北条時宗への御状(十一通御書) 文永五年(1268年)十月十一日 聖寿四十七歳御著作


 謹んで、言上させていただきます。

 そもそも、「本年(文永五年・1268年)の一月十八日に、西戎大蒙古国から鎌倉幕
府に、国書が到来した。」とのことです。

 日蓮は、先年(文応元年・1260年)、諸経の要文を集めた上で、他国侵逼難の原因
を論究した、『立正安国論』を著しております。
 その『立正安国論』の予言は、少しも違うことなく、的中しています。

 日蓮は、聖人の一分に当たるものです。
 それは、未萠(未だに発生していないこと)を知るからであります。
 それ故に、再度、書状を上奏させていただいて、このことを警告させていただきます。

 急いで、建長寺・寿福寺・極楽寺・多宝寺・浄光明寺・大仏殿等への御帰依を、お止め
になって下さい。
 そうしなければ、再び、日本国の東西南北の四方から、外敵が攻め寄せてくることにな
ります。

 速やかに、蒙古国の軍勢を調伏して、我が国が安泰となるようにして下さい。
 日蓮の教えを用いなければ、蒙古国を調伏する事は、叶わなくなってしまいます。
 
 諫臣(主君の非を諫める家臣)が国にいれば、その国には、正しい政治が行われます。
 争子(親の非を諭す子供)が家にいれば、その家には、過ちが直されていくことになり
ます。

 国土の安危(安全・危険)は、政治が道理に叶っているか、否かにあります。
 仏法の邪正は、経文の明鏡に依って、決せられるものであります。

 この日本国は、神国であります。
 神は、非礼をお受けになりません。

 天神七代・地神五代の神々や、その他の諸天善神等は、皆、一乗の教えである法華経を
擁護する神であります。
 しかも、法華経を以て、食物としています。また、正直を以て、力としています。

 法華経如来神力品第二十一には、「諸仏救世者は、大神通をお持ちになって、衆生を悦
ばせる為に、無量の神力を現ずる。」と、仰せになられています。

 一乗の教えである法華経を捨て去っている、この日本国に於いては、必ずや、天神七代
・地神五代の神々や、その他の諸天善神等がお怒りになられることでしょう。

 仁王経には、「一切の聖人が去る時には、七難が、必ず起こる」と、仰せになられてい
ます。

 中国の呉王は、諫臣であった伍子胥(ごじしょ)の進言を用いずに、自らの身を亡ぼし
ました。
 中国の桀王・紂王は、諫臣であった竜蓬・比干を殺害したことによって、国を滅ぼして
しまいました。

 今、日本国は、既に、蒙古国に奪われようとしています。
 何故に、嘆かないことがあるのでしょうか。
 何故に、驚かないことがあるのでしょうか。

 日蓮が申している事を、貴殿(執権北条時宗)が御用いにならなければ、必ずや、後悔
することになります。
 日蓮は、法華経の御使いであります。

 法華経法師品第十には、「則ち、如来の使い、如来の所遣として、如来の事を行ず。」
と、仰せになられています。

 三世(現在・過去・未来)の諸仏の御事が記載されているのは、法華経であります。
 この主旨に基づく諫状を、方々(十一箇所)に送って、警告させて頂きます。
 彼等を一所に集めて、御評議を行った上で、御返答を頂戴したいと存じます。

 所詮は、あらゆる祈祷を抛(なげう)ち、諸宗の僧侶どもを御前に召し合わせて、仏法
の邪正を、公場で決するようにして下さい。

 谷の深い所に植生している見事な松を、未だに知らないことは、良匠の誤りであります。
 闇の中に隠れている錦の衣を、未だに見ていないことは、愚人の過失であります。

 三国(インド・中国・日本)において、仏法の邪正の分別は、王の殿前にて行われてい
ます。
 所謂、インドのマカダ国における阿闍世王、中国の陳・隋の時代における天台大師、日
本の桓武天皇の時代における伝教大師は、すべて、王の立会いの下に、公場で、仏法の邪
正を決せられています。

 この書状は、決して、日蓮の個人的な曲解ではありません。
 ただ、ひとえに、大いなる忠義を懐く故に、著した書状であります。

 また、我が身の為に、この書状を提出している訳ではありません。
 神の為、君主の為、国の為、一切衆生の為に、言上させていただく所存であります。

 恐々謹言

 文永五年(1268年)十月十一日    日蓮 花押

 謹上 宿屋入道殿





■あとがき

 『北条時宗への御状』に関する御説明をさせて頂きます。

 文応元年(1260年)七月十六日に、日蓮大聖人が『立正安国論』を御提出になられ
た際には、宿屋左衛門入道を通して、執権北条時頼に奏上されています。

 それから八年後の文永五年(1268年)十月十一日に、日蓮大聖人が宿屋左衛門入道
を通して、執権北条時宗にお送りになられた御書が、『北条時宗への御状』になります。

 その際に、日蓮大聖人は、北条時宗だけではなく、宿屋左衛門入道・平左衛門尉・北条
弥源太・建長寺道隆・極楽寺良観・大仏殿・寿福寺・浄光明寺・多宝寺・長楽寺にも、同
時に、諫状をお送りになられています。
 これらの十一通の諫状が、俗称で『十一通御書』と呼ばれています。

 ここで、日蓮大聖人が『北条時宗への御状』をお著しになられた、文永五年(1268
年)の出来事を振り返ります。

----------------------------------------

 ・一月十六日 蒙古国から、服属を求める国書が、九州の太宰府に届く。

 ・一月(閏月)十八日 蒙古国の国書が、鎌倉幕府に到着する。

 ・二月七日 蒙古国の国書が、鎌倉幕府から朝廷に廻される。

 ・二月十九日 朝廷は、蒙古国の国書に対して、返答の拒否を決定する。

 ・三月五日 北条時宗、執権に就任する。

 ・四月五日 日蓮大聖人は法鑑房に対して、『安国論御勘由来』をお送りになられる。

 ・八月二十一日 日蓮大聖人は宿屋左衛門入道に対して、『宿屋入道許御状』をお送り
  になられる。

 ・九月 日蓮大聖人は宿屋左衛門入道に対して、『宿屋入道再御状』をお送りになられ
  る。

 ・十月十一日 日蓮大聖人は、北条時宗・宿屋左衛門入道・平左衛門尉・北条弥源太・
  建長寺道隆・極楽寺良観・大仏殿・寿福寺・浄光明寺・多宝寺・長楽寺に対して、十
  一通の諫状を御送付される。

----------------------------------------

 なお、以前、メルマガで連載させていただいた、『種々御振舞御書』におかれましては、
日蓮大聖人が御自身の御回想を、文永五年(1268年)から始められています。   了

 
目次へ