宿屋左衛門光則への御状(十一通御書) 文永五年(1268年)十月十一日 聖寿四十七歳御著作


 先年勘へたるの書立正安国論に普合せるに就いて、言上せしめ候ひ畢んぬ。
 抑正月十八日、西戎大蒙古国より牒状到来すと。
 之を以て之を案ずるに、日蓮は聖人の一分に当たり候か。
 然りと雖も未だ御尋ねに預からず候の間、重ねて諫状を捧ぐ。希くは御帰依の寺僧を停
止せられ、宜しく法華経に帰せしむべし。若し然らずんば後悔何ぞ追はんと。
 此の趣を以て十一箇所に申さしめ候なり。定んで御評議有るべく候か。
 偏に貴殿を仰ぎ奉る。早く日蓮が本望を遂げしめ給へ。
 十箇所は平左衛門尉殿に申さしむる所なり。委悉に申し度く候と雖も、上書分明なるの
間省略せしめ候。御氣色を以て、御披露庶幾せしむる所に候。
 恐々謹言

 文永五年〈戊辰〉十月十一日   日蓮 花押 

 謹上 宿屋入道殿 


目次へ