浄光明寺への御状(十一通御書) 文永五年(1268年)十月十一日 聖寿四十七歳御著作
 
 
 大蒙古国の皇帝が、日本国を略奪する主旨の書状を渡してきました。
 この事は、先年、私(日蓮大聖人)が『立正安国論』に考察して、申し上げてきたこと
と、少しも相違なく符合しています。

 『他国侵逼難』の的中によって、「内々に、日本第一の勧賞(表彰)を頂戴するかも知
れない。」と、私(日蓮大聖人)は思っていました。
 ところが、未だに、御称歎にも預っておりません。

 これは、しかしながら、粗雑な教えに執着している、鎌倉中の律宗・禅宗等の者どもが、
法華経勧持品第十三で仰せになられているところの「国王・大臣に向かって、誹謗して、
我が悪を説く。」を、行っていることが原因であります。

 一刻も早く、貴殿は、小乗経の二百五十戒を抛(なげう)ち、日蓮に帰依して、成仏を
期すべきであります。
 もし、そのようにされなければ、無間地獄に堕ちることへの根源となるでしょう。

 この趣旨の書状を、方々(十一箇所)へ、披露させていただいております。
 一刻も早く、一所に集って、公場での対決を遂げるようにしてください。
 日蓮が心待ちにしていることであります。

 あえて、私(日蓮大聖人)は、諸宗を蔑如している訳ではありません。

 法華経の大王戒に対すると、小乗経の二百五十戒は、蚊や虻のような存在に過ぎません。
 どのようにして、小乗経の二百五十戒は、法華経の大王戒との相対に及ぶことが出来る
のでしょうか。
 そのことを、笑うものであります。笑うものであります。

 文永五年十月十一日   日蓮 花押

 謹上 浄光明寺侍者 御中



■あとがき

 浄光明寺は、鎌倉市扇が谷に所在する、真言宗の寺院です。
 けれども、建長三年(1251年)に、浄光明寺が開基された当時は、天台・真言・禅・律の
兼学の寺であったようです。

 一説には、日蓮大聖人が『浄光明寺への御状』を御提出された頃には、念仏僧の行敏が
浄光明寺に居たのではないか、と、云われています。     了


目次へ