
法華經の行者を養うことによって、成仏することが出来たものと存じます。

 法華經が真実の教えであるならば、この功徳(南条時光殿が御供養をされたこ
と)によって、お亡くなりになられたお父様(南条兵衛七郎殿)が成仏されている
ことは、間違いありません。

 故五郎殿(南条時光殿の弟にあたる、弘安三年に逝去された南条七郎五郎殿)
も、今頃は、霊山浄土にお参りになられて、お父様の故殿(南条兵衛七郎殿)に
御頭を撫でられているかと思うと、いくら涙を拭っても、涙が止まりません。

 恐恐謹言

 正月二十日                         日蓮 花押 

 上野殿御返事 


  追伸

 手紙にて申し上げる事は恐縮でありますので、くれぐれも、伯耆殿(日興上人)
におかれましては、この手紙を読んで、南条時光殿へお聞かせになって下さい。



目次へ