白米一俵御書 弘安三年(1280年) 聖寿五十九歳御著作


 白米一俵・毛芋一俵・河苔一篭、貴殿(南条時光殿)が御遣いを以って、わざわざ
送って頂きました。

 人間には、二つの財が必要です。
 一には『衣』、二には『食』であります。

 ある経典には、「有情は、食に依って、住することが出来る。」と、説かれていま
す。
 この経文の真意は、「生ある者は、衣と食に依って、世に住むことが出来る。」と
いうことです。

 魚は、水の中に住んでいます。故に、水を宝としています。
 木は、地の上に生えています。故に、地を財としています。
 人は、食に依って、生きていくことが出来ます。故に、食を財としています。
     
 命という物は、一切の財の中において、第一の財であります。

 ある経典には、「遍満三千界・無有直身命」と、説かれています。
 つまり、「三千大千世界に満ち溢れた財があったとしても、命には代えられない。」
ということです。

 従って、命は、灯のようなものです。そして、食は、油のようなものです。
 油が尽きてしまえば、灯は消えてしまいます。そして、食が無ければ、命は絶えて
しまいます。
     
 一切の神・仏を敬い奉る始めの句には、『南無』と云う文字を置いています。

 「『南無』と云うことは、如何なる事か。」と申しますと、『南無』と云う言葉は、
天竺(インド)の言葉であります。
 漢土(中国)・日本においては、『帰命』と訳します。
 『帰命』と云うことは、「我が命を、仏に奉る。」と云う意味になります。

 我が身においては、各々の分に随って、妻子・眷属・所領・金銀等を持っている人
々もいれば、その一方で、それらの財を持っていない人々もいます。
 しかし、財を持っている人々も、財を持っていない人々も、『命という財』に超過
している財を、誰一人として、所持している訳ではありません。

 それ故に、古の聖人・賢人と呼ばれる方々は、御自らの命を仏に奉ることによって、
仏に成られたのであります。


 所謂、雪山童子という人は、身を鬼神に委ねられて、『生滅滅已・寂滅為楽』の八
字を習われています。

 薬王菩薩という人は、臂を焼くことを以って、燈明と為されて、法華経に奉ってい
ます。

 我が日本国の朝廷においても、聖徳太子という人は、手の皮をはいで、法華経を書
き奉っています。
 天智天皇という国王は、『無名指』という指(薬指)を焚いて、釈迦仏に奉ってい
ます。

 これらの故事は、賢人・聖人が行われた事でありますので、我等には、行い難い事
になります。
                 
 ただし、仏に成るためには、大切なことがあります。
 それは、「凡夫は、『志』と云う文字を心得て、仏に成ることが出来る。」という
ことです。

 では、「『志』と云うことは、如何なる事であるのか。」と委細に考えてみれば、
『観心の法門』ということになります。

 そして、「『観心の法門』と云うことは、如何なる事であるのか。」と尋ねてみれ
ば、ただ一枚しか所持していない衣を、法華経に奉ることが、身の皮を剥ぐことにな
るのであります。

 また、飢えた世において、「この食物を手放してしまったら、今日の命を継ぐこと
が出来ない。」という時に、ただ一つしか所持していない食物を、仏に奉ることが、
身命を仏に供養することになります。


 この事は、薬王菩薩が肘を焼かれた事や、雪山童子が身を鬼神に捧げられた事にも、
全く劣らない功徳であります。

 因って、聖人の御為には、『事供養』となります。凡夫の為には、『理供養』とな
ります。
 摩訶止観の第七巻に説かれている、『観心の檀波羅蜜(布施)』という法門は、こ
の事を指します。

 真の道は、世間の事法に通じるのであります。

 金光明経においては、「もし、深く世法を識れば、即ち、是れ仏法なり。」と、お
説きになられています。

 涅槃経においては、「一切世間の外道の経書は、皆、是れ仏説にして、外道の説に
非ず。」と、仰せになられています。

 それらの経文を、妙楽大師は、法華経第六巻(法師功徳品第十九)の「一切世間の
治生産業は、皆、実相と相違背せず。」と仰せの経文に引き合せられることによって、
仏の心(御真意)を明らかにされています。

 上記の金光明経・涅槃経の二経は、深心の経々であります。
 けれども、それらの経々は、法華経に比較すると、未だに教えが浅いため、及ぶも
のではありません。
 従って、世間の法を、仏法に関連づけることによって、仏の心(御真意)を、衆生
に知らせているのであります。


 ところが、法華経は、そういう主旨の教えではありません。
 「やがて、世間の法が、仏法の全体となっていく。」と、御解釈されているのであ
ります。

 爾前の経々の真意は、「心より、万法を生ずる。」ということです。
 それを譬えると、「心は、大地の如し。草木は、万法の如し。」ということになり
ます。

 しかし、法華経においては、「心、即ち、大地。大地、即ち、草木。」ということ
になります。

 爾前の経々の真意は、「心が澄んでいることは、月の如し。心が清いことは、花の
如し。」ということです

 しかし、法華経においては、「月こそ、心よ。花こそ、心よ。」という法門になり
ます。


 これらの事を以って、御認識下さい。

 貴殿(南条時光殿)が贈られた白米は、単なる白米ではありません。
 貴殿(南条時光殿)が贈られた白米は、即ち、『命』であります。

 私(日蓮大聖人)は、美食を好む者ではありません。
 また、私(日蓮大聖人)の力が及ばないため、現在、身延の山林に交わって(隠居
をして)います。

 けれども、凡夫の身であるが故に、冬の寒さも忍び難く、夏の暑さも防ぎ難い状況
です。そして、何より、食が乏しくなっています。

 「万里の彼方へ旅をした人が、一食(わずかな食)に対して、忍び難い思いをした。」
という故事があります。
 また、中国には、「子思と孔子が、百日間に、九回だけの食事に耐えた。」という
故事があります。

 しかし、私(日蓮大聖人)の状況は、それ以上のものです。
 読経の声も絶えています。観心の心も疎かになっています。

 そのような折に、この度の御訪い(御供養)は、只事ではありません。
 教主釈尊の御勧めによるものでしょうか。はたまた、過去世からの宿習の御催しに
よるものでしょうか。

 それらの詳細は、紙上に尽し難いものがあります。
 恐々謹言。



■あとがき

 今回より、『白米一俵御書』を連載致します。『白米一俵御書』は、別名を、『事
理供養御書』とも云います。

 『白米一俵御書』の対告衆は、南条時光殿です。そして、『白米一俵御書』の御真
跡は、大石寺に現存しています。   了



■あとがき

 新年、明けましておめでとうございます。本年も、宜しくお願い申し上げます。

  【 親思ふ こころにまさる 親ごころ けふのおとずれ 何ときくらむ 】

                              - 吉田松陰 -


 新年にあたりまして、読者の皆様のご多幸とご健勝を祈念致します。   了


          
■あとがき

 今回をもちまして、『白米一俵御書』の連載は終了しました。
 次回からは、『法華証明抄』の連載を配信します。   了
 


目次へ