北条弥源太への御状(十一通御書) 文永五年(1268年)十月十一日 聖寿四十七歳御著作

 
 先月、ご訪問いただいた際に、たいへん急いで御帰宅になられたことは、残念なことで
ありました。

 そもそも、蒙古国の国書が到来した事は、上一人より下万民に至るまで、驚天動地の極
みであります。
 しかしながら、その原因を知る人は、未だに、誰もいません。

 日蓮は、兼ねてから、その原因を存知していました。
 既に、一論(立正安国論)を著して、故北条時頼殿に進覧させていただいております。

 兆候が先立って顕れてから、災難は、必ず、後にやって来るものです。
 去る正嘉元年(1257年)八月二十三日戍亥の刻の大地震は、まさしく、その悪瑞(悪
い兆候)に、他なりません。

 法華経方便品第二には、「如是相」と、仰せになられています。

 天台大師は、「蜘蛛が掛かれば、喜ばしい事がやって来る。カササギが鳴けば、旅人が
やって来る。」と、仰せになられています。

 易経(注、中国の古典である四書五経の一つ)には、「吉事や凶事は、動くことによっ
て、生ずるものである。」と、云われています。

 これらの経典や註釈や外書の文は、替わることのない真理であります。
 所詮は、諸宗への帰依を止めて、一乗の教えである妙法蓮華経を信受すべき論旨の勘文
を、捧げさせていただく次第であります。

 日本が亡国となっていく根源は、浄土・真言・禅宗・律宗の邪法・悪法より、起こるも
のであります。
 諸宗の僧侶どもを召し合わせて、諸経の勝劣を分別するようにしてください。

 特に、貴殿(北条弥源太)は、相模守殿(執権北条時宗)と、姓を同じくする北条一門
の方であります。
 根本(北条一門)が滅してしまえば、どのようにして、枝葉(北条弥源太)が栄えるこ
とが出来るのでしょうか。

 一刻も早く、蒙古国を調伏して、国土が安穏となるようにしてください。

 法華経を誹謗する者は、三世諸仏の大怨敵であります。
 天照太神・八幡大菩薩等の諸天善神が、この国を見捨てられたために、大蒙古国より、
国書が到来したのでしょう。
 これより以後、各々の者は、生け捕りの身となって、他国の奴隷となることでしょう。

 これらの論旨を、方々(十一箇所)へ送って警告するために、愚状を進呈する次第であ
ります。

 恐々謹言

 文永五年(1268年)十月十一日    日蓮 花押

 謹上 北条弥源太入道殿





■あとがき

 北条弥源太殿は、日蓮大聖人に帰伏されていた、北条一族御出身の方であったようです。

 そのため、日蓮大聖人は、執権北条時宗との仲介役等を、北条弥源太殿に御期待されて
いたものと、推測されます。

 なお、文永十一年御著作の『弥源太殿御返事』を拝すると、北条弥源太殿は、“しかる
べき鍛冶(名工)”が作った太刀一振り・刀一振りを、日蓮大聖人に御供養されていたこ
とがわかります。     了


目次へ