月水御書 文永元年(1264年)四月十七日 聖寿四十三歳御著作


 伝へ承る御消息の状に云はく、法華経を日ごとに一品づつ、二十八日が間に一部
を読みまいらせ候ひしが、当時は薬王品の一品を毎日の所作にし候。ただもとの様
に一品づつをよみまいらせ候べきやらんと云云。
 法華経は一日の所作に一部八巻二十八品、或は一巻、或は一品・一偈・一句・一
字、或は題目ばかりを南無妙法蓮華経と只一遍となへ、或は又一期の間にただ一遍
唱ふるを聞いて随喜し、或は又随喜する声を聞いて随喜し、是体に五十展転して末
になりなば志もうすくなり、随喜の心の弱き事、二三歳の幼稚の者のはかなきが如
く、牛馬なんどの前後を弁へざるが如くなりとも、他経を学する人の利根にして智
慧かしこく、舎利弗・目連・文殊・弥勒の如くなる人の、諸経を胸の内にうかべて
御坐しまさん人々の御功徳よりも、勝れたる事百千万億倍なるべきよし、経文並び
に天台・妙楽の六十巻の中に見え侍り。
 されば経文には「仏の智慧を以て多少を籌量すとも其の辺を得ず」と説かれて、
仏の御智慧すら此の人の功徳をばしろしめさず。
 仏の智慧のありがたさは、此の三千大千世界に七日、若しは二七日なんどふる雨
の数をだにもしろしめして御坐し候なるが、只法華経の一字を唱へたる人の功徳を
のみ知しめさずと見えたり。何に況んや、我等逆罪の凡夫の此の功徳を知り候ひな
んや。
 然りと云へども如来滅後二千二百余年に及んで、五濁さかりになりて年久し。事
にふれて善なる事ありがたし。
 設ひ善を作す人も一の善に十の悪を造り重ねて、結句は小善につけて大悪を造り、
心には大善を修したりと云ふ慢心を起こす世となれり。
 然るに如来の世に出でさせ給ひて候ひし国よりしては、二十万里の山海をへだて
て、東によれる日域辺土の小島にうまれ、五障の雲厚うして、三従のきづなにつな
がれ給へる女人なんどの御身として、法華経を御信用候はありがたしなんどとも申
すに限りなく候。
 凡そ一代聖教を披き見て、顕密二道を究め給へる様なる智者学匠だにも、近来は
法華経を捨て念仏を申し候に、何なる御宿善ありてか、此の法華経を一偈一句もあ
そばす御身と生まれさせ給ひけん。
 されば此の御消息を拝し候へば、優曇華を見たる眼よりもめづらしく、一眼の亀
の浮木の穴に値へるよりも乏しき事かなと、心ばかりは有りがたき御事に思ひまい
らせ候間、一言一点も随喜の言を加へて、善根の余慶にもやとはげみ候へども、只
恐らくは雲の月をかくし、塵の鏡をくもらすが如く、短く拙き言にて、殊勝にめで
たき御功徳を申し隠し、くもらす事にや候らんと、いたみ思ひ候ばかりなり。
 然りと云へども、貴命もだすべきにあらず。一滴を江海に加へ、シャッ火を日月
にそへて、水をまし光を添ふると思し食すべし。
 先づ法華経と申すは八巻・一巻・一品・一偈・一句乃至題目を唱ふるも、功徳は
同じ事と思し食すべし。
 譬へば大海の水は一滴なれども無量の江河の水を納めたり。如意宝珠は一珠なれ
ども万宝をふらす。百千万億の滴珠も又これ同じ。
 法華経は一字も一の滴珠の如し。乃至万億の字も又万億の滴珠の如し。
 諸経諸仏の一字一名号は、江河の一滴の水、山海の一石の如し。一滴に無量の水
を備へず。一石に無数の石の徳をそなへもたず。
 若し然らば、此の法華経は何れの品にても御坐しませ、只御信用の御坐さん品こ
そめづらしくは候へ。

 総じて如来の聖教は、何れも妄語のみ御坐すとは承り候はねども、再び仏教を勘
へたるに、如来の金言の中にも大小・権実・顕密なんど申す事、経文より事起こり
て候。随って論師人師の釈義にあらあら見えたり。
 詮を取って申さば、釈尊の五十余年の諸経の中に、先四十余年の諸経は猶うたが
はしく候ぞかし。
 仏自ら無量義経に「四十余年未顕真実」と申す経文、まのあたり説かせ給へる故
なり。
 法華経に於ては、仏自ら一句の文字を「正直に方便を捨てて、但無上道を説く」
と定めさせ給ひぬ。
 其の上、多宝仏大地より涌出でさせ給ひて「妙法華経皆是真実」と証明を加へ、
十方の諸仏皆法華経の座にあつまりて、舌を出だして法華経の文字は一字なりとも
妄語なるまじきよし助成をそへ給へり。譬へば大王と后と長者等の一味同心に約束
をなせるが如し。
 若し法華経の一字をも唱へん男女等、十悪・五逆・四重等の無量の重業に引かれ
て悪道におつるならば、日月は東より出させ給はぬ事はありとも、大地は反覆する
事はありとも、大海の潮はみちひぬ事はありとも、破たる石は合ふとも、江河の水
は大海に入らずとも、法華経を信じたる女人の、世間の罪に引かれて悪道に堕つる
事はあるべからず。

 若し法華経を信じたる女人、物をねたむ故、腹のあしきゆへ、貪欲の深きゆへなんど
に引かれて悪道に堕つるならば、釈迦如来・多宝仏・十方の諸仏、無量広劫よりこのか
た持ち来たり給へる不妄語戒忽ちに破れて、調達が虚誑罪にも勝れ、瞿伽利が大妄語に
も超えたらん。争でかしかるべきや。法華経を持つ人憑もしく有りがたし。
 但し一生が間一悪をも犯さず、五戒・八戒・十戒・十善戒・二百五十戒・五百戒・無
量の戒を持ち、一切経をそらに浮かべ、一切の諸仏菩薩を供養し、無量の善根をつませ
給ふとも、法華経計りを御信用なく、又御信用はありとも諸経諸仏にも並べて思し食し、
又並べて思し食さずとも、他の善根をば隙なく行じて時々法華経を行じ、法華経を用ひ
ざる謗法の念仏者なんどにも語らひをなし、法華経を末代の機に叶はずと申す者を科と
も思し食さずば、一期の間行じさせ給ふ処の無量の善根も忽ちにうせ、並びに法華経の
功徳も且く隠れさせ給ひて、阿鼻大城に堕ちさせ給はん事、雨の空にとどまらざるが如
く、峰の石の谷へころぶが如しと思し食すべし。

 十悪五逆を造れる者なれども、法華経に背く事なければ、往生成仏は疑ひなき事に
侍り。
 一切経をたもち、諸仏菩薩を信じたる持戒の人なれども、法華経を用ひる事無けれ
ば、悪道に堕つる事疑ひなしと見えたり。予が愚見をもて近来の世間を見るに、多く
は在家・出家、誹謗の者のみあり。
 但し御不審の事、法華経は何れの品も先に申しつる様に愚かならねども、殊に二十
八品の中に勝れてめでたきは方便品と寿量品にて侍り。余品は皆枝葉にて候なり。
 されば常の御所作には、方便品の長行と寿量品の長行とを習ひ読ませ給ひ候へ。又
別に書き出だしてもあそばし候べく候。余の二十六品は身に影の随ひ、玉に財の備は
るが如し。

 寿量品・方便品を読み候へば、自然に余品はよみ候はねども備はり候なり。
 薬王品・提婆品は女人の成仏往生を説かれて候品にては候へども、提婆品は方便品
の枝葉、薬王品は方便品と寿量品の枝葉にて候。
 されば常には此の方便品・寿量品の二品をあそばし候ひて、余の品をば時々御いと
まのひまにあそばすべく候。
 又御消息の状に云はく、日ごとに三度づつ七つの文字を拝しまいらせ候事と、南無
一乗妙典と一万遍申し候事とをば、日毎にし候が、例の事に成りて候程は、御経をば
よみまいらせ候はず。
 拝しまいらせ候事も、一乗妙典と申し候事も、そらにし候は苦しかるまじくや候ら
ん。それも例の事の日数の程は叶ふまじくや候らん。いく日ばかりにてよみまいらせ
候はんずる等云云。

 此の段は一切の女人ごとの御不審に常に問はせ給ひ候御事にて侍り。又古も女人の
御不審に付いて申したる人も多く候へども、一代聖教にさして説かれたる処のなきか
の故に、証文分明に出だしたる人もおはせず。
 日蓮粗聖教を見候にも、酒肉・五辛・淫事なんどの様に、不浄を分明に月日をさし
て禁めたる様に、月水をいみたる経論を未だ勘へず候なり。在世の時、多く盛んの女
人尼になり、仏法を行ぜしかども、月水の時と申して嫌はれたる事なし。

 是をもて推し量り侍るに、月水と申す物は外より来たれる不浄にもあらず、只女人
のくせかたわ生死の種を継ぐべき理にや。
 又長病の様なる物なり。例せば屎尿なんどは人の身より出づれども能く浄くなしぬ
れば別にいみもなし。
 是体に侍る事か。されば印度・尸那なんどにもいたくいむよしも聞こえず。
 但し日本国は神国なり。此の国の習ひとして、仏菩薩の垂迹不思議に経論にあひに
ぬ事も多く侍るに、是をそむけば現に当罰あり。

 委細に経論を勘へ見るに、仏法の中に随方毘尼と申す戒の法門は是に当たれり。
 此の戒の心は、いたう事かけざる事をば、少々仏教にたがふとも、其の国の風俗に
違ふべからざるよし、仏一つの戒を説き給へり。
 此の由を知らざる智者共、神は鬼神なれば敬ふべからずなんど申す強義を申して、
多くの檀那を損ずる事ありと見えて候なり。
 若し然らば此の国の明神、多分は此の月水をいませ給へり。生を此の国にうけん人
々は大に忌み給ふべきか。但し女人の日の所作は苦しかるべからずと覚え候か。
 元より法華経を信ぜざる様なる人々が、経をいかにしても云ひうとめんと思ふが、
さすがにただちに経を捨てよとは云ひえずして、身の不浄なんどにつけて、法華経を
遠ざからしめんと思ふ程に、又不浄の時、此を行ずれば、経を愚かにしまいらするな
んどをどして罪を得させ候なり。

 此の事をば一切御心得候ひて、月水の御時は七日までも其の気の有らん程は、御経
をばよませ給はずして、暗に南無妙法蓮華経と唱へさせ給ひ候へ。礼拝をも経にむか
はせ給はずして拝せさせ給ふべし。
 又不慮に臨終なんどの近づき候はんには、魚鳥なんどを服せさせ給ても候へ、よみ
ぬべくば経をもよみ、及び南無妙法蓮華経とも唱へさせ給ひ候べし。又月水なんどは
申すに及び候はず。
 又南無一乗妙典と唱へさせ給ふ事、是同じ事には侍れども、天親菩薩・天台大師等
の唱へさせ給ひ候しが如く、只南無妙法蓮華経と唱へさせ給ふべきか。是子細ありて
かくの如くは申し候なり。穴賢穴賢。

 文永元年卯月十七日  日蓮花押 
 大学三郎殿御内御報


目次へ