大学三郎殿御書(大学殿事) 弘安元年(1278) 聖寿五十七歳御著作


  (前欠)

 いのりなんどの仰せかうほるべしとをぼへ候はざりつるに、をほせたびて候事のか
たじけなさ。
 かつはしなり、かつは弟子なり、かつは檀那なり。御ためにはくびもきられ、遠流
にもなり候へ。かわる事ならばいかでかかわらざるべき。されども此の事は叶ふまじ
きにて候ぞ。
 大がくと申す人は、ふつうの人にはにず、日蓮が御かんきの時身をすてかたうどし
て候ひし人なり。此の仰せは城殿の御計らひなり。城殿と大学殿は知音にてをはし候。
其の故は大がく殿は坂東第一の御てかき、城介殿は御手をこのまるる人なり。

  (後欠)


目次へ