浄光明寺への御状(十一通御書) 文永五年(1268年)十月十一日 聖寿四十七歳御著作

 
 大蒙古国の皇帝日本国を奪ふべきの由牒状を渡す。
 此の事、先年立正安国論に勘へ申せし如く少しも相違せしめず。
 内々日本第一の勧賞に行はるべきかと存ぜしめ候の処、剰へ御称歎に預からず候。
 是併ながら鎌倉中著麁の類、律宗・禅宗等が「向国王大臣、誹謗説我悪」の故なり。
 早く二百五十戒を抛ちて、日蓮に帰して成仏を期すべし。若し然らずんば堕在無間の根
源ならん。
 此の趣を方々へ披露せしめ候ひ畢んぬ。早く一処に聚りて対決を遂げしめたまへ。日蓮
庶幾せしむる処なり。
 敢へて諸宗を蔑如するに非ざるのみ。法華の大王戒に対して小乗の蚊虻戒、豈相対に及
ばんや。笑ふべし笑ふべし。

 文永五年十月十一日   日蓮 花押

 謹上 浄光明寺侍者 御中



目次へ