檀越某御返事 弘安元年(1278年)四月十一日 聖寿五十七歳御著作


 御文うけ給はり候ひ了んぬ。
 日蓮流罪して先々にわざわいども重なりて候に、又なにと申す事か候べきとはをもへど
も、人のそんぜんとし候には不可思議の事の候へば、さが候はんずらむ。
 もしその義候わば、用ひて候はんには百千億倍のさいわいなり。
 今度ぞ三度になり候。法華経もよも日蓮をばゆるき行者とわをぼせじ。
 釈迦・多宝・十方の諸仏、地涌千界の御利生、今度みはて候はん。あわれあわれさる事
の候へかし。
 雪山童子の跡ををひ、不軽菩薩の身になり候はん。いたづらにやくびゃうにやをかされ
候はんずらむ。をいじににや死に候はんずらむ。あらあさましあさまし。
 願はくは法華経のゆえに国主にあだまれて、今度生死をはなれ候はばや。
 天照太神・正八幡・日月・帝釈・梵天等の仏前の御ちかい、今度心み候ばや。
 事々さてをき候ひぬ。各々の御身の事は此より申しはからうべし。
 さでをはするこそ、法華経を十二時に行ぜさせ給ふにては候らめ。あなかしこあなかし
こ。
 御みやづかいを法華経とをぼしめせ。「一切世間の治世産業は皆実相と相違背せず」と
は此なり。かへすがへす御文の心こそをもいやられ候へ。

 恐々謹言

 弘安元年四月十一日                          日蓮 花押



目次へ