極楽寺良観への御状(十一通御書) 文永五年(1268年)十月十一日 聖寿四十七歳御著作


 西戎大蒙古国からの国書の件につきまして、鎌倉殿(執権北条時頼)やその他の方々へ、
書状を進呈させていただきました。

 去る文応元年(1260年)の頃に、日蓮が考察して申し上げた『立正安国論』の如く、
『他国侵逼難』の予言は、髪の毛先ほども相違することなく、的中しております。
 この事を、どのようにお考えでしょうか。

 長老忍性(極楽寺良観)におかれましては、速やかに、嘲笑・愚弄するような心を翻し
て、一刻も早く、日蓮房に帰依するべきであります。

 もし、そのようにされなければ、法華経勧持品第十三で仰せになられている、「他の人
間を軽蔑している者が、白衣(俗人)のために法を説く。」という過失は、脱れ難いこと
でしょう。

 『依法不依人』とは、涅槃経における、如来の金言でございます。

 良観聖人が住んでいる所を、法華経勧持品第十三では、「或いは、阿練若(山林等の閑
静な場所)に居り、納衣(捨てられた布を集めて作った法衣)を着て、空閑(人里離れた
修行の道場)に在している。」と、お説きになられています。

 また、阿練若は、日本語で、『無事』とも、翻訳されます。

 貴殿(極楽寺良観)が日蓮に対する讒言を申している所と、『僭聖増上慢』が住む所は、
どのように相違しているのでしょうか。
 全く、一致しているのであります。

 (注、俗衆増上慢・道門増上慢・僣聖増上慢の三つが、釈尊御入滅後に、法華経の行者
を迫害する『三類の強敵』になる。『僣聖増上慢』とは、社会的に尊敬を受けて、聖者の
ように装いながらも、内心では悪心を抱き、利養を貪り、権力を悪用して、法華経の行者
に難を加える敵人である。)

 まさしく、貴殿(極楽寺良観)の正体は、戒・定・慧の三学を修めている者によく似た、
矯賊(正法を偽る賊)の聖人であります。

 貴殿(極楽寺良観)は『僣聖増上慢』にして、今生は国賊、来世は、那落の底に堕ちて
いくことが必定です。
 いささかでも、先非を悔いるのであれば、日蓮に帰依すべきであります。

 この趣旨の書状を、鎌倉殿(北条時頼)を始めとして、建長寺等の寺院や、その他の関
係者へ披露しております。
 所詮、本意を遂げようと思うならば、公場で対決するより、他に方法はありません。

 また、浅近なる小乗経の法を以て、諸経の中の王である法華経に対抗することは、河川
と大海との違いや、華山(注、中国に存在する名山)と妙高(注、須弥山のこと。古代イ
ンドの世界観において、世界の中央に位置する山。)との違いのように、勝劣は明らかで
あります。

 蒙古国を調伏する秘法を、貴殿は、間違いなく御存知でしょうか。

 日蓮は、日本第一の法華経の行者であり、蒙古国退治の大将であります。

 法華経薬王菩薩本事品第二十三で仰せになられている、「一切衆生の中に於いて、また、
第一と為す。」とは、このことであります。

 文言が多繁であっても、理を尽くしているとは限りません。
 因って、省略して申し上げる次第です。

 恐々謹言

 文永五年十月十一日   日蓮 花押

 謹上 極楽寺長老良観上人御所





■あとがき

 今回から、『極楽寺良観への御状』(十一通御書)を連載致します。

 極楽寺良観は、大和国(奈良県)出身の律宗の僧です。
 
 藤沢方面に建立されていた念仏寺院を、北条重時が鎌倉に移してから、次第に、極楽寺
としての寺域が整備されてきた、と、伝えられています。
 その後、北条長時が良観を招いて、極楽寺の『開山』に任じています。

 良観は、執権等の権力者の庇護を受けながら、慈善事業等を行う一方で、様々な利権を
独占していたようです。
 また、良観は、日蓮大聖人に敵対したのみならず、日蓮門下の弟子檀那にも、種々の迫
害を加えています。

 その中でも特筆される行為は、文永八年(1271年)に、良観が日蓮大聖人との祈雨
に敗れたことを恨み、平左衛門尉と通じて、竜口法難や佐渡流罪等を画策したことです。

 悪辣な所業を犯し続けた良観の本性を、日蓮大聖人は、『僭聖増上慢』と断定されてい
らっしゃいます。   了





■あとがき

 書道の御経験をお持ちの方なら御存知と思われますが、良寛という名筆の僧侶がいます。

 良寛は、かな文字や和歌等に卓越した技量を持っており、いくつかの直筆の作品が現存
しています。

 昔、筆者は、良寛の書を鑑賞した際に、「僣聖増上慢でありながら、なんと、繊細な筆跡
であるのか!」と、驚いたものです。

 でも、冷静に考えてみれば、名筆の僧侶は“良寛”、僣聖増上慢の僧侶は“良観”なん
です。     (^v^)
 “りょうかん”の同音ですが、“良寛”と“良観”は、全くの別人になります。

 ちなみに、良寛は、風流を好む一方で、戒律に背き、住職にもならず、読経も説教も行
わなかった、江戸時代の隠遁僧です。

 今回の“あとがき”は、何の役にも立たないばかりか、筆者の無知をさらけ出すような
代物になってしまいました。                 (^-^;;  

 次回は、『大仏殿別当への御状』(十一通御書)を配信します。   了


目次へ