忘持経事 建治二年(1276年)三月三十日 聖寿五十五歳御著作


 貴殿(富木常忍殿)がお忘れになった所の御持経(御所持していた法華経)を、
この身延の地で修行している者に持たせて、貴殿(富木常忍殿)へお届けするため
に、追って、下総(千葉県)に派遣致しました。

 『貞観政要』においては、このような逸話が紹介されています。

 魯の国の哀公は、「物忘れのひどい人がいた。すなわち、家宅を移す際に、その
人の妻を忘れたのである。」と、云ったそうです。

 それに対して、孔子は、「その人よりも、はるかに、物忘れのひどい人がいた。
すなわち、夏の国の桀王・殷の国の紂王は、悪政を引いたことによって、自分自身
の存在を忘れてしまったのである。」と、答えたそうです。

 そもそも、須梨槃特尊者は、御自分の名をお忘れになっています。
 この方こそ、『閻浮第一(世界一)の忘れん坊』になるのでしょう。

 今、常忍上人(富木常忍殿)は、下総(千葉県)から身延に御所持されてきた法
華経を、置き忘れになったまま、お帰りになりました。

 貴殿(富木常忍殿)こそ、『日本第一の忘れん坊』とお呼びするに相応しい御仁
となるのでしょうか。
     
 大通結縁の輩は、『衣珠』(注、衣の裏につけられた宝珠のこと。愚かな衆生が、
仏性の存在に氣がつかないことの譬え。)を忘れています。
 それにより、三千塵劫という久遠の昔から、貧しい路を徘徊して、苦しみ続けてい
ます。

 (注記、三千塵点劫という久遠の昔、大通智勝仏という仏が、十六王子に法華経を
説かれた。その十六王子が、後に法華経を説かれて、多くの衆生を救われた。その御
説法を聞いて、法華経に結縁したことを、『大通結縁』という。しかし、『大通結縁』
をした者であっても、未発心の輩は、三千塵点劫の久遠下種を忘失したため、法華経
の教えを聞いても、発心しなかった。それらのことが、法華経化城喩品第七に説かれ
ている。)

 五百塵点劫という久遠の昔に、下種を受けた人は、『良薬』を忘れています。
 それにより、五百塵点劫という極めて長い期間を通して、三途の険地(地獄・餓鬼・
畜生の三悪道)で倒れているが故に、正しい判断が出来なくなっています。

 (注記、『良薬』とは、法華経如来寿量品第十六における、『是好良薬』の経文を
指す。毒氣=謗法が深く入り、本心=仏性を失った病の子に対して、方便を用いなが
ら、『是の好き良薬』を飲ませた譬えがお説きになられている。ちなみに、末法にお
ける『良薬』とは、三大秘法の御本尊のこと。)

 現在の真言宗・念仏宗・禅宗・律宗等の学者(僧侶)等は、仏陀(釈尊)の本意を
忘失しています。
 彼等は、未来無数劫(未来永劫)を経歴してから、阿鼻地獄の火坑に、沈み墜ちる
ことでしょう。

 これより更に、『第一の忘れん坊』がいます。
 所謂、今の世の天台宗の学者(僧侶)たち、及び、法華経を持っているはずの者た
ちが、日蓮を誹謗して、念仏者等を扶助していることであります。

 彼等の行為は、あたかも、親に背いて、敵に付くようなものであります。また、刀
を持って、自らを斬るようなものであります。
 これらの事柄は、よく、貴殿(富木常忍殿)が御存知でしょう。因って、しばらく、
言及を避けます。
        
 そもそも、常啼菩薩(般若経に説かれている菩薩)は、東に向かって、自らの骨肉
を売りながら、般若経を求めています。

 善財童子(注、華厳経に説かれている菩薩。文殊師利菩薩にお会いしてから、菩提
心を起こして、法を得るために、善知識を捜し求めた。)は、南に向かって、華厳経
を得ています。

 雪山の小児(雪山童子)は、『生滅滅已・寂滅為楽』の半偈の経文を聞くために、
身を投げています。

 (注記、過去世の釈尊は、雪山で菩薩道の修行をされていた。ある時、帝釈天が、
羅刹(鬼)に化身して現われた。そして、過去仏の説いた偈を、『諸行無常・是生滅
法』と、半分だけ述べた。これを聞いた雪山童子は、喜んで、残りの半偈を聞きたい
と願って、その身を羅刹(鬼)に食せしめることを約束した。そして、雪山童子は、
残りの半偈の『生滅滅已・寂滅為楽』を聞き終えてから、その偈を所々に書きつけて、
高い樹に登り、樹の上から身を投げた。羅刹(鬼)は、帝釈天の姿に戻ってから、雪
山童子の身体を受け止めて、その不惜身命の姿勢を誉められた上で、未来世に必ず成
仏することを説いた。上記の出典は、『涅槃経』。)

 楽法梵志は、一偈を聞くために、皮を剥いでいます。

 (注記、過去世の釈尊は、『楽法』という御名で、菩薩道を修行されていた。ある
時、バラモンに変じた魔が、『身の皮を紙として、骨を筆として、血を墨として書写
するならば、仏の一偈を教えよう。』と、云った。楽法は、即時に自らの皮を剥いで、
それを乾かして、その偈を書写しようとした。すると、魔は退散した。この時、楽法
の求道心を知った仏が、下方から御出現された。そして、仏の深い法門を聞いた楽法
は、無生法忍の智慧を得ることが出来た。上記の出典は、『大智度論』。)

 これらの方々は、皆、上聖・大人(仏・菩薩)であります。

 その垂迹の御姿を検証すれば、その位は、『十地』・『十住』という菩薩の修行位
における、『初地』・『初住』の段階に過ぎません。
 けれども、その本地を尋ねていけば、『等覚』(仏に最も近い位)・『妙覚』(仏
の位)となるのであります。

 これらの方々の御身は、たとえ、八熱地獄に入られたとしても、火坑三昧という境
地を証得されます。
 これらの方々の御身は、たとえ、八寒地獄に入られたとしても、清涼三昧という境
地を証得されます。

 故に、これらの方々は、身心共に、苦痛がありません。
 それを譬えると、矢を放って虚空を射ようとしても、石を握って水の中に投げよう
としても、何の支障もないようなものです。
                 
 今、富木常忍殿。
 貴殿は、末法の世の愚者であり、見惑・思惑の煩悩を断ずることの出来ない凡夫で
あります。

 貴殿の身は、俗人でもなければ、僧侶でもありません。強いて云えば、髪を剃った
居士(男性の俗人)になるのでしょう。

 そして、貴殿の心は、善でもなければ、悪でもありません。あたかも、羝羊(注、
本能のままに生きる、オスの羊のこと。仏教では、“凡夫”の譬えとして用いられる。)
のようなものでしょう。

 しかしながら、貴殿には、一人の悲母が御自宅にいらっしゃいました。
 貴殿は、朝になると出勤して、主君に仕えています。そして、夕方になると、私邸
へ帰ります。

 毎日の生活を営むのは、悲母のためであり、貴殿の心中には、『孝心』だけがあっ
たのでしょう。

 ところが、先月下旬(建治二年二月下旬)の頃、生死の道理を示すために、貴殿の
母上は、黄泉の道に趣かれました。

 この身延の地で、私(日蓮大聖人)と貴殿は、このように嘆きながら、語り合った
ものです。

 「母上の年齢は、既に、九十歳を越えていました。ならば、子を残して、親がこの
世を去るのも、事の次第でしょう。

 けれども、よくよく、物事の本質を考えてみると、亡くなった後に、母上が戻って
来る事はありません。

 何れの月日に、母上と、再会を期する事が出来るのでしょうか。
 残念ながら、再会する機会は、もう、ありません。

 この国(世)に、二人の母親は、存在しないのです。
 今後、一体、誰を拝していけば、よいのでしょうか。」と。

 母上との離別が忍び難かったが故に、舎利(御遺骨)を首に掛けて、足に任せて街
道に出てから、下州(千葉県)より甲州(山梨県)まで、貴殿(富木常忍殿)はお越
しになりました。
 その間の距離は、往復で千里に及びます。

 現在、日本の国々は、皆、飢饉に襲われています。山野には、盗賊が充満していま
す。
 街道沿いの宿場は、いずれも、保管米が欠乏している状態です。

 しかも、貴殿(富木常忍殿)の御身は、衰弱されていました。
 所従のお供の者も、皆無に等しい状態でした。牛馬さえも、あてにならない状態で
した。

 峨々たる大山は、重々と連なっています。漫々と水を湛える大河は、次々と横たわ
っています。
 高山に登れば、頭が天に届くような状況です。幽谷を下れば、足が雲を踏むような
状況です。
 
 その道程は、鳥でなければ渡り難く、鹿でなければ越え難いものでした。
 次第に、眼が眩(くら)んで、足が冷えて参ります。

 おそらく、貴殿(富木常忍殿)は、「昔、鳩摩羅什三蔵が越えられた葱嶺(中央ア
ジアのパミール高原)や、役の優婆塞(注、役の行者・『小角』のこと。日本の修験
道の開祖。)が修行した大峰も、只今、身延へ向かうために越えようとしている山と、
似たような環境だったのではないか。」と、お考えになったことでしょう。
    
 そのようにして、深い洞窟のような身延山に、貴殿(富木常忍殿)が尋ねて来られ
ました。

 そして、一つの庵室を見渡すと、法華経を読誦する声が青天に響き、一仏乗(法華
経の教え)を談義する声が山中に轟いていました。

 案内の者に導かれて、貴殿(富木常忍殿)が部屋に入ると、教主釈尊(御本尊)の
御宝前に、母上の御遺骨を安置されました。

 そして、五体を地に投げ、合掌して両眼を開き、教主釈尊(御本尊)の尊容を拝す
ると、歓喜が身に溢れて、心の苦しみが、即座に消えてしまいました。

 その時、貴殿(富木常忍殿)は、「私の頭は、父母の頭である。私の足は、父母の
足である。私の十指は、父母の十指である。私の口は、父母の口である。その関係を
譬えると、種子と果実のようなものである。身と影のようなものである。」と、お考
えになったことでしょう。

 教主釈尊の成道は、父上の浄飯王・母上の摩耶夫人が得道された事と、一体であ
ります。 
 また、釈尊の御弟子の目連尊者も、父上の吉占師子・母上の青提女と、同時の成
仏であります。

 このように観ずる時、無始の過去からの業障は、忽ちに、消えます。
 そして、心性の妙法蓮華の仏種が、忽ちに、開花することでしょう。

 このようにして、貴殿(富木常忍殿)は、存分に仏事を為して、何の事故もなく、
お帰りになりました。

 恐々謹言

 富木入道殿 


目次へ